暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

by BITTIMES   

海外の暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」の基本情報・サービス概要・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。
免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。

CoinEx(コインエックス)とは?

CoinEx(コインエックス)とは、2021年12月時点で世界38位に位置付けられているグローバルな暗号資産取引所です。日本国内の取引所である「bitFlyer」の24時間取引量が2億ドル、「CoinCheck」が9,000万ドルであることを参考にすると、CoinExが取引高の多い取引所の一つであることが分かります。

2017年に設立されたCoinExは現在、世界130以上の国と地域向けに仮想通貨関連サービスを提供しており、記事執筆時点では日本語を含めた合計16の言語に対応しています。

同社は「スポット取引・契約取引・マージン取引・金融サービス・AMM・取引主導型マイニング」などといった様々な暗号資産関連サービスを提供しているため、仮想通貨現物を取引したい人からデリバティブ取引を行いたい人まで幅広い人々が利用できる取引所となっています。

また「CoinEx」は取扱い銘柄も443種類以上と非常に多く、ビットコインやイーサリアムなどといった有名なものから、APENFT(NFT)やLichang(LC)といったマイナーな暗号資産まで幅広く扱っています。

さらに、CoinExを運営している「ViaBTCグループ」は「ViaBTC Mining Pool、CSC Smartchain、ViaWallet、ViaBTC Capital」など多くの事業を保有しており、中でも「ViaBTC Mining Pool」はBTC・BCH・LTCの世界の演算能力でトップ3に入る大規模マイニングプールとして知られています。同社は運営基盤がしっかりしており、破綻リスクや詐欺に遭った事例も報告されていないため、信頼性も高く安心して取引できる取引所となっています。

CoinEx(コインエックス)の概要

【CoinExの概要】

取引所名CoinEx(コインエックス)
所在地香港
取扱銘柄443種類以上(2021年12月現在)
入金手数料全通貨無料
出金手数料0.0001BTC(通貨によって異なる)

【CoinExの手数料】
現物取引の場合:最低レートは0.1000%
現物取引でCETクレジットを利用する場合:最低金利は0.0700%
レバレッジ取引:最低金利0.500%
契約金利:メーカー0.0200%、テイカー0.0400%

【CoinExのサービス】

  • スポット取引
  • 契約取引
  • マージン取引
  • 金融サービス
  • AMM
  • 取引主導型マイニング

CoinEx(コインエックス)の特徴

コールドウォレットや2段階認証などセキュリティ対策も万全

暗号資産の取引所を選ぶ際に注意しなければならないのがセキュリティ対策です。過去には、国内の取引所でもハッキングによる盗難被害が発生していますが、その点で「CoinEx」のセキュリティ対策は万全であるといえます。CoinExでは以下のようなセキュリティ対策が施されているため、過去にセキュリティ面の不備でハッキング被害に遭った事例がありません。

  • ウェブサイトがHTTPS
  • 二段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチシグ

HTTPSはHTTPとは違い暗号化されているため安全性が高くなっています。また、二段階認証にも対応しているためパスワードがバレても第三者からの不正アクセスを防ぐことができます。

さらに、顧客資産はコールドウォレットで保管されています。コールドウォレットは暗号資産をオフラインで利用するため、ハッキングにより盗難被害に遭う可能性は低いといえます。この点は、コールドウォレットを採用していなかったことによって盗難被害に遭った取引所との明確な違いであると言えます。

また、CoinEXは取引承認に複数の署名が必要となる「マルチシグ(多重署名技術)」を採用しているため、資産保全はより強固なものとなっています。

このように「システムセキュリティ、運営セキュリティ、ウォレットセキュリティ」など様々なセキュリティ対策が施されているため、ユーザーはCoinExを通じて安心して取引することができるようになっています。

長期的には暗号資産に対する規制の懸念も解消される

暗号資産に対しては「各国の規制当局が懸念を表明していること」を不安視してる方もいるでしょう。実際に一部の国では暗号資産の取引を禁止している事例も報告されています。米証券取引委員会(SEC)でも、ビットコイン先物ETFの取引は承認されているものの、ビットコインスポットETFの申請は拒否されています。加えて、暗号資産が取引所による価格操作の対象になる可能性についても懸念されています。

とはいえ、暗号資産の市場規模が拡大してくれば、取引所は規制されるようになると考えられます。つまり、価格が操作されるなどの詐欺が行われるリスクは低くなるため、投資家の権利と利益は保護されやすくなります。

