JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

by BITTIMES

米国の大手銀行グループであるJPモルガン・チェースは暗号資産戦略部門を創設し、29歳のOliver Harris(オリバー