Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

by BITTIMES

世界的なデリバティブ取引所である「Bitget(ビットゲット)」は2022年7月29日に、セキュリティを優先してユーザーの資産を確実に保護する継続的な取り組みの一環として、2億米ドルのBitget保護基金を開始することを発表しました。

こちらから読む:ビットゲット関連の記事を新着順で「Bitget」関連ニュース

$2億米ドルの緊急積立を実施

Bitget(ビットゲット)は2022年7月29日に、セキュリティを優先してユーザーの資産を確実に保護する継続的な取り組みの一環として、2億米ドルのBitget保護基金を開始することを発表しました。

暗号資産はデジタル資産市場を支配し続けており、人々の取引や資源投資の方法に革命をもたらしました。しかし、ベアマーケットからのボラティリティは、世界中のトレーダーの信頼を脅かす最近の事件を引き起こし、その結果、多くの人が急な金銭的結果を負わなければなりませんでした。

市場参加者や投資家は過去2ヶ月間、不安定な期間と深刻な恐怖心理を経験しました。暗号資産市場は最近、極端な恐怖ゾーンから脱しつつあるとはいえ、暗号資産世界全体の様々なFUD(恐怖・不確実性・疑念)や伝統的な金融分野の不利なマクロ経済状況に対して脆弱であることに変わりはないです。セキュリティーの懸念に対処し、投資家の信頼を高めることは、弱気市場において様々な企業にとってそれらの優先事項の一つであるべきです。

Bitget保護基金は、比類のないセキュリティを提供し、世界中のユーザーに安心・安全な取引体験を保証することを目的に設立されました。この基金は現在2億米ドルと評価されており、6,000BTCと8,000万USDTで構成されています。Bitgetは、今後3年間、このファンドの価値を確保することを約束しています。この基金は最終的にBitgetユーザーとBitget取引プラットフォームのセーフガードとして機能し、また暗号資産空間全体における安全と保護の新時代を切り開くのに貢献します。

Bitget保護基金は完全に自己資金で賄われ、第三者の保険に依存しないため、外部の官僚主義や政策変更なしにユーザーの資金喪失を効率的にカバーすることができます。さらに、本ファンドは安定したコインで一部構成されているため、資産の安定性が確保され、暗号資産市場の変動にそれほど影響されないでしょう。

Bitget保護基金に加え、Bitgetは違法行為との戦いに重点を置き、Bitgetコミュニティから悪い人物を排除するため、厳格なKYCとAMLポリシーを導入しています。また、Bitgetは、コンプライアンスの基準を強化し、規制された運営を維持するために、第三者機関の法務およびコンプライアンスパートナーと提携しています。

「Bitget」のマネージングディレクターであるGracy Chen氏は今回の発表について次のようにコメントしています。

世界有数の暗号資産取引所として、ユーザーの資産の安全性は常に我々の第一の優先事項であった。Bitget保護基金の立ち上げにより、私たちはビットゲットコミュニティーを保護し、保護するという約束を果たすことに一歩近づきました。保護基金は、投資家の懸念を軽減し、潜在的なユーザーを惹きつけるのに役立つでしょう。暗号資産の冬の時期に耐え続ける中で、我々のユーザーが資金が安全に保たれていることに安心できることは極めて重要です。

今後、世界的な暗号資産の採用を促進する使命を継続する中で、投資家保護と市場の整合性を重要な優先事項として、公正で安全なデジタル資産市場を作ることに焦点を当てた誓約も行っています。一方、私たちのイニシアチブは、他のCEXが暗号資産空間の説明責任、安全性、セキュリティの懸念に取り組むことを奨励し、投資家の信頼を取り戻し、より良い暗号資産の世界を一緒に構築するのに役立つと信じています。

Bitget保護基金の詳細については、こちらをご覧ください。

【Bitgetについて】
2018年に設立されたBitgetは、ソーシャルトレーディングを中核とした世界有数の暗号資産取引所です。現在、世界50カ国以上で200万人以上のユーザーにサービスを提供しています。Bitgetは、600人の従業員で分散型金融を促進するという使命を加速させています。

2019年6月に暗号資産デリバティブ市場におけるBitgetの正式な立ち上げ以来、このプラットフォームは現在、世界最大の暗号資産コピートレードおよびデリバティブ取引所の1つとなり、CoinMarketCapおよびCoinGeckoによるデリバティブ取引量では世界トップ5にランクインしています。この大手取引所は、ソーシャルトレーディングによって人々がつながり、取引する方法を変革することに焦点を当てています。同社の主力サービスであるワンクリック・コピートレードは、ソーシャルトレーディングのパイオニアに他ならず、55,000人以上のプロトレーダーと約110万人のフォロワーを集め、世界中の暗号資産デリバティブトレーダーの経験を革新しています。

Bitgetは、「Better Trading, Better Life」の理念を忠実に守り、Web2とWeb3を超越し、CeFiとDeFiをつなぐポータルとなり、結果として暗号資産の広大なウェブへの広大な橋渡しになることを目指して、世界中のユーザーに包括的で安全な取引ソリューションを提供することに全力を注いでいます。2021年9月、Bitgetは世界的に有名なサッカーチームであるユベントスを初のスリーブパートナーとして、またPGL Majorの公式esport cryptoパートナーとしてスポンサーすることを発表しました。また、2022年初頭には、大手esports団体「Team Spirit」、トルコを代表する老舗サッカークラブ「Galatasaray」とのパートナーシップを発表しています。

Bitgetの詳細については下記をご覧ください。
>>「Bitget公式サイト」はこちら
>>「Bitget公式Telegram」はこちら
>>「Bitget公式Twitter」はこちら
>>「Bitget公式Linkedin」はこちら
>>「Bitget公式LINE」はこちら
>>「Bitget公式YouTube」はこちら
>>「Bitget公式Instagram」はこちら
>>「Bitget公式Discord」はこちら
>>「Bitget」の登録はこちら


免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

Chiliz&Socios:インドネシアの「バリ・ユナイテッドFC」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios:インドネシアの「バリ・ユナイテッドFC」と提携|ファントークン発行も予定

PUMA(プーマ)ブロックチェーンドメイン「puma.eth」を取得|Twitterアカウント名も変更

PUMA(プーマ)ブロックチェーンドメイン「puma.eth」を取得|Twitterアカウント名も変更

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

CryptoNinja Games「CNGトークンのIEO」実施へ

CryptoNinja Games「CNGトークンのIEO」実施へ

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す