暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)「オーエムジー(OMG Network/OMG)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:OMG関連の記事を新着順で「OMG Network」関連ニュース

オーエムジー(OMG Network/OMG)とは?

OMG-Network-Logo

オーエムジー(OMG Network/OMG)とは、イーサリアム(ETH)ERC-20トークンを高速かつ低コストで送金できる分散型ソリューションを提供することを目的としたネットワーク「OMG Network」の運用に使用されている暗号資産です。

2017年に「OmiseGo(オミセゴー)」として開発・運営がスタートしたこのプロジェクトは、2020年6月1日に「OMG Network(OMG)」へとリブランドされました。

OMG Networkは「More Viable Plasma (MoreVP)」と呼ばれるセカンドレイヤー技術の設計を基に開発されており、送金遅延・ネットワーク手数料高騰などといったイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決策になると期待されています。

OMG Network上ではTether社が発行している代表的なステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」を始めとする複数のプロジェクトが稼働しています。また、2020年12月に分散型金融(DeFi)関連の様々な会社に出資を行なっている「GBV Capital」に買収されたOMGは「分散型取引所(DEX)」や「レンディングサービス」などでの利用にも期待されています。

オーエムジー(OMG Network/OMG)の特徴

Blockchain-Catch

オーエムジー(OMG Network/OMG)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

取引速度が早く、取引手数料も安い

オーエムジー(OMG Network/OMG)は『高速かつ低コストで送金できる分散型ソリューションを提供すること』を目的として開発されているため、イーサリアムと比較すると「取引速度が早く、取引手数料も安い」という特徴を有しています。

高速かつ低コストな送金を実現しているのは、OMG Network独自のブロックチェーンネットワークである「MoreViable Plasma(MoreVP)」です。この技術では、サイドチェーンを利用することによって複数の取引をグループ化できるようになっているため、通常は1つずつ処理される取引をまとめて1つのトランザクションとして扱うことが可能になり、高速かつ低コストな送金処理が可能となっています。

2020年6月1日には、このネットワークを採用した「OMG Network V1 Mainnet Beta」がリリースされたため、トランザクションにかかるコストは約1/3にまで抑えられており、イーサリアムが1秒あたり約12件の取引を処理するのに対して、OMGでは1秒あたり最大4,000件の取引を処理することが可能となりました。

強固なセキュリティ、高い信頼性

オーエムジー(OMG Network/OMG)は「MoreViable Plasma(MoreVP)」に加えて「Minimal Viable Plasma(MVP)」と呼ばれるプラズマチェーンを使用することによって、信頼性の高い強固なセキュリティを実現しています。

企業・自治体などで技術採用を促進するためには「取引速度・コスト・セキュリティ・信頼性」などの面で優れた機能を有している必要がありますが、OMGはこれら複数の技術を導入することによって必要な要件を満たしているため、今後は様々な場面で技術が活用されていくと期待されています。

代表的ステーブルコイン「Tether」でも採用

仮想通貨業界を代表する有名なステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」を発行しているTether社は、2020年8月にUSDTの一部を「OMG Network」に移行したことを発表しています。

テザー(Tether/USDT)は世界中の暗号資産取引所で基軸通貨として採用されている米ドルに価値が連動した仮想通貨であり、仮想通貨の時価総額ランキングでも上位をキープし続けています。

世界中の取引所などで頻繁に取引されるUSDTのような仮想通貨には大量の取引を処理できるだけの性能が求められますが、そのUSDTの一部が「OMG Network」に移行されたという事実は、OMG Networkが優れた性能を備えていることを示しているといえます。

オーエムジー(OMG Network/OMG)の基本情報

トークン名称オーエムジー(OMG)
ティッカーシンボルOMG
発行開始日2017年7月
トークン規格ERC-20
考案者Omise Go Pte Ltd.
コンセンサスアルゴリズムProof of Work(PoW)
発行上限140,245,398 OMG

オーエムジー(OMG Network/OMG)の価格・チャート

オーエムジー(OMG Network/OMG)を取扱う暗号資産取引所

オーエムジー(OMG Network/OMG)を取り扱っている日本国内の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2021年4月時点)。
Coincheck(コインチェック)
GMOコイン

オーエムジー(OMG Network/OMG)対応のウォレット

オーエムジー(OMG Network/OMG)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)
MetaMask(メタマスク)
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

オーエムジー(OMG Network/OMG)関連リンク

OMG Network公式サイト
OMG Network公式Twitter
OMG Network公式Telegram
OMG Network公式ブログ
OMG NetworkのRedditコミュニティ
ソースコード(GitHub)
ホワイトペーパー
エクスプローラー①(omg.network)
エクスプローラー②(Etherscan.io)
エクスプローラー③(Ethplorer.io)
エクスプローラー④(Blockchair.com)

OMGが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

ファイルコイン:無料のNFT向け分散型ストレージ「NFT.Storage」を公開

ファイルコイン:無料のNFT向け分散型ストレージ「NFT.Storage」を公開

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す