米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

by BITTIMES   

米国で株式取引サービスを提供している「Robinhood」は、2月22日に手数料無料の仮想通貨取引アプリ「Robinhood Crypto」をリリースしました。現在はカリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州、ニューハンプシャー州のRobinhoodユーザーへのアクセスを徐々に展開しています。

「Robinhood Crypto」で取引できる通貨は ビットコイン(bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH) となっており、手数料は無料となっている他、16種類のアルトコインの市場データを監視および追跡ができます。

・カリフォルニア州
・マサチューセッツ州
・ミズーリ州
・モンタナ州
・ニューハンプシャー州
のRobinhoodユーザー向けに徐々に展開されており、今後多くの州でリリースされる予定です。

Robinhood Cryptoの画像

同アプリでは、他のRobinhoodユーザーとリアルタイムに仮想通貨、ニュース、市場の動きを議論する機能も搭載されており、フィードはプラットフォーム上の限られた人数で利用でき、フィードバックに基づいて改善されます。

同社のブログによると、既にRobinhoodユーザーは400万人に達し、プラットフォーム上で1,000億ドルを超える取引量を達成しており、株式取引で手数料10億ドル以上をもたらしたと発表されています。

またブログ上では「Robinhood Crypto」の公開に伴い

裕福な人だけでなく、誰のためにも金融システムを機能させるという使命を続けています。

と語られています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットトレード:イオス(EOS)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:イオス(EOS)取扱いへ【国内初上場】

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説