DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

by BITTIMES

クリプトコミュニティにとってインフレは宿敵であると言えます。多くの投資家は、1993年に連邦準備制度が金本位制を放棄して以来、ドルの価値がどれだけ失われたかよく理解していることでしょう。ハードマネーの提唱者たちは、クリプトのデフレ特性が長期的な価値の本質的な保証をもたらすと信じています。

大多数の暗号資産では、日常的な価格変動を背景にしたインフレはほとんど見られません。しかし、多くのブロックチェーンネットワークでは、マイニングやステーキングのノードに報酬を与えるために新しいトークンを生成することはよくあります。どのような通貨でも、供給が需要を上回れば価値が下がることは理解できますよね。多くの暗号通貨は、トークンを破壊(バーン)することによってこうしたインフレの状況を克服しています。

トークンの破壊は極端に進み、時間とともに供給量が減少するものもあります。しかし、これでこれらのコインの価値が上がるのでしょうか?必ずしもそうとは限らないのです。暗号資産の世界では、ユニークなメカニズムと特徴を持つトークンモデルがあり、デフレモデルと呼ばれます。このように、ユーザーに大きなチャンスを約束するプロジェクトの一つが「EverRise(エバーライズ)」です。EverRiseは、流動性プール内での取引ごとに、静的な利益と自動的なバーンを組み合わせた独自のハイパーデフレトークンです。

EverRise(エバーライズ)とは?

EverRise(エバーライズ)は、トークンを保有する投資家に報酬を与えるハイパーデフレ・トークンです。通常の株式市場で機能しているバイバック(買戻し)アプローチを融合させています。この機能により、EverRiseは『自動バイバックを採用した初めての暗号資産』となっています。

バイバックという言葉を聞き慣れていない人にとっては、その概念を理解することが難しいかもしれませんが、これはとても重要な概念です。現在の市場で価値の低い株を考えてみましょう。その株が大きな将来性を秘めており、後でもっと成長する可能性がある場合には、企業は通常、公開市場で「株式の買い戻し」を発表します。そうすると、その株に対する投資家の信頼感は高まり、より多くの株を購入して保有するようになります。EverRiseは、これを暗号資産に応用することでトークンの魅力が担保されるよう一歩前進しました。

バイバックのメリットとは?

EverRise(エバーライズ)は、このコンセプトの背後にある非常にシンプルで強力なメカニズムを持っています。このシステムは、コントラクトの内部に格納されている各トランザクションに対して「6%のバイバック税」を徴収します。したがって、売りが発生した場合、買い戻し額の一部はLiquidityプールからトークンを購入するために使用されます。これらのトークンは購入後すぐにバーンされます。これには3つの独自のメリットがあります。

トークンが流動性プールから購入されると、新たなBNBが自動的にプールに追加されます。これによりトークンの量が減り、結果として価格が上昇します。トークンがバーンされると、プールに空きBNBが追加されたのと同じことになり、その結果、将来的に売れるトークンがなくなります。

弱気な市場は投資家にとっては怖いものですが、EverRiseが提案する自動バイバックは「トークンの信頼」を育みます。このメカニズムでは、98%の確率で2回以上続けて売られることがありません。
トークン保有者は「静的な報酬」と「契約に組み込まれている自動買い戻しプロセス」によって利益を得ることができます。この機能をオンにすると、売りのアクションがあるたびに、コントラクトが自動的に買い戻してトークンを燃やします。

取引手数料の内訳

2%:取引のたびに再分配される報酬
3%:マーケティング税
6%:バイバック税

バイバック税は、チームがトークンを買い戻してバーンすることで、トークン価格をコントロールするために使用されます。EverRiseは、既にグローバルコミュニティでは高い評価を得ています。最近では『#Risearmy』というハッシュタグを通じて、EverRiseコミュニティに6万人のトークンホルダーが参加していることをTwitterで発表しました。

EverRiseの今後の取り組み

EverRiseの開発チームは、DeFi(分散型金融)業界の主要な問題を解決する2つの斬新なDapps(分散型アプリケーション)の開発を計画しています。

EverOwn

このソリューションは、DeFiの問題に焦点を当てています。多くのプロジェクト、特に新しいプロジェクトは、コミュニティの信頼を得るためにコントラクトの所有権を放棄していることが見受けられます。これは、取引所が上場するためにコントラクトに若干の調整を加えることを必要とするため、プロジェクトの成長を妨げる可能性があります。EverOwnでは、コミュニティが投票を行うことにより、コントラクトを返還して調整を行うことができます。そのため、開発者はコントラクトを放棄することなく、100%のコミュニティの信頼を得ることができます。

EverLock + EverSale

EverLockとEverSaleは、流動性プールのロックやプレセールを将来的に実現するDappsです。

公式ウェブ
ホワイトペーパー
Twitter
Discord


免責事項:この記事は「EverRise」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTレンタルプラットフォーム「RentaFi」Polygon Studiosと協業へ

NFTレンタルプラットフォーム「RentaFi」Polygon Studiosと協業へ

米財務省:暗号資産ミキシングサービス「Tornado Cash」に制裁措置

米財務省:暗号資産ミキシングサービス「Tornado Cash」に制裁措置

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す