オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

by BITTIMES   

オーストラリア連邦政府のScott Morrison(スコット・モリソン)財務相は5月8日、1万豪ドル(約83万円)を超える現金での支払いを法律違反とする方針を明らかにしました。この政策は2019年7月1日から開始される予定です。

現金払いを禁止する目的とは?

今回発表されたこの決定は、現金を使わないキャッシュレス社会への移行を促進させ、麻薬販売業者、犯罪、脱税などの地下経済の資金の流通を止めることなどを目的としています。

モリソン財務相は政府予算案審議会の場で「犯罪組織、テロリスト、税金をごまかそうとしている人々には残念なニュースだろう」と述べています。

カードや小切手などで決済が求められることになれば、お金の動きはさらに監視しやすくなります。

オーストラリア政府はテロリストの資金調達をなくし、マネーロンダリング(資金洗浄)を減らすために現金の引き締めを計画していますが、このような政府の取り組みはビットコイン(BTC)などの仮想通貨の利用を増加させる可能性があるとも考えられています。

ビットコインは地下経済を奨励するものではない

一部の人々は現金が禁止されることによって、ビットコインなどのオンライン通貨が増加すると考えています。

しかし、オーストラリアで仮想通貨決済サービスを広く展開している企業「Travel by Bit」の共同設立者であるCaleb Yeoh氏は「オンライン取引はまだ政府によって監視されている」と主張しています。

彼はビットコインなどのオンライン通貨が「地下経済を奨励するものではない」と語っています。

「オーストラリアに150社以上の企業を登録しました。彼らはそれぞれが私たちのプラットフォーム上で税務報告機能を取得するので、ビットコインで支払いを受けたと思っても税金を宣言します。」

政府の交付金によって資金提供を受けているYeoh氏は「ビットコインのすべての取引記録はブロックチェーン上に記録されている」と指摘しています。

『ビットコインによる支払いは目に見えないところで行われており、政府はそれを監視することができない』と思っている人がいるようですが、それはまったく真実ではありません。

それらの取引はブロックチェーン上に透明性を持って記録されています。

あなたがビットコインで何か悪いことをしているならば、政府はあなたを捕まえることができるはずです。

キャッシュレス化への取り組み

オーストラリアは現金文化が根づいた国の1つでもあり、あらゆる商取引の37%が現金で決済されています。

今回の取り決めはキャッシュレス化が進む世界に追随する意味合いもあると考えられます。

現金決済の上限額を設定している国は欧州に特に多く存在しており、スペインでは2,500ユーロ(約33万円)、ギリシャは500ユーロ(約7万円)、フランスでは1,000ユーロ(約13万円)までとされています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

(引用:news.com.au

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「Easy Crypto」にネム(NEM/XEM)が上場:ニュージーランド

仮想通貨取引所「Easy Crypto」にネム(NEM/XEM)が上場:ニュージーランド

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

仮想通貨は将来、金を超える「価値の保存手段」に:Nick Szabo

仮想通貨は将来、金を超える「価値の保存手段」に:Nick Szabo

注目度の高い仮想通貨ニュース

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す