また、相場操縦の懸念は暗号資産の話だけではありません。たとえば、2021年に発生したGameStop事件があります。GameStop事件とは、米国の証券会社ロビンフッドの個人投資家がGameStop株を大量に買い、空売りをしていた機関投資家に大きな損失を浴びせた事件のことです。

この事件を受けて、ロビンフッドなど米国のブローカーは、個人投資家がGMEを含む株式の取引をできなくしました。従来の金融取引においてもGameStop事件のような規制は行われているため、「暗号資産だから相場操縦されやすい」というわけではないのです。

今後、暗号資産の法整備も進んでいくことになる考えられます。そうなれば、暗号資産の方が安心して取引できると考えるトレーダーが増えることになるでしょう。

今後のビジョンは市場への参入障壁を低くすること

暗号通貨市場が拡大すれば、取引所は重要な役割を果たすことになるでしょう。しかし、流通している暗号資産の交換ができなければ、価値は上がりません。CoinExのビジョンは『今後10年間で暗号資産市場への参入障壁を低くすること』です。参入障壁が下がれば、ユーザーはよりスムーズに暗号資産の取引ができるようになります。

CoinExは、日々最高の金融商品とサービスを提供し、資産の安全性を保つために、世界一の暗号資産取引所を目指しているのです。

CoinEx(コインエックス)のメリット

CoinEx(コインエックス)を利用するメリットとしては以下の5点が挙げられます。

  • 取引所トークン・CETがもらえる
  • 443種類以上の暗号資産を取引できる
  • スマホのアプリでどこでも取引ができる
  • 日本語対応で見やすいデザインの公式サイト
  • 総合的な資産保全対策

取引所トークン・CETがもらえる

CoinExは「CET」と呼ばれる独自のトークンを発行しています。CETを保有しているユーザーは80%の高い配当を受けられる仕組みとなっています。CETを保有するメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

【取引手数料の優遇クレジット】
CoinExでユーザーは、取引時に取引手数料相当額をCETで直接クレジットし、専用レートの割引(30%OFF)を享受することができる

【VIPサービス】
一定数のCETを保有している方は、CoinExのVIPユーザーになることができる。VIPユーザーは「割引レート・出金の迅速化・独占顧客サービス」などの特権を得ることができる。

【特別な権利と特典】
CETホルダーは「CoinExのマーケティング活動、トークンのエアドロップへの参加、質の高いプロジェクトの加速機会」などの特別な権利と特典を享受することができる。

CETはCoinEx SmartChain(CSC)の組み込みトークンとして使用され「燃料」の役割を果たします。CSCはPOSコンセンサスプロトコルに基づいて構築されており、分散型でエネルギー効率が高く、CSC上で分散型のアプリケーションを簡単に構築・利用することが可能です。

CoinExは、手数料収入の50%を毎日CETの買い戻しに充て、CETの総数が30億になるまで各自然月の終わりにその月の買い戻したCETをすべてバーニングします。 CETの総数が30億枚になった後も、CoinExは手数料収入の20%を、すべてのCETがバーニングされるまでCETの買い戻しやバーニングに充てる予定です。

CETの価値に不安がある方もいるかもしれませんが、CoinExは毎日買い戻し1カ月ごとにバーニングしているため、仕組み上CETの価値は高くなることになります。なお、CETの2021年の価格推移は以下の通りです。

CoinEx-PR-2021-12-24

2021年2月の時点の価格はわずか0.01USDTであったものの、12月の時点の価格は0.08USDT前後と大きく上昇しています。過去に暗号資産市場全体が盛り上がった時期には、0.13USDTまで上昇していたため、今後も期待が持てると考えられます。

また、CETを保有していれば、VIPユーザーとして手数料割引を受けることができ、さらにCETを手数料に対して利用することで30%の割引が受けられるため、コストコントロールがしやすくなります。取引手数料が比較的安い「Binance」や「Bybit」並にコストを抑えられると期待されます。

CETにはさまざまなメリットがあるため、CoinExで取引をする際にはCETを保有するのが良いと考えられます。

443種類以上の暗号資産を取引できる

CoinExの取扱い銘柄は年々増加しており、2019年頃までは100種類に満たなかったのが、2021年12月現在では443種類ものコインを取引できるようになっています。また、スポット市場や契約市場を合わせれば取引できる商品の総数は1,000以上となります。

