ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

by BITTIMES

仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)も取り入れたプライバシー重視の次世代型ブラウザを提供している「Brave(ブレイブ)」は2021年3月3日に、プライバシーを重視した独自の検索エンジン『Brave Search(ブレイブ・サーチ)』の開発に向けて、検索エンジン「Tailcat(テイルキャット)」を買収したことを発表しました。

こちらから読む:CHZ価格、昨年の10倍以上にまで高騰「暗号資産」関連ニュース

独自の検索エンジン「Brave Search」提供へ

Brave(ブレイブ)は2021年3月3日に、プライバシーを重視した独自の検索エンジン『Brave Search(ブレイブ・サーチ)』の開発に向けて検索エンジン「Tailcat(テイルキャット)」を買収したことを発表しました。

Brave Search(ブレイブ・サーチ)は、利用者のプライバシーを保護するために「ユーザーのIPアドレス」や「個人を特定できる情報」などを取得しないように設計される予定となっており、ユーザーの行動を追跡している「Google Search」のような主流ブラウザに代わるプライバシー重視型ブラウザになると期待されています。

公式発表の中では「Brave Search」は以下のような原則に従って開発されると説明されています。

「Brave Search」の基本原則

①プライベート
ユーザーを追跡したり、行動パターンを推理・分析したりしない。
②ユーザーファースト
広告やデータ業界ではなく、ユーザーを最優先にサービスを提供する。
③選択肢を提供する
「広告なしの有料検索」と「広告あり検索」という選択肢を提供する。ブレイブユーザー広告と同様に、プライベート広告を検索に使用できるように取り組んでいる。
④独立したサービス
「Brave Search」の改良・改善はコミュニティによる匿名の投稿で行われる。
⑤透明性
検索結果に偏りが生まれるような「秘密の方法」や「アルゴリズム」を使用することはない。多様性を確保し、アルゴリズムの偏りや検閲を防止するために、コミュニティが厳選した複数のオープンランキングモデルを検討する。
⑥シームレス
ユーザーの入力から検索結果の表示まで、プライバシーを損なうことなく最高クラスのサービスを提供する。
⑦オープン
Braveは業界を独占するような閉鎖的なプラットフォームになることを望んでいない。他の検索エンジンを強化するために「Brave Search」を提供する。

正式リリースは「2021年夏頃」を予定

「Brave Search」はBraveブラウザで利用可能になる予定となっていますが、Braveブラウザは使用する検索エンジンを自分で選択することができるように設計されているため『Brave Search以外の検索エンジンを利用したい』という場合には、他の検索エンジンをデフォルトとして選択できるようになるとされています。

「Brave Software」の共同創設者兼CEOであるBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏は公式発表の中で『Braveの使命は"ユーザーを最優先にすること"であり、プライバシーが保護された検索エンジンをプラットフォームを統合することは、監視経済の中でユーザーのプライバシーが侵害されないようにするための重要なステップである』と述べています。

「Cointelegraph」の報道によると、「Brave Search」は最初に利用者を限定してリリースされる予定となっており、2021年夏までには全てのユーザーが利用できるようになる予定だとされています。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「Brave Search」の早期アクセス予約はこちら

2021年3月4日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月23日に44円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2021年3月4日時点では「1BAT=82.83円」で取引されています。

2021年2月2日〜2021年3月4日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2021年2月2日〜2021年3月4日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

BATが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ビットコイン価格、将来的には「3億ドル」到達の可能性も:ロス・ウルブリヒト

ビットコイン価格、将来的には「3億ドル」到達の可能性も:ロス・ウルブリヒト

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP保有者に対する「FLRトークン配布時期」について続報:Flare Networks

XRP保有者に対する「FLRトークン配布時期」について続報:Flare Networks

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

LUNC(Terra Classic)の「1.2% Tax Burn」MEXC・KuCoinなどがサポート表明

LUNC(Terra Classic)の「1.2% Tax Burn」MEXC・KuCoinなどがサポート表明

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

【重要】コインベスト「取引所サービスなどの一時休止」を発表

【重要】コインベスト「取引所サービスなどの一時休止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す