米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

by BITTIMES

米国の老舗ニュースマガジンである「TIME」は2021年4月19日に、「Crypto.com」との提携を通じて仮想通貨決済に対応したことを発表しました。TIME誌は支払いで受け取った暗号資産を暗号資産のまま保有し続けるとも報告されています。

こちらから読む:SBI証券、国内初の一般投資家向けSTO実施へ「暗号資産」関連ニュース

TIME誌「20種類以上の仮想通貨決済」に対応

TIME誌は2021年4月19日に、暗号資産関連の様々なサービスを展開している「Crypto.com(クリプトドットコム)」との提携を通じて仮想通貨決済に対応したことを発表しました。

Crypto.com(クリプトドットコム)が提供している仮想通貨決済サービス「Crypto.com Pay」では、BTCETHLTCXRPDOGEENJLINKなどいった20種類以上の仮想通貨がサポートされていますが、TIME誌はこれら全ての仮想通貨に対応しているとのことで、Crypto.comのネイティブトークンである「CRO」で支払った場合には最大10%の還元を受けることができるとも説明されています。

仮想通貨決済で購読料を支払うことを選択した読者の人々は、1回の支払いで「TIME.com」全体のコンテンるに18ヶ月間無制限でアクセスすることができるとのことで、定期購読者限定のイベントなども利用できるとされています。

仮想通貨決済は現時点で米国とカナダでのみ利用できるとされていますが、今後数ヶ月以内には世界中で利用可能になる予定だと報告されています。

受け取った仮想通貨はそのまま保有

仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、TIME誌の広報担当者は『購読料として支払われた仮想通貨は現金には交換せずに仮想通貨のままで保有する』と語ったとも報時られています。

TIME誌は先日、仮想通貨投資会社「Grayscale(グレースケール)」と提携して"仮想通貨に関する説明動画シリーズ"を共同制作することも明らかにしていましたが、この際に報酬として支払われるビットコインも『財務資産としてBTCのまま保有し続ける』と報告されていました。

TIME誌はここ最近で仮想通貨関連の取り組みを積極的に進めており、先月はTIME誌の有名な表紙のデザインを基にした3つのNon-Fungible Token(NFT)を発行した上で、NFTマーケットプレイスである「SuperRare」でオークションが開催されています。

>>「TIME」の公式発表はこちら

2021年4月20日|Crypto.com Coin(CRO)の価格

Crypto.com Coin(CRO)の価格は先日17日に29円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年4月20日時点では「1CRO=19.96円」で取引されています。

2021年1月20日〜2021年4月20日 CROの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年1月20日〜2021年4月20日 CROの価格チャート(画像:CoinGecko)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメリカ:新たに3人の市長が「ビットコインによる給与受け取り」を表明

アメリカ:新たに3人の市長が「ビットコインによる給与受け取り」を表明

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

南米最大のEC企業「Mercado Libre」ブラジルで暗号資産の売買・保管サービス提供へ

南米最大のEC企業「Mercado Libre」ブラジルで暗号資産の売買・保管サービス提供へ

Chiliz&Socios:バレンシアCF・コリンチャンスの「100枚限定NFT」配布へ

Chiliz&Socios:バレンシアCF・コリンチャンスの「100枚限定NFT」配布へ

ビットコイン(BTC)大型アップグレード「Taproot(タップルート)」を完了

ビットコイン(BTC)大型アップグレード「Taproot(タップルート)」を完了

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧:TAOTAO)「合併記念新規口座開設キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧:TAOTAO)「合併記念新規口座開設キャンペーン」開始

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

米Kraken「シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)」取扱い開始|価格は20%以上急騰

米Kraken「シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)」取扱い開始|価格は20%以上急騰

Bitget:暗号資産トレーダーを募集中!最大10%のコピートレード収益が貰えます!

Bitget:暗号資産トレーダーを募集中!最大10%のコピートレード収益が貰えます!

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す