仮想通貨取引所で最もおすすめの1社【初心者専用】

by BITTIMES

仮想通貨取引所は、日本だけでも複数社あります。
初心者にとってはその中で「どれの取引所を選択したらいいのかわからない」という状況だと思いますので、今回のレポートでは、
「初心者にオススメの仮想通貨取引所」についてお話していきます。
基本的に初心者におすすめの取引所は「コインチェック」です。
なぜ、コインチェックが初心者におすすめなのかを詳しく解説します。

仮想通貨取引所は初心者に最適なコインチェックを使え

まず海外の取引所は、日本語対応していても初心者の方には不安が残ると思いますので、今回は除外します。
今回比較するのは、日本国内でもユーザー数の多い「 coincheck 」「 bitFlyer」「 Zaif 」の 3社に絞り解説を行ないます。
初心者のおすすめ判断基準は、
・「会社が信頼できるかどうか?」
・「取引量が多いかどうか?」
・「手数料が安いかどうか?」
・「アプリが使いやすいかどうか?」
・「保証があるかどうか?」
・「セキュリティは高いかどうか?」
・「ビットコイン以外の仮想通貨取引ができるかどうか?」
を重点的に見ていきます。
それでは実際に各取引所の特徴をまとめます。

国内で大手の仮想通貨取引所の特徴まとめ


会社信頼度:高
取引量:多
手数料:ビットコイン 0%、その他のコイン 1〜7%、出金手数料 400円(高速出金 756円)
アプリ使いやすさ:最も簡単
保証:ビットコイン・日本円に対応
セキュリティ: 2段階認証あり
ビットコイン以外の仮想通貨:時価総額が大きいもの多数
そもそもコインチェックは、「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」と宣伝しているだけあって、取引方法が最もシンプルで簡単です。
ビットコインの取引手数料も 0%です。セキュリティも 2段階認証を採用しており問題ありません。
万が一、セキュリティ突破による盗難が起きた場合は、「日本円」と「ビットコイン」両方に対応しています。(ここが重要です)
また取引量が多いのも魅力的です。(取引量が大きいということはそれだけ、取引がしやすいということです。)
この中でも最も初心者の目線で重要視しているのが、「アプリの使いやすさ」です。
コインチェックのアプリは、アプリを開いてすぐに取引が開始でき、注文方法も非常に簡単です。
また、時価総額が大きいアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を数多く取引ができ、アルトコインの急激な価格上昇にもすぐに対応できます。
ビットコインFXも取引可能なので、初心者から上級者に幅広く対応した取引所です。
→「コインチェックの登録はこちら
 

会社信頼度:最上
取引量:世界一
手数料:ビットコイン 0.01%〜 0.15%、その他のコイン0.2%、出金手数料 216円〜 756円)
アプリ使いやすさ:初心者には使いにくい
保証:日本円にのみ対応
セキュリティ: 2段階認証あり
ビットコイン以外の仮想通貨:時価総額が大きいもの 5種
ビットフライヤーが最も信頼できる部分といえば「会社が大きい」事と「取引量が世界一」という部分でしょう。
ビットフライヤーの株主には、三菱UFJグループやみずほグループ、リクルートも名を連ねており、間違いなく日本国内での取引所としての地位は NO.1です。
また、取引量が圧倒的に大きく、世界一という部分も信頼できます。(取引量が大きいということは、それだけ取引所の利益が大きいということです。)
しかし、保証が「日本円のみ」やアプリが使いづらいという点で、初心者にはおすすめできません。
ただ、ビットフライヤーのビットコインFXの取引額は、全世界のビットコイン取引額の 20%を占めるなど、取引所の中でも圧倒的に取引量が多いのが、ポイントです。
ビットフライヤーを利用するのであれば「ビットコインFX」を始める時が良いでしょう。
どちらかといえばビットフライヤーは上級者向けです。
ビットフライヤーに関するニュースはこちら
→「ビットフライヤーがアメリカへ進出
 

会社信頼度:高
取引量:多
手数料:ビットコイン -0.01%、その他のコイン -0.01〜 0.1%、出金手数料 350円〜 756円
アプリ使いやすさ:サイトログインが必須
保証:保証なし
セキュリティ: 2段階認証あり
ビットコイン以外の仮想通貨:時価総額が大きなものからマイナーなものまで多数
ザイフは、仮想通貨「 NEM 」の開発者を抱えているテックビューロ社が運営する取引所で、会社としての信頼度が高いです。
またテックビューロは「 COMSA(コムサ)」という独自コインを発行する予定となっており、今後日本を代表する仮想通貨関連会社になるでしょう。
しかし、ザイフは「保証が一切なし」という部分と、アプリが使いづらいのが初心者にとっては難点です。
アプリではなく、ザイフの公式サイトにログインした状態で取引を行います。
しかし、ビットコインの現物取引ではチャートや自動売買が利用できたり、ビットコインFXも行なっているでサイトの利便性は高いです。中級〜上級者向けです。
ザイフに関するニュースはこちら
→「 NEMの取り扱い説明書
→「 NEM高騰の理由は COMSAか?

初心者が使う仮想通貨取引所で最もおすすめのコインチェック

各取引所ともいろいろな特徴があり、良し悪しがあります。
なので、重要なことは「それぞれの取引所の特徴を理解すること」です。
アプリの使いやすさやサイト上での仮想通貨取引には、難易度があり、全ては使う人次第です。
そういう意味でコインチェックは、アプリが使いやすく、比較的扱いやすい仮想通貨を取り揃えているので「仮想通貨取引の登竜門」的な存在です。
これから仮想通貨取引所に登録を考えている場合、まずはコインチェックから登録をしてみてくださいね。
登録はこちらからできます。
→「初心者向け仮想通貨取引所コインチェック登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

ビットコインSegwit2xとは?「このハードフォークは反対派が多数」

ビットコインSegwit2xとは?「このハードフォークは反対派が多数」

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

メガネスーパーが334全店舗でビットコイン決済を開始

メガネスーパーが334全店舗でビットコイン決済を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

仮想通貨取引所Huobi:フィリピン・台湾・インドネシアなど5ヶ国に進出

仮想通貨取引所Huobi:フィリピン・台湾・インドネシアなど5ヶ国に進出

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月29日〜8月4日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月29日〜8月4日

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す