Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

by BITTIMES

メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」が独自ブロックチェーンであるTelegram Open Network(TON)の立ち上げをさらに延期したことを受けて、ビットコイン強気派として知られるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は『テレグラムは独自ブロックチェーンを開発するのではなく、ビットコインを統合すべきだ』と提案しています。

こちらから読む:Google検索の仮想通貨関連"詐欺広告"止まらず「仮想通貨」関連ニュース

TON・Gramの公開時期は「再度延期」に

Telegram(テレグラム)は元々、2019年10月に独自ブロックチェーンである「Telegram Open Network(TON)」と独自仮想通貨である「Gram(グラム)」を公開する予定でしたが、公開直前に米国証券取引委員会(SEC)が緊急声明を発表したことを受けて公開時期は2020年4月末まで延期になっていました。

しかし、依然としてテレグラムとSECの訴訟問題は解決していないため、先月末に投資家向けに送られたメッセージでは「公開時期を2021年4月までさらに延期する」ということが発表されています。

テレグラムはこの提案に合わせて「2019年時点で伝えられていた"投資金額の72%を投資家に返却する"」という計画を尊重すると述べており、「TONへの信頼に対する感謝の印として、2021年4月30日までに投資金額の110%を提供する別のオプションも提供する」とも説明しています。

「ビットコイン・ステーブルコインの統合」を提案

「Telegram Open Network(TON)の公開時期が再び延期される」というニュースは複数のメディアによって報じられていますが、ビットコイン強気派として知られるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、これらの報道にコメントする形で『テレグラムは独自ブロックチェーンを開発するのではなく、ビットコインステーブルコインを取り入れるべきだ』と提案しています。

テレグラムはプラットフォーム上でBTCやステーブルコインを取引できるようにすべきです。新しいブロックチェーンは必要ありません。新しい仮想通貨も必要ありません。

彼らにはメッセージアプリの素晴らしいコミュニティがついています。そのようなコミュニティを消費者にすべきです。

テレグラムは2019年8月時点でメッセージベースの仮想通貨ウォレット「BUTTON Wallet」と協力して、BTCやETHなどの仮想通貨を取引することができるサービスのテスト版を公開しています。

最終的にテレグラムが「TON」や「Gram」を公開できるかどうかは現時点ではわからないものの、将来的にビットコインなどの仮想通貨がテレグラムで取引できるようになる可能性は高いと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

日本STO協会:ガイドライン作成に向け「ワーキンググループ」を設置

日本STO協会:ガイドライン作成に向け「ワーキンググループ」を設置

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

注目度の高い仮想通貨ニュース

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す