米Grayscale:投資信託への追加検討リストに「暗号資産3銘柄」を追加

by BITTIMES

大手暗号資産投資企業「Grayscale(グレースケール)」は2022年7月13日に、同社が提供している暗号資産投資信託への追加を検討している仮想通貨リストを更新し、仮想通貨3銘柄を新たに追加したことを発表しました。

こちらから読む:ディズニー、事業開発プログラムにPolygon選出「暗号資産」関連ニュース

検討リストに「APE・CRO・KNC」を追加

Grayscale(グレースケール)は2022年7月13日に、同社が提供する暗号資産投資信託への追加を検討している仮想通貨リストを更新し、仮想通貨3銘柄を新たに追加したことを発表しました。

Grayscaleは様々な暗号資産で構成された複数の仮想通貨投資商品を提供している米国の大手投資信託運用会社であり、同社の暗号資産投資商品に関する発表は仮想通貨価格に影響を与えることも多いため、Grayscaleが取扱う暗号資産の動向には以前から注目が集まっています。

同社は「投資配分の変更」や「追加検討リストへの追加」を行った際に定期的にその内容を公開し続けていますが、今回の発表では追加検討リストに以下3種類の暗号資産を追加したことが報告されています。

エイプコイン(ApeCoin/APE)

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、世界的に人気のNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の保有者に無料配布されたことなどで注目を集めた暗号資産。エイプコインのガバナンスを担当する組織「ApeCoin DAO」のガバナンストークンとして使用される他、ゲームや商取引などエコシステム内の支払いにも利用することが可能。

2022年3月に正式発表された比較的新しい暗号資産であるものの、発表後はグローバル展開されている大手暗号資産取引所に続々と上場しており、現在は「BINANCE・Coinbase・FTX」などの大手取引所にも上場している。

クロノス(Cronos/CRO)

クロノス(Cronos/CRO)は、暗号資産取引・ウォレット・仮想通貨決済・仮想通貨還元機能付きカードなどといった暗号資産関連の様々なサービスを提供している大手企業「Crypto.com」の独自トークン。元々は「Crypto.com Coin」という名称で提供されていたが、2022年に「Cronos」へと名称変更された。

CROも様々な用途で利用することが可能となっており、CROをステークして報酬を獲得したり、Crypto.com Payで支払いに利用したり、支払い時にCROのキャッシュバックを受けたりなど、色々な場面で活用されている。

カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)

カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)は、様々なソースから流動性残高を集計して、あらゆる分散型アプリケーション(DApp)上で安全かつ迅速な取引を提供する流動性プロトコル。

Kyber Networkは「DeFi・DApp・DEXなどのユーザーが最高のレートを提供する流動性プールに簡単にアクセスできるようにすること」を目指しており、イーサリアム創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏​がアドバイザーを務めていることでも知られている。

Grayscaleの取扱銘柄・検討中銘柄について

Grayscale(グレースケール)が2022年7月13日時点で取り扱っている暗号資産と、追加検討中の暗号資産としては以下のような銘柄が挙げられています。

取扱う暗号資産

  • Aave (AAVE)
  • Amp (AMP)
  • Algorand (ALGO)
  • Avalanche (AVAX)
  • Basic Attention Token (BAT)
  • Bitcoin (BTC)
  • Bitcoin Cash (BCH)
  • Cardano (ADA)
  • Chainlink (LINK)
  • Compound (COMP)
  • Cosmos (ATOM)
  • Curve (CRV)
  • Decentraland (MANA)
  • Ethereum (ETH)
  • Ethereum Classic (ETC)
  • Filecoin (FIL)
  • Horizen (ZEN)
  • Litecoin (LTC)
  • Livepeer (LPT)
  • MakerDao (MKR)
  • Polkadot (DOT)
  • Polygon (MATIC)
  • Solana (SOL)
  • Stellar Lumens (XLM)
  • Uniswap (UNI)
  • Zcash (ZEC)

追加検討中の暗号資産

  • 0x (ZRX)
  • 1inch (1INCH)
  • APE (Apecoin)
  • Arweave (AR)
  • Axie Infinity (AXS)
  • Bancor (BNT)
  • BitTorrent (BTT)
  • BORA (BORA)
  • Convex (CVX)
  • CRO (Cronos)
  • Decred (DCR)
  • Elrond (EGLD)
  • Enjin (ENJ)
  • EOS (EOS)
  • Fantom (FTM)
  • Flow (Dapper Labs) (FLOW)
  • Gala (GALA)
  • Gelato (GEL)
  • Helium (HNT)
  • Holo (HOT)
  • Internet Computer (ICP)
  • IOTA (IOTA)
  • Kava (KAVA)
  • KNC (Kyber Network Crystal)
  • Loopring (LRC)
  • Monero (XMR)
  • NEAR (NEAR)
  • Numeraire (NMR)
  • Oasis Network (ROSE)
  • Ren (REN)
  • Reserve Rights (RSR)
  • Secret (SCRT)
  • Spell (SPELL)
  • Stacks (STX)
  • Tezos (XTZ)
  • The Graph (GRT)
  • The Sandbox (SAND)
  • Universal Market Access (UMA)
  • VeChain (VET)
  • Yearn.finance (YFI)
  • Yield Guild Games (YGG)

>>「Grayscale」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

Chiliz価格「1CHZ=26円」まで高騰|時価総額は1,000億円を突破

Chiliz価格「1CHZ=26円」まで高騰|時価総額は1,000億円を突破

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

中京テレビ24時間テレビに「メタバース会場」開設|スマホ・PCなどから参加可能

中京テレビ24時間テレビに「メタバース会場」開設|スマホ・PCなどから参加可能

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏、CEOを退き「会長」に就任|BTC投資戦略に注力

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏、CEOを退き「会長」に就任|BTC投資戦略に注力

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月24日〜30日

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す