カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の開発企業である「Input Output(IOG/IOHK)」は2022年9月8日に、カルダノの大型アップグレード「Vasil」に対応した最新版デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、LUNC Burn対応方針を発表「暗号資産」関連ニュース

大型アップグレードに向け「Daedalus 5.0.0」公開

カルダノ(Cardano/ADA)の開発企業である「Input Output(IOG/IOHK)」は2022年9月8日に、カルダノの大型アップグレード「Vasil」に対応した最新版デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」をリリースしたことを発表しました。

Vasilとは、日本時間2022年9月23日頃に予定されているCardanoブロックチェーンとそのスマートコントラクトプラットフォームである「Plutus」で重要なアップデートを行うハードフォークであり、このアップデートによって「ネットワーク処理性能の大幅向上・Plutusスマートコントラクト言語の改善・ノード間でのブロック伝送効率の向上」などが実現すると期待されています。

今回リリースされた「Daedalus 5.0.0(メインネット版)」はノードバージョン1.35.3をサポートしているとのことで、具体的には以下のような問題が修正されていると報告されています。

【修正された問題】

  • 旧Daedalus実行ファイルが自動更新後に削除されない
  • 委任またはITN報酬還元のプロセス中に、同期中のウォレットを選択する際にエラーが生じる
  • 手数料計算中にユーザーがトークンの額を変更した場合でも、システムが元の額を使用する

【修正済みの不具合】

  • 前リリースでは非ゼロ推奨少数があるトークンに黄色い三角の「少数設定」警告マークが表示されなかったが、この問題が修正された
  • 委任ウィザードまたはインセンティブ付きテストネット(ITN)報酬の還元中に同期中のウォレットを選択した場合にエラーが発生しなくなった
  • 旧Daedalus実行ファイルが自動更新後も残っていた問題が修正された
  • 前リリースではユーザーが送金するトークン額を手数料計算中に変更した場合でもシステムは元の額を送信していたが、この問題は修正された

なお、Daedalusを既に利用している場合はDaedalusウォレットを起動した後に表示される画面から最新版へとアップグレードすることが可能で、Daedalusを持っていない場合は「Daedalusの公式サイト」から最新版ウォレットをダウンロードすることができるようになっています。

>>「Input Output」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MetaMask「Stripe用いた仮想通貨購入」が可能に|法定通貨による決済手段を拡充

MetaMask「Stripe用いた仮想通貨購入」が可能に|法定通貨による決済手段を拡充

Huobi Japan「IEOによる資金調達支援事業」の準備開始

Huobi Japan「IEOによる資金調達支援事業」の準備開始

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す