エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

by BITTIMES

エストニア財務省は2022年1月2日に、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)の規制法案について詳しく説明するプレスリリースを公開しました。仮想通貨業界では『エストニア政府が計画しているマネーロンダリング防止法によって、個人が暗号資産を保有・取引することが禁止される可能性がある』との噂が出ていましたが、今回の発表では『新しい法律で個人の仮想通貨保有・取引などが禁止されることはない』ということが説明されています。

こちらから読む:Binance Saving、新たに"JASMY"に対応「暗号資産」関連ニュース

「暗号資産サービス事業者に適用される法律」だと説明

エストニア財務省は2022年1月2日に、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)の規制を強化して、暗号資産関連サービスを提供している事業者に対して顧客を識別するための本人確認手続きなどを義務化していく方針について詳しく説明するプレスリリースを公開しました。

エストニア政府は2021年12月23日に金融犯罪リスクを軽減するために暗号資産サービスプロバイダー(VASP)をより効率的に規制するための法案を承認したため、仮想通貨業界では一連の報道を受けて『エストニア政府が計画しているマネーロンダリング防止法によって、個人が暗号資産を保有・取引することが禁止される可能性がある』との噂が出ていましたが、今回の発表では「噂されている法律はあくまでも法案であり、その内容自体も個人の暗号資産取引・保有を禁止するものではない」ということが説明されています。

エストニア財務省の公式発表によると、この規制は顧客ではなく暗号資産関連事業を扱う「仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)」に適用されるものであるとのことで、『この法律には顧客が暗号資産を保有・取引することを禁止する措置は含まれておらず、顧客にウォレットの秘密鍵を共有することも一切ない』と説明されています。

この規制は顧客ではなく、恒久的な事業として自然人または法人のために、またはその代理として活動を行う仮想通貨サービスプロバイダーに適用されます。つまりこの法律には、顧客が暗号資産を保有・取引することを禁止する措置は含まれておらず、顧客にウォレットの秘密鍵の共有を求めることも一切ありません。

この規制は仮想通貨サービスプロバイダーによって提供されていないプライベートウォレットで暗号資産を保有している個人には影響しません。ただし、エストニアの仮想通貨サービスプロバイダーが匿名の口座やウォレットを提供することはできないため、エストニアの仮想通貨サービスプロバイダーで開設した口座を匿名にすることはできません。

仮想通貨サービス事業者に「顧客情報収集」を義務化

今回取り上げられている法案では、暗号資産取引などのサービスを提供する事業に「顧客識別情報の収集」が義務付けられているとのことで、顧客識別情報は取引に関連付けられる方法で保持されなければならないため、これによって暗号資産が金融犯罪に利用されるリスクを大幅に軽減することができると説明されています。

また、小規模な仮想通貨サービス事業者に影響を与える最も重要な改正点の1つとしては「ライセンスを受けたVASPが活発な企業であることを保証するために、資本要件が引き上げられること」が挙げられており、『VASPは提供するサービスの種類に応じて、125,000〜350,000ユーロ(約1,600万円〜4,590万円)の株式資本を持つことが求められる』と説明されています。

エストニアで認可されている仮想通貨サービスプロバイダーの現在の平均年間売上高は8,000万ユーロ(約105億円)となっているため、この措置によって再販目的で休眠状態のVASPを登録・維持するリスクをさらに低減することができるとのことです。

なお、エストニア財務省は今回の発表の中で『この法案は現在、エストニアの一院制議会"リーギコグ"に提出されており、法案の成立には3回の読会を経る必要がある』とも説明しています。

>>「エストニア財務省」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

ビットバンク「残り85%のFLR受け取り方法」について発表

ビットバンク「残り85%のFLR受け取り方法」について発表

Coincheck NFT:紀里谷和明監督作品NFT「SEKAINOOWARIKARA」販売開始

Coincheck NFT:紀里谷和明監督作品NFT「SEKAINOOWARIKARA」販売開始

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す