韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

by BITTIMES   

韓国の中央銀行は、キャッシュレス社会を2020年までに実現させることを目標に掲げており、ブロックチェーンや仮想通貨を活用することも検討しているとのことです。

韓国銀行の積極的な取り組み

韓国の中央銀行である韓国銀行は、仮想通貨とブロックチェーンが社会にキャッシュレス化をもたらすと考えています。

韓国銀行は「2017年決済報告書」のなかでキャッシュレス社会の実現に向けた試験的な事業計画を正式に公表しています。ブロックチェーンや仮想通貨の利用可能性を検討しているとのことで、そのほかにも仮想通貨に関する研究や金融システム全体に及ぼす影響を分析する組織なども設立しているとのことです。

現金志向が強い地下経済を開放

韓国政府は以前からキャッシュレス化に向けた取り組みを進めており、様々な計画の提案や議論が行なわれてきました。
また仮想通貨の導入にも関心をもっており、実際にブロックチェーンや仮想通貨を活用したキャッシュレス化に向けたプロジェクトも検討しています。

このプロジェクトは、利便性の向上や現金の製造コストを削減することを目的としています。
韓国は2016年の現金発行に537億ウォン(約54億8000万円)もの費用が費やされているとのことで、韓国政府はこのプロジェクトを成功させることで現金志向が強い地下経済を開放することができると考えているとのことです。

新韓投資のアナリストであるカク・ヒョンス氏は次のように述べています。

「地下経済を開放することができれば、課税の公平性を高めることができる。キャッシュレス社会が発展することによって、映画に出てくるような5万ウォン分の紙幣が詰め込まれた箱を現実で目にすることはなくなるだろう」

首都ソウルは独自の仮想通貨を開発

韓国の首都ソウルのパク・ウォンスン市長は、ソウル市で利用できる独自の仮想通貨「Sコイン」を開発していることを明らかにしています。

パク市長は韓国の政治家の中でも特にブロックチェーン技術に積極的であるといわれており、ソウル市の今後について次のような意見を述べています。

「ソウルが4次産業革命を含む情報通信分野で世界をリードする都市なだけに、当然ブロックチェーンのような新技術を研究しなければならないと思う」

「中央政府のいくつかの規制法令を変えることができるようにしてみたい」

Sコインは、ソウルで環境改善活動を行う市民や若者の就職活動の支援などの福祉プログラムの支払い方法としての使用を目指しています。

ソウル市長が語ったその他の内容はこちらから

2020年までにキャッシュレス社会を実現

韓国銀行の調査によると、韓国の人々は平均で1.91枚のクレジットカード、2.03枚のモバイルカード、1.26枚の小切手またはデビットカードを持っているとのことです。また10人中4人が支払い方法としてクレジットカードを利用しているという結果も明らかになっています。

韓国銀行は2020年までにキャッシュレス社会を実現させることを目指しているとのことです。

またカク氏はキャッシュレス社会には副作用がないわけではないということも語っています。

「現金が私たちの手から消えれば、すべての金銭的取引はインターネット上で行われるだろう。自由が義務を伴うのと同じように、利便性の後に監視と呼ばれるコストがかかる。」

仮想通貨先進国日本の動きは?

2020年の日本では東京オリンピックが開催されることもあり、日本でもキャッシュレス化の動きは進められています。
飲食店情報グルメサイト「ぐるなび」の加盟店ではビットコイン決済の導入が進んでおり、2020年までに加盟店を5万店舗まで広げることを目標にしているそうです。

2020年までは残り2年となりました。韓国だけでなく世界中の国々がキャッシュレス化に向けた取り組みを行なっています。
利便性に伴う監視というリスクに関しては、まだ多くの課題が残されているのが現状です。キャッシュレス社会を実現しつつある各国の現状や今後の動向にも今のうちから注目しておくべきでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ブロックチェーンによる送金実験を成功させたみずほフィナンシャルグループ

ブロックチェーンによる送金実験を成功させたみずほフィナンシャルグループ

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

仮想通貨の税制改正「国民の意見」として国会に提出:藤巻議員

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す