Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

by BITTIMES   

ビットコイン先物取引などを提供している米国の仮想通貨関連企業「Bakkt(バックト)」は2021年3月30日に、ビットコイン(BTC)を用いたチャージ機能などを備えた消費者向けのウォレットアプリである「Bakkt App」をリリースしたことを発表しました。このアプリはリリース時点で「Starbucks、GolfNow、Best Buy、Choice Hotels、Fiserv」などの企業と連携していると報告されています。

消費者向けアプリ「Bakkt App」正式リリース

Bakkt(バックト)は2021年3月30日に、ビットコイン(BTC)を用いたチャージ機能などを備えた消費者向けのウォレットアプリである「Bakkt App」をリリースしたことを発表しました。

「Bakkt App」は仮想通貨・報酬ポイント・ロイヤリティなどといった様々なデジタル資産を活用できるようにすることを目的とした消費者向けアプリであり、現在は「App Store」と「Google Play Store」の両方でリリースされています。

このアプリは元々2020年にリリースされる予定となっていましたが、その後予定変更でリリース時期が大幅に遅れていました。Bakktの公式発表によると「Bakkt App」は正式リリース前の招待制テストで50万人以上によって利用されたと報告されています。

「Starbucks・Best Buy」などの大手企業と連携

「Bakkt App」は様々な企業の報酬ポイントやロイヤリティと一緒に仮想通貨を管理・使用することができるように設計されていますが、今回の発表では同アプリと連携している企業として以下のような企業名が挙げられています。

BTCによる「スタバカードのチャージ」も可能

具体的なアプリの使用例としては『スターバックスの利用者は、Bakkt Appでサポートされているロイヤルティポイント・リワードポイント・ビットコイン・マイレージマイル・ギフトカードなどを米ドルに変換して、スターバックスカードにチャージできる』といった例が挙げられています。

また、世界最大の家電量販店である「Best Buy(ベストバイ)」では、Bakktに連携したVisaデビットカードを利用することによって、"商品値下げ"などといった特典を受けることもできるとされており、その他の連携企業では各社が提供する報酬ポイントをBakkt Appで様々な形で利用することができると説明されています。

BakktのCEOであるGavin Michael(ギャビン・マイケル)氏は「Bakkt App」のリリースについて次のようにコメントしています。

一般的な消費者の人々は、ギフトカード・ロイヤリティポイント・ビットコインなどといった様々なデジタル資産を保有していますが、現在はその価値を適切に追跡して利用するためのツールが不足しています。デジタル資産を全ての人々がうまく活用できるようにするための一歩として「Bakkt App」を公開できることを非常に嬉しく思います。

「Bakkt App」には取引手数料無料の"ビットコイン取引機能"なども実装されているため、今回アプリが正式にリリースされたことによって、今後は米国でビットコインの取引や利用がさらに活発化し、ビットコイン決済を採用する店舗が増えるきっかけにもなると期待されます。

>>「Bakkt」の公式発表はこちら
>>「Android版アプリ」はこちら
>>「iPhone版アプリ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

注目度の高い仮想通貨ニュース

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す