Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

by BITTIMES

プライバシー重視の分散型ブラウザである「Brave(ブレイブ)」は2020年7月27日に、VPN(Virtual Private Network)とFirewall(ファイアウォール)のサービスプロバイダーである「Guardian(ガーディアン)」と提携し、Guardianを搭載したiOSユーザー向けのプレミアム機能「Brave Firewall + VPN」をリリースしたと発表しました。

こちらから読む:Cardano・Chainlink提携の可能性「暗号資産」関連ニュース

プライバシー保護機能をさらに強化

Brave(ブレイブ)は2020年7月27日に、プライバシーを保護して安全にインターネットを利用するために活用されている「VPN(Virtual Private Network)」や「Firewall(ファイアウォール)」などのサービスを提供している企業「Guardian(ガーディアン)」と提携を結び、Guardianを搭載したiOSユーザー向けのプレミアム機能「Brave Firewall + VPN」をリリースしたことを発表しました。

新しくリリースされた「Brave Firewall + VPN」は、よりプライベートかつ安全な環境で3倍〜6倍ほど高速なブラウジング体験をユーザーに提供するとされています。Braveの公式発表によると、この新しいアプリを使用するユーザーは、iOSブラウザに「Firewall」と「VPN」を設定できるだけでなく、インストールされているデータ追跡アプリからユーザーを保護することもできるとされています。

ブレイブはプライバシー保護に力を入れている2社の技術を融合させることによって「最速・安全・最もプライベートなWebブラウジング体験」を実現したと述べており、人々は自分自身で重要なデータを管理しながら安全にウェブサイトを閲覧することができると説明されています。

Brave Software(ブレイブ・ソフトウェア)の共同創設者兼CEOであるBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏は「Guardian」との提携について次のように語っています。

Braveはインターネットを「監視されているもの」から「プライバシーが保護されたもの」へとアップグレードすることを目指しています。毎月1,500万人を超える人々が当社のブラウザを利用しているという事実は、人々が毎日1秒ごとに追跡・タグ付け・監視されていることにうんざりしていることを示しています。Guardianを搭載した「Brave Firewall + VPN」は、"Webブラウジングを改善してユーザーが自分のデータを自己管理できるようにする"という私たちの使命の大部分を占めています。

私たちは12を超えるVPNを評価した上で「Guardian」を選択しました。これは両社のユーザープライバシーとGuardianの技術的機能に共通の焦点があるためです。「Firewall + VPN」は、ユーザーが望んでいたWebエクスペリエンスの重要な部分であり、この機能をBraveに提供できることを嬉しく思います。

「Brave Firewall + VPN」は標準または無料のVPNよりも多くの機能を提供する"プレミアム機能"となっており、Braveユーザーは「iPhone/iPadアプリ」からアプリ内購入を利用して月額9.99ドル(1,080円)または年額99.99ドル(10,800円)で購入することができます。なお、ファイアウォールはユーザーが所有する最大5台のデバイスで使用することができると説明されています。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「Brave Firewall + VPN」の詳細はこちら

2020年7月28日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月28日に31円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年7月28日時点では「1BAT=26.14円」で取引されています。

2020年4月29日〜2020年7月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年4月29日〜2020年7月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

BATが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

Palette活用のNFTマーケット「CREPOS NFTマーケット(仮)」公開へ:アイフリークモバイル

Palette活用のNFTマーケット「CREPOS NFTマーケット(仮)」公開へ:アイフリークモバイル

注目度の高い仮想通貨ニュース

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す