市場取引できる商品数
現物商品数443種類
スポット市場746種類
契約市場94種類

CoinExでは、国内取引所(20未満)の取扱銘柄よりも遥かに多くのコインを取引でき、日本人に知られていないマイナーなコインの取引も可能となっています。暗号資産の世界では、1ドル以下のコインが数か月で100倍以上の価値になることも珍しくないため、CoinExに上場しているコインを取引すれば、大きな利益を得られる可能性があります。

また、現物だけでなくレバレッジ取引も可能となっているため、幅広い種類のコインに興味がある方にはぴったりの取引所となっています。

スマホのアプリでどこでも取引ができる

CoinExは「iPhone」や「Android」などスマホのアプリにも対応しています。スマホのアプリがあれば、家だけではなく外出先でも手軽に取引を楽しめるようになるでしょう。

スマホのアプリで気にしなければならないのは評判であり、アプリがあってもユーザーにとって使いにくいのであれば意味がありませんが、AppStoreでCoinEx公式アプリを見てみると「5段階中4.2点」とかなりの高評価を獲得していることがわかります。また、ユーザーの声を確認しても『直感的に使える』『綺麗なUIで使いやすい』とあるため安心して利用できると考えられます。

スマホアプリでは、アカウントの作成はもちろん、暗号資産の売買や出金も可能で、通貨ペアの価格やチャートもワンタッチで操作できるため、初心者でも安心して利用できるようになっています。

日本語対応で見やすいデザインの公式サイト

CoinExの公式サイトは日本語にも対応しています。近年は海外取引所も日本語対応しているケースが多いとはいえ、不自然な日本語や見にくいデザインのサイトもあります。しかし、CoinExの公式サイトは、はじめて訪問したユーザーでもどこに何があるのかわかりやすくて使いやすい設計となっています。口座開設や暗号資産の売買も簡単にできるため、はじめて海外の暗号資産取引所を利用する方にも安心です。

総合的な資産保全対策

CoinExはこれまでセキュリティ事故やハッキング攻撃を受けたことはありませんが、取引所のセキュリティはユーザーの資金の安全性に関わるため、CoinExチームは取引のセキュリティに特別な注意を払っています。

CoinExの創業チームは技術志向で、システムセキュリティ、運営セキュリティ、ウォレットセキュリティの3つの領域で経験を積んでいます。 また、コールドウォレット+マルチシグネチャなどの戦略で資金の安全性を確保し、業界トップのセキュリティチームと協力することで、システムのセキュリティをあらゆる側面から保護し、ユーザーの資産を守ることができるのです。

これもCoinExが大きなハッキング事件を起こしていない理由であり、CoinExのセキュリティに関しては安心できるようになっています。

CoinEx(コインエックス)のデメリット・注意点

CoinEx(コインエックス)は海外の暗号資産取引所であり、日本人のみを対象にサービスを展開しているわけではないため、以下の点に注意が必要です。

日本円での入出金に対応していない

CoinExは日本円での入出金に現時点対応していないのがデメリットです。つまり、CoinExへ日本の銀行やクレジットカードから直接入金ができません。したがって、CoinExに入金するためには以下のような手順で暗号資産を送金する必要があります。

  1. 国内の暗号資産取引所(CoinCheckやbitFlyer)に日本円を入金
  2. 暗号資産取引所で暗号資産を購入する
  3. CoinExの公式サイトから入金先のアドレスを確認
  4. 国内の暗号資産取引所からCoinExのアドレスへ入金をする

また、近年仮想通貨の取引量が増加しているため、送金に多くの時間がかかる可能性があります。出金をする場合も同様に、CoinExから国内の暗号資産取引所へ送金しなければならないため注意が必要です。

>>「CoinEx」の新規登録はこちら


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

マインクラフト「ゲーム内コンテンツ関連のNFT作成は認められない」

マインクラフト「ゲーム内コンテンツ関連のNFT作成は認められない」

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

Zaif「IEO対象暗号資産1,000円相当分プレゼントキャンペーン」を開催

Zaif「IEO対象暗号資産1,000円相当分プレゼントキャンペーン」を開催

米Grayscale:投資信託への追加検討リストに「暗号資産3銘柄」を追加

米Grayscale:投資信託への追加検討リストに「暗号資産3銘柄」を追加

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す