コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年6月9日に、同社が提供している暗号資産の積み立てサービス「Coincheckつみたて」でネム(NEM/XEM)とクアンタム(Qtum/QTUM)を新たにサポートし、積立上限金額を10万円から100万円に引き上げたことを発表しました。

こちらから読む:積水ハウス、BC技術で"賃貸入居手続き"を簡素化「国内ニュース」

Coincheckつみたて:対応通貨は「10銘柄」に

Coincheck(コインチェック)が提供している「Coincheckつみたて」は、日本円の入金から暗号資産の購入までを自動で行うことができる"暗号資産の自動積み立てサービス"であり、相場の急変動に左右されない長期的な資産形成を目指すことのできるサービスとして2019年11月から提供されています。

「Coincheckつみたて」はこれまで合計8種類の暗号資産に対応していましたが、今回新たに「ネム(NEM/XEM)」と「クアンタム(Qtum/QTUM)」が追加されたことによって、積み立て可能な暗号資産は以下の10銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
リスク(Lisk/LSK)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ネム(NEM/XEM)NEW!
クアンタム(Qtum/QTUM)NEW!

なお「Coincheckつみたて」では、毎日買付を行う「毎日つみたてプラン」と、月に一度買付を行う「月イチつみたてプラン」の2つからプランを選択することができ、口座振替手数料および積立サービス手数料は無料となっています。

積立上限金額は「100万円」に引き上げ

今回の発表では、これまで10万円に設定されていた積立上限金額が「100万円」に引き上げられたことも報告されています。積立金額は各通貨10,000円以上、1,000円単位で設定することができ、積立金額の上限は各通貨の積立金額の合計で1,000,000円以下となっています。

コインチェックは『XEM・QTUMの取扱いを開始して、積立上限金額を引き上げることによって、よりお客様の投資スタイルに合わせた長期的な資産形成を目指すことができるようになった』と説明しています。

なお、10種類から選択できる初回積立は「買付日:2020年7月7日」の予定となっています。7月7日から希望する暗号資産で積み立てサービスを利用したい場合には2020年6月13日までに「申し込み」または「プラン変更申請」を行うようにと説明されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産10銘柄の積立ができる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月15日〜21日

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

GMOインターネット連結会社:タイ向け暗号資産取引所「Z.com EX」のサービス提供開始

GMOインターネット連結会社:タイ向け暗号資産取引所「Z.com EX」のサービス提供開始

イタリアの高級車メーカー「Mazzanti」STOでスーパーカー製造の資金調達

イタリアの高級車メーカー「Mazzanti」STOでスーパーカー製造の資金調達

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

NEM新チェーン「Symbol」最終ストレステストに合格|本日20時には重大発表

NEM新チェーン「Symbol」最終ストレステストに合格|本日20時には重大発表

BitPayの仮想通貨プリペイドカード「Apple Pay」への登録・利用が可能に

BitPayの仮想通貨プリペイドカード「Apple Pay」への登録・利用が可能に

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す