オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

by BITTIMES   

オーストラリア連邦政府のScott Morrison(スコット・モリソン)財務相は5月8日、1万豪ドル(約83万円)を超える現金での支払いを法律違反とする方針を明らかにしました。この政策は2019年7月1日から開始される予定です。

現金払いを禁止する目的とは?

今回発表されたこの決定は、現金を使わないキャッシュレス社会への移行を促進させ、麻薬販売業者、犯罪、脱税などの地下経済の資金の流通を止めることなどを目的としています。

モリソン財務相は政府予算案審議会の場で「犯罪組織、テロリスト、税金をごまかそうとしている人々には残念なニュースだろう」と述べています。

カードや小切手などで決済が求められることになれば、お金の動きはさらに監視しやすくなります。

オーストラリア政府はテロリストの資金調達をなくし、マネーロンダリング(資金洗浄)を減らすために現金の引き締めを計画していますが、このような政府の取り組みはビットコイン(BTC)などの仮想通貨の利用を増加させる可能性があるとも考えられています。

ビットコインは地下経済を奨励するものではない

一部の人々は現金が禁止されることによって、ビットコインなどのオンライン通貨が増加すると考えています。

しかし、オーストラリアで仮想通貨決済サービスを広く展開している企業「Travel by Bit」の共同設立者であるCaleb Yeoh氏は「オンライン取引はまだ政府によって監視されている」と主張しています。

彼はビットコインなどのオンライン通貨が「地下経済を奨励するものではない」と語っています。

「オーストラリアに150社以上の企業を登録しました。彼らはそれぞれが私たちのプラットフォーム上で税務報告機能を取得するので、ビットコインで支払いを受けたと思っても税金を宣言します。」

政府の交付金によって資金提供を受けているYeoh氏は「ビットコインのすべての取引記録はブロックチェーン上に記録されている」と指摘しています。

『ビットコインによる支払いは目に見えないところで行われており、政府はそれを監視することができない』と思っている人がいるようですが、それはまったく真実ではありません。

それらの取引はブロックチェーン上に透明性を持って記録されています。

あなたがビットコインで何か悪いことをしているならば、政府はあなたを捕まえることができるはずです。

キャッシュレス化への取り組み

オーストラリアは現金文化が根づいた国の1つでもあり、あらゆる商取引の37%が現金で決済されています。

今回の取り決めはキャッシュレス化が進む世界に追随する意味合いもあると考えられます。

現金決済の上限額を設定している国は欧州に特に多く存在しており、スペインでは2,500ユーロ(約33万円)、ギリシャは500ユーロ(約7万円)、フランスでは1,000ユーロ(約13万円)までとされています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

(引用:news.com.au

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

Weiss Ratings:仮想通貨の「人気調査」結果報告|Ripple(XRP)がダントツ1位を獲得

Weiss Ratings:仮想通貨の「人気調査」結果報告|Ripple(XRP)がダントツ1位を獲得

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ビットコイン決済導入を大手コンビニが検討中、一気に数十万店舗規模に

ビットコイン決済導入を大手コンビニが検討中、一気に数十万店舗規模に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月19日〜25日

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す