インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

by BITTIMES   

インターネットなしでビットコインキャッシュ(BCH)を送受信できるサービスであるCoinText(コインテキスト)のベータ版がリリースされました。現在は、米国/カナダ/南アフリカ/スイス/スウェーデン/オランダ/英国でベータ版をテストすることができます。

CoinText(コインテキスト)は、世界中の銀行を持たない人々に簡単かつ便利な決済サービスを提供しています。

コインテキストを利用すれば、テキストメッセージ(SMS)でコマンドを入力するだけで世界中のどの携帯電話でもビットコインキャッシュを送受信ができます。この取引には、インターネット/スマートフォン/アプリ/アカウント/パスワードなどを必要とせず、携帯電話と電話番号だけで利用することができます。

CoinTextとは?

CoinTextは、各ユーザーの電話番号からなる「SMSウォレット」を介して10億人のビットコインユーザーに送金サービスを提供し、世界を変えることを目的としています。

具体的には、識別子として電話番号を使用し、独自のアルゴリズムによってそれらを判別することにより、世界中の全ての電話番号が各番号固有のウォレットアドレスを持つことができるようになります。

CoinTextの特徴

SMSテクノロジーを活用することで、ビットコインキャッシュを送受信できるように開発されているため、ユーザーはアカウントの登録やアプリのダウンロードまたはインターネットを必要とせず、多くの人々が参加できるのが大きな特徴です。

ユーザーは、テキストメッセージを受信することでコインテキストのウォレットを取得することができるため、携帯電話にビットコインキャッシュを送信することで、簡単に友人や家族のウォレットを作成することができます。現在提供されているベータ版では、Cointextのアクセス番号に「CASH」という文字を入力したユーザーに、ビットコインで$0.5を提供しています。

コインテキストでは、電話番号の保有者しか仮想通貨へのアクセス権を持っていません。
他の全てのユーザーからは、仮想通貨の保有量を見ることも、検閲してアクセスを禁止することもできません。
またユーザー自身も、秘密鍵を保持したり取引の記録を保持することもありません。

シンプルな操作方法

CoinText image

コインテキストの基本的なコマンドは、残高確認/入金/送金/出金の4つとなります。

「Balance」と入力すると、残高が返信され残高を確認することができます。

「Deposit」と入力すると、入金のためのアドレスが送られてくるので、入金する場合はこのアドレスに送金します。

送金する場合は、「Send $1 9012345678」のように、「Send(スペース)(送金額)(スペース)(電話番号)」と入力することで、指定の金額を送金することができます。

出金する場合は、「Withdraw $5 *********」のように、「Withdraw(スペース)(出金額)(スペース)(アドレス)」と入力することで、指定の金額を出金することができます。

「ALL」と入力すれば全額を出金することもできます。

「Help」と送信することで、ウォレットのコマンドを確認することも可能です。

Cointextの共同設立者Vin Armani氏のコメント

Cointextの共同設立者であるVin Armani氏は次のように語っています。

「CointextはBitcoin Cashを普及させる最も簡単で強力な方法です。どのタイプの携帯電話でも動作するため、暗号を使用するための暗号を知らなくてもいいからです」

「すべてがスムーズに進んだら、最初の言語翻訳を含めて、4月と5月に次のアクセス数の波が登場する」

現在は、米国/カナダ/南アフリカ/スイス/スウェーデン/オランダ/英国での提供となっていますが、今後は可能な限り世界中すべての地域で広げ、すべての携帯電話で使えることを目指しているとのことです。コインテキストは法定通貨を必要としない世界をつくることを約束しています。

Cointextの公式サイトはこちら
>>Cointext

ビットコインキャッシュの現在の価格は次の通りです。

ビットコインキャッシュが購入できるbitFlyerならセキュリティ面も安心です。
ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像圧倒的な信頼のある仮想通貨取引所bitFlyerはこちら

ウォレットアプリBRDはビットコインキャッシュにも対応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

パラオ共和国:Ripple社と提携して「国家ステーブルコイン」を構築

パラオ共和国:Ripple社と提携して「国家ステーブルコイン」を構築

2023年に注目すべきメタバース関連銘柄7選

2023年に注目すべきメタバース関連銘柄7選

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す