米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

by BITTIMES   

世界初のニュース雑誌としても知られる米国の老舗ニュースマガジン「TIME」が仮想通貨投資会社「Grayscale(グレースケール)」と提携して『仮想通貨に関する説明動画シリーズ』を共同制作し、その報酬としてビットコイン(BTC)による支払いを受け入れるだけでなく、受け取ったBTCを保有し続けると決定していることが明らかになりました。

こちらから読む:MicroStrategy、役員報酬"BTC"で支払いへ「暗号資産」関連ニュース

TIME「BTCを受け入れ、保有し続ける」と決定

1923年3月にニューヨーク州で創刊された米国の老舗ニュースマガジン「TIME」が、仮想通貨投資会社「Grayscale(グレースケール)」と提携して『仮想通貨に関する説明動画シリーズ』を共同制作し、その報酬として支払われたビットコイン(BTC)を保有し続ける予定であることが明らかになりました。

GrayscaleのCEOであるMichael Sonnenshein(マイケル・ソンネンシャイン)氏は2021年4月13日のツイートで『今年夏に公開予定の"仮想通貨に関する説明動画シリーズ"の制作でTIMEと提携している』と述べた上で、『TIMEの社長であるKeith Grossman氏はビットコインによる報酬支払いに同意しているだけでなく、財務資産としてBTCを保有し続けることを決定している』と報告しています。

Grayscaleは今年の夏に公開する仮想通貨業界について説明する新しいビデオシリーズの制作で「TIME」と提携しています。

これと同じくらい重要なことは「Keith Grossman氏とTIMEがビットコインによる支払いに同意しており、バランスシートでBTCを保有し続ける」ということです。私たちの初となるメディアパートナーシップです!

「TIME」はここ最近で仮想通貨関連の取り組みを加速させており、今年3月にはビットコインや仮想通貨に詳しい最高財務責任者を募集し始めていた他、トークン化した雑誌の表紙をNFTマーケットプレイスである「SuperRare」に出品して135ETHを獲得していました。

「TIME」は世界初のニュース雑誌としても知られる米国の老舗ニュースマガジンであり、「Grayscale」は以前からビットコインの利点を強調したテレビCMも放送しているため、両社が協力して新しい仮想通貨の説明動画を公開することによって、仮想通貨の理解が深まり、仮想通貨の普及も促進されると期待されています。

2021年4月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月14日に670万円付近まで上昇して以降横ばいの状態が続いていたものの、本日13日には670万円を超えて急騰しており、2021年4月13日時点では「1BTC=6,841,695円」で取引されています。

2021年1月13日〜2021年4月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月13日〜2021年4月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国政府ビットコイン規制を強化か?一部取引所サービスが停止

中国政府ビットコイン規制を強化か?一部取引所サービスが停止

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

【Bybit×BITTIMES】オリジナルグッズセットが当たる「プレゼントキャンペーン」開催

【Bybit×BITTIMES】オリジナルグッズセットが当たる「プレゼントキャンペーン」開催

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す