コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年6月9日に、同社が提供している暗号資産の積み立てサービス「Coincheckつみたて」でネム(NEM/XEM)とクアンタム(Qtum/QTUM)を新たにサポートし、積立上限金額を10万円から100万円に引き上げたことを発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Coincheckつみたて:対応通貨は「10銘柄」に

Coincheck(コインチェック)が提供している「Coincheckつみたて」は、日本円の入金から暗号資産の購入までを自動で行うことができる"暗号資産の自動積み立てサービス"であり、相場の急変動に左右されない長期的な資産形成を目指すことのできるサービスとして2019年11月から提供されています。

「Coincheckつみたて」はこれまで合計8種類の暗号資産に対応していましたが、今回新たに「ネム(NEM/XEM)」と「クアンタム(Qtum/QTUM)」が追加されたことによって、積み立て可能な暗号資産は以下の10銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
リスク(Lisk/LSK)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ネム(NEM/XEM)NEW!
クアンタム(Qtum/QTUM)NEW!

なお「Coincheckつみたて」では、毎日買付を行う「毎日つみたてプラン」と、月に一度買付を行う「月イチつみたてプラン」の2つからプランを選択することができ、口座振替手数料および積立サービス手数料は無料となっています。

積立上限金額は「100万円」に引き上げ

今回の発表では、これまで10万円に設定されていた積立上限金額が「100万円」に引き上げられたことも報告されています。積立金額は各通貨10,000円以上、1,000円単位で設定することができ、積立金額の上限は各通貨の積立金額の合計で1,000,000円以下となっています。

コインチェックは『XEM・QTUMの取扱いを開始して、積立上限金額を引き上げることによって、よりお客様の投資スタイルに合わせた長期的な資産形成を目指すことができるようになった』と説明しています。

なお、10種類から選択できる初回積立は「買付日:2020年7月7日」の予定となっています。7月7日から希望する暗号資産で積み立てサービスを利用したい場合には2020年6月13日までに「申し込み」または「プラン変更申請」を行うようにと説明されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産10銘柄の積立ができる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FPSゲームでビットコインが稼げる「CS:GO」のサーバー稼働へ:ZEBEDEE

FPSゲームでビットコインが稼げる「CS:GO」のサーバー稼働へ:ZEBEDEE

SBI VCトレード「SHIB・DAI・ATOM」取扱開始

SBI VCトレード「SHIB・DAI・ATOM」取扱開始

韓国通信大手KT:ブロックチェーンベースの「カード型デジタル通貨」展開へ

韓国通信大手KT:ブロックチェーンベースの「カード型デジタル通貨」展開へ

分散型取引所「Uniswap」BNBチェーンに対応|Avalanche対応の提案も賛成多数

分散型取引所「Uniswap」BNBチェーンに対応|Avalanche対応の提案も賛成多数

カルダノ:アフリカ関連のスペシャルイベント「Cardano Africa 2021」開催へ

カルダノ:アフリカ関連のスペシャルイベント「Cardano Africa 2021」開催へ

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す