仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

by BITTIMES

仮想通貨取引アプリRobinhoodは、新たにコロラド州でのサービスを開始する事を発表しました。

アメリカで人気の高い仮想通貨取引アプリであるRobinhoodは、2018年2月にリリースされました。その後急速にシェアを拡大しており、現在アメリカでは特に有名な仮想通貨取引アプリとなっています。

この取引所は、DSTグローバルとの最新の資金調達ラウンドで、2017年に約10億ドルに相当し、米国のライバルとなる取引所であるCoinbaseの評価を上回っていることから、56億ドルもの価値があると見積もられています。

取引できる仮想通貨としては、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)が提供されており、取引手数料が無料という魅力的な特徴を持っています。

そのほかにも、多くのアルトコイン市場のデータを提供していますが、今後サポートされる仮想通貨に関しては今のところ発表されていません。

しかし展開地域に関しては、今後もより多くの地域でリリースする予定であることが分かっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ネムはバーレーン王国のインフラの一角に?協力を要請される

ネムはバーレーン王国のインフラの一角に?協力を要請される

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月29日〜5月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月29日〜5月5日

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す