暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)「オーエムジー(OMG Network/OMG)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:OMG関連の記事を新着順で「OMG Network」関連ニュース

オーエムジー(OMG Network/OMG)とは?

OMG-Network-Logo

オーエムジー(OMG Network/OMG)とは、イーサリアム(ETH)ERC-20トークンを高速かつ低コストで送金できる分散型ソリューションを提供することを目的としたネットワーク「OMG Network」の運用に使用されている暗号資産です。

2017年に「OmiseGo(オミセゴー)」として開発・運営がスタートしたこのプロジェクトは、2020年6月1日に「OMG Network(OMG)」へとリブランドされました。

OMG Networkは「More Viable Plasma (MoreVP)」と呼ばれるセカンドレイヤー技術の設計を基に開発されており、送金遅延・ネットワーク手数料高騰などといったイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決策になると期待されています。

OMG Network上ではTether社が発行している代表的なステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」を始めとする複数のプロジェクトが稼働しています。また、2020年12月に分散型金融(DeFi)関連の様々な会社に出資を行なっている「GBV Capital」に買収されたOMGは「分散型取引所(DEX)」や「レンディングサービス」などでの利用にも期待されています。

オーエムジー(OMG Network/OMG)の特徴

Blockchain-Catch

オーエムジー(OMG Network/OMG)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

取引速度が早く、取引手数料も安い

オーエムジー(OMG Network/OMG)は『高速かつ低コストで送金できる分散型ソリューションを提供すること』を目的として開発されているため、イーサリアムと比較すると「取引速度が早く、取引手数料も安い」という特徴を有しています。

高速かつ低コストな送金を実現しているのは、OMG Network独自のブロックチェーンネットワークである「MoreViable Plasma(MoreVP)」です。この技術では、サイドチェーンを利用することによって複数の取引をグループ化できるようになっているため、通常は1つずつ処理される取引をまとめて1つのトランザクションとして扱うことが可能になり、高速かつ低コストな送金処理が可能となっています。

2020年6月1日には、このネットワークを採用した「OMG Network V1 Mainnet Beta」がリリースされたため、トランザクションにかかるコストは約1/3にまで抑えられており、イーサリアムが1秒あたり約12件の取引を処理するのに対して、OMGでは1秒あたり最大4,000件の取引を処理することが可能となりました。

強固なセキュリティ、高い信頼性

オーエムジー(OMG Network/OMG)は「MoreViable Plasma(MoreVP)」に加えて「Minimal Viable Plasma(MVP)」と呼ばれるプラズマチェーンを使用することによって、信頼性の高い強固なセキュリティを実現しています。

企業・自治体などで技術採用を促進するためには「取引速度・コスト・セキュリティ・信頼性」などの面で優れた機能を有している必要がありますが、OMGはこれら複数の技術を導入することによって必要な要件を満たしているため、今後は様々な場面で技術が活用されていくと期待されています。

代表的ステーブルコイン「Tether」でも採用

仮想通貨業界を代表する有名なステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」を発行しているTether社は、2020年8月にUSDTの一部を「OMG Network」に移行したことを発表しています。

テザー(Tether/USDT)は世界中の暗号資産取引所で基軸通貨として採用されている米ドルに価値が連動した仮想通貨であり、仮想通貨の時価総額ランキングでも上位をキープし続けています。

世界中の取引所などで頻繁に取引されるUSDTのような仮想通貨には大量の取引を処理できるだけの性能が求められますが、そのUSDTの一部が「OMG Network」に移行されたという事実は、OMG Networkが優れた性能を備えていることを示しているといえます。

オーエムジー(OMG Network/OMG)の基本情報

トークン名称オーエムジー(OMG)
ティッカーシンボルOMG
発行開始日2017年7月
トークン規格ERC-20
考案者Omise Go Pte Ltd.
コンセンサスアルゴリズムProof of Work(PoW)
発行上限140,245,398 OMG

オーエムジー(OMG Network/OMG)の価格・チャート

オーエムジー(OMG Network/OMG)を取扱う暗号資産取引所

オーエムジー(OMG Network/OMG)を取り扱っている日本国内の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2021年7月時点)。
Coincheck(コインチェック)
GMOコイン
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
bitbank(ビットバンク)

オーエムジー(OMG Network/OMG)対応のウォレット

オーエムジー(OMG Network/OMG)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)
MetaMask(メタマスク)
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

オーエムジー(OMG Network/OMG)関連リンク

OMG Network公式サイト
OMG Network公式Twitter
OMG Network公式Telegram
OMG Network公式ブログ
OMG NetworkのRedditコミュニティ
ソースコード(GitHub)
ホワイトペーパー
エクスプローラー①(omg.network)
エクスプローラー②(Etherscan.io)
エクスプローラー③(Ethplorer.io)
エクスプローラー④(Blockchair.com)

OMGが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す