トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

by BITTIMES

仮想通貨市場で少しでも時間を過ごしたことのある方の多くは、仮想通貨の証拠金取引について聞いたことがあるでしょう。これは多くの利益を得ることも完全に資産を失うこともある投資手法です。

証拠金取引を簡単に説明すると、借りたお金で取引を行い、大きなリターンを得るために大きなポジションを持つ取引です。現在トレーダーの間で非常に人気が高まっており、皆損失を減らすための機能やツールを備えた優れた証拠金取引プラットフォームを求め始めています。

経験豊富なトレーダーは現物市場だけで無く、デリバティブ市場で大きな利益を得ようと考えており、各プラットフォームは次々と彼らの求める物を提供しています。今後もこの流行は広がっていくでしょう。

では、証拠金取引のどこが魅力的なのでしょうか?そして、証拠金取引とは何か、どのように機能するのか、そしてトレーダーはどのように証拠金取引を活用して利益を最大化しているのかについても簡単に説明します。

証拠金取引とは?

Overbit-PR-20210425

証拠金取引とは、預け入れた資金を担保に新たな資金を借り、その借りた資金で取引をすることです。

基本的にはレバレッジをかけたロングまたはショートポジションをとり、市場が自身の方向に動くことを期待します。レバレッジとは、自身が借りている資本の量を意味します。低いレバレッジを提供する取引所もあれば、最大100倍のレバレッジを提供する取引所もあります。

非常に高いレバレッジでの取引は特に初心者にはおすすめできません。高いレバレッジのポジションを取り、大きな利益を期待したくなるかもしれませんが、特に初心者にとっては損失を招くことが多いのです。

レバレッジが高いと、清算価格までが狭くなるため、間違っていれば資本が消えてしまう可能性が高くなります。レバレッジを低くすると、清算価格は現在の価格から広がりますが、利益の可能性は低くなりますが、安全です。優秀なトレーダーは、適度なレバレッジを使い、取引前に多くの調査を行い、決して欲を出しません。

証拠金取引は、歴史的にはFX(外国為替/Overbitのような仮想通貨取引所が仮想通貨現物取引に加えて提供している)のような動きの遅い市場で人気がありますが、仮想通貨市場でも盛り上がっています。

なぜ人気が出てきたのか?

最も明確なメリットは、より大きな利益を得られることです。初めての方に注意していただきたいのは、証拠金取引は先物やオプションとは異なり、レバレッジが高く、ポジションは満期まで、あるいは売却するまで持つことができるという点です。

証拠金取引では、清算価格に達した場合に資本金を失う可能性のある、より大きな金額を借りているだけです。そうでない場合は、ポジションを維持し、自分の選んだ価格で自由に売買することができます。

市場のボラティリティが徐々に安定し、資産クラスへの信頼が徐々に高まっている中、より多くのトレーダーが証拠金取引に集まっているのは驚くことではありません。市場が上昇するか下降するか(どれくらい上昇するかは別問題として)を正しく予測できれば、証拠金取引は健全な投資手法となり得ます。

もちろん、相場が上がるか下がるかを完璧に見極めることはできません。それには多くの取引経験から得られる知恵が必要です。そのため、初心者の方には証拠金取引はお勧めできません。何をしているのかわからず、大損する可能性があるからです。その場合は、Overbitのようにデモ口座が用意されている取引所を選んで、まずは信用取引のコツを学び 、自信と経験を積むのがよいでしょう。

機関投資家や知識豊富なトレーダーが市場への関心を深めれば、証拠金取引の普及も期待できます。先物・オプション市場と並んで、長期的にはビットコインの価格をより安定した水準に引き上げることにつながると、前回の記事で述べました。

証拠金取引はどのように行うのか?

まず、証拠金取引を行うためのプラットフォームを選ぶ必要があります。例えば「Overbit」ではポイント還元があり、紹介者に 報酬プログラムと2段階の手数料体系を用意しています。紹介で得られるお金は最終的にはとても大きくなります。Overbit以外を選ぶ場合も、セキュリティがしっかりしていてさまざまなマージンレベルがあるプラットフォームを選びましょう。

証拠金取引には、ロングとショートの2つの方法があります。ロングの場合は、価格が上昇することに賭けることになります。あなたの資金とレバレッジ値に基づいて借りた資本の額は、価格が上がるにつれて価値が発生し、適切な時期に売ることができます。

ショートは価格が下がることに賭けて、価格の下落から利益を得ようとするものです。

利用するプラットフォームは、清算に備えた保険として、あなたが差し出した担保を保持します。ロングでもショートでも、レバレッジに応じて清算価格が提示されます。レバレッジが高ければ高いほど、清算価格は近くなります。慣れないうちは、あまり多くの証拠金を使わないようにしましょう

おわりに

仮想通貨市場に必要とされていた証拠金取引機能に多くのトレーダーが歓喜したことは間違いありません。証拠金取引のボリュームは大幅に増加しており、ユーザーの投資経験が豊富になるにつれて証拠金取引の利用者は増えていきます。この傾向は今後も続くと予想されます。

ここまでで、証拠金取引とは何か、どのように使われるのか、ある程度お分かりいただけたと思います。証拠金取引にはリスクがあり、忍耐と理解、そして多くの調査が必要であることも認識しておくべきでしょう。

もし、証拠金取引が自分の能力を超えていると感じたら、それはパスしてください。物事をよりよく把握できるようになってから参入しましょう。そして、テストネット版の証拠金取引プラットフォームを使って、その仕組みを試してみてください。それが終わったら、少額の資本でスタートし、そこから先は自分の好きなようにやっていけばいいのです。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスのデジタル資産銀行「Decentraland」にメタバース拠点|イベント開催も予定

スイスのデジタル資産銀行「Decentraland」にメタバース拠点|イベント開催も予定

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

カルダノ基盤のSUNDAEトークン「CoinEx」で取引可能に|暗号資産取引所への上場続く

カルダノ基盤のSUNDAEトークン「CoinEx」で取引可能に|暗号資産取引所への上場続く

IEOも予定するDART’s株式会社「DART’s Wallet」をリリース

IEOも予定するDART’s株式会社「DART’s Wallet」をリリース

Terra Classic「USTCの発行を停止する提案」が可決

Terra Classic「USTCの発行を停止する提案」が可決

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す