コイントレード:暗号資産レンディングサービス「CoinTrade Lending」提供へ

by BITTIMES

CoinTrade(コイントレード)は2024年6月28日に、暗号資産レンディングサービスである「CoinTrade Lending」の提供を2024年7月3日から開始することを発表しました。

CoinTrade Lending(コイントレードレンディング)は、自分が保有している暗号資産を一定期間貸し出すことによって報酬を獲得できるサービスです。

コイントレードレンディングの第一弾は「三井物産デジタルコモディティーズ」との業務提携を通じて提供されるとのことで、対応予定の暗号資産と想定利率については以下のように報告されています。

対応予定の暗号資産想定利率
ジパングコイン(ZPG)0.05%〜0.10%
ジパングコインシルバー(ZPGAG)0.01%〜0.05%
ジパングコインプラチナ(ZPGPT)0.5%〜1.0%

ジパングコイン(ZPG)は、金の価格に連動するように設計されたコモディティトークンであり、ZPGAGは銀に連動するコモディティトークン、ZPGPTはプラチナに連動するコモディティトークンとなっています。

金・銀・プラチナなどのコモディティに「利息・配当などがつかない、管理に手間がかかる」などの難点がありましたが、コイントレードレンディングを利用すれば、金・銀・プラチナのコモディティトークンで資産運用することが可能になります。

CoinTrade Lendingの利用方法(画像:コイントレード)CoinTrade Lendingの利用方法(画像:コイントレード)

コイントレードは暗号資産のステーキングサービスである「CoinTradeStake」も提供しているため、今回の新サービスによって資産運用に関するサービスは2種類となります。

同社は暗号資産を使った次世代の資産運用プラットフォームになることを目指しているとのことで、今後も新たなサービスを提供していく予定だと報告されています。

>>日本国内の仮想通貨ニュースはこちら

コイントレード発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットトレード:Flare(FLR)取扱いへ|エアドロップ&ラップ分報酬も付与

ビットトレード:Flare(FLR)取扱いへ|エアドロップ&ラップ分報酬も付与

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

仮想通貨ATM運営の「Coin Cloud」米国で破産申請

仮想通貨ATM運営の「Coin Cloud」米国で破産申請

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

シバイヌ(SHIB)インターネットを破壊する「年末サプライズ」を予定

シバイヌ(SHIB)インターネットを破壊する「年末サプライズ」を予定

オーバース×日本直販「NIDT決済の活用・コンテンツ利用」などを検討

オーバース×日本直販「NIDT決済の活用・コンテンツ利用」などを検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説