ビットコインとサステナビリティ

by BITTIMES   

サステナブルとは

地球温暖化が深刻となっている近年、日本でも「サステナビリティ(Sustainability)」や「サステナブル(Sustainable)」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。直訳すると持続可能という言葉なのですが、地球環境の持続可能性、経済システムや人間社会の持続可能性という意味で使われます。

ビットコインと地球環境問題

2020年の一年間でビットコインの価値は約300%の急上昇をし、史上最高値を更新しました。2021年はさらなる上昇も見込まれていると言われています。
その一方で、その多大な電力消費が地球環境に悪影響を与えていることを懸念する声も多く上がっていることも現状です。

先日、アメリカの電気自動車大手テスラのイーロン・マスク氏が自身のツイッターで、ビットコインのマイニングで化石燃料が使用され、それが環境に影響を与えていることを理由に、ビットコイン決済の一時停止を発表しました。その後、採掘の50%以上が少なくともクリーンエネルギーで賄われていることなどが確認できた場合はビットコインでの取引を再開する旨を発表したことが話題となりました。

現状

ビットコインの環境問題への懸念にはいくつか誤解が生まれている場合があります。
まず、エネルギー消費は炭素排出量と同等ではないということです。ビットコインをマイニングするコンピューターで使用されるエネルギー源の構成を知らなければ炭素排出量を推定することは難しいのです。その一方でエネルギーの消費量の決定はいたって簡単です。

他にも、ビットコインマイニングのどのくらいの割合が再生可能エネルギーで賄われているかの見積もりが定かではないのが現状です。ケンブリッジの調査によれば、プルーフオブワークマイニングの平均39%は、再生可能エネルギー、主に水力発電によって電力を供給されています。これは、2019年の発電における再生可能エネルギーのシェアの世界平均の25%よりも高い結果となりました。また、Coin Shares ResearchのBitcoin Mining Networkレポートなどの他の調査では、Bitcoin PoWマイニングにおける再生可能エネルギーのシェアは74%と推定されています。

対策と今後

RS-PR

中国深センに拠点を置くビットコインマイニングのBIT Mining Limitedは、アメリカのテキサス州に新たなマイニング施設を建設することを発表しました。またその電力の85%をクリーンで二酸化炭素排出量の小さいエネルギーで発電するとしています。ビットコインそのものが環境問題に直結しているのではなく、ビットコインマイニングの際のエネルギー消費が問題なのです。

このように、再生可能なエネルギーでの消費の割合が上がっていくこと、また二酸化炭素排出量の小さいエネルギーを発電することによって、ビットコインによる環境問題はなくなります。また、ビットコインのマイニングの機械には様々な部品が使われます。パソコン、マザーボード、電源とスイッチ回路、HDD、ケーブルなど、マイニング用パソコンを作る際にその部品をサステナブルな材料が使われているものに変えることや、省エネ・環境負荷の少ない商品を選択することなどの対策も出来ます。


免責事項:この記事は寄稿記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SBI VCトレード:マイナス手数料などを採用した「取引所サービス」提供へ

SBI VCトレード:マイナス手数料などを採用した「取引所サービス」提供へ

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す