仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

by BITTIMES

金融安定委員会(FSB)の議長であり、イングランド銀行(BoE)の総裁でもあるマーク・カーニー(Mark Carney)氏は、仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引の妨げになると指摘しています。

銀行の役割は金銭に対する信頼を維持すること

イングランド銀行(BoE)の総裁であるマーク・カーニー(Mark Carney)氏は「銀行の主な役割は金銭に対する信頼を維持することである」と語っています。

仮想通貨については、現在のボラティリティが安全な取引の妨げになると述べており、中央銀行のデジタル通貨発行については真剣に検討されていないようです。

カーニー氏はストックホルムのパネルで「機関の過去、現在、未来が公衆の信頼を維持することになる」と述べており、金融危機以降のイングランド銀行が、予期せぬ問題に対してより弾力性を持たせ、金銭を安全に保つために金融システムの見直しを行い、改革してきたことを改めて語っています。

中央銀行によるデジタル通貨発行の見通しについては「現在デジタル通貨は金銭の役割を果たしていないため、このような動きは差し迫っていない」と語っています。

デジタル通貨は金銭として失敗した

カーニー氏は以前、仮想通貨の政府規制を求めており「暗号資産の生態系を他の金融システムと同じ基準に保つ時が来た」と述べています。

金融安定委員会(Financial Stability Board)の責任者でもあるカーニー氏によると、仮想通貨の監視を強化することを求める業界関係者の数は増えているとのことです。

カーニー氏は「デジタル通貨は『極端なボラティリティ』を持っており、このボラティリティのためにデジタル通貨自体が一種の金銭として失敗した」と主張しています。

BoE発行のデジタル通貨

イングランド銀行が『デジタル通貨の発行がもたらす影響』について研究している一方で、政府閣僚は「すぐに立ち上げる計画はない」と述べています。

労働党議員であるバリー・シェーマン氏は今年の2月に、政府はデジタル通貨の導入についてどのように考えているかを尋ねた。

財務省長官のジョン・グレン氏は「政府は平易なデジタル通貨を導入するか」という問いに対して次のように述べています。

「イングランド銀行は現在、中央銀行によるデジタル通貨の発行を計画していないが、中央銀行がデジタル通貨を発行することの意味をよりよく理解するための調査に着手している」

しかしこれらの取り組みは、英国の世論に反しているようです。
最近行われた市場調査では、調査対象者の60%が『BoEが支援するデジタル通貨に賛成ではない』と回答しています。

この調査では英国人の93%がビットコイン(BTC)について聞いたことがあると回答しており、1年間で仮想通貨の認知度が大きく高まったこともわかっています。

ここ最近で世界の大手金融機関が続々と仮想通貨への取り組みを発表しています。
今後市場が安定し現在懸念されている問題が解決されれば、イングランド銀行のデジタル通貨も現実となるかもしれません。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は取引手数料無料キャンペーンを開催しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像取引手数料無料キャンペーン中の仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

OKCoinJapan:販売所サービスで「LSK・IOST」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所サービスで「LSK・IOST」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

FTX Japan:自動取引ツール「クオンツゾーン」提供開始|ルール設定で簡単に自動売買

FTX Japan:自動取引ツール「クオンツゾーン」提供開始|ルール設定で簡単に自動売買

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

NFTコレクション「FLOWER LOLITA」販売開始から2時間で6,666体が完売|今後の予定も

NFTコレクション「FLOWER LOLITA」販売開始から2時間で6,666体が完売|今後の予定も

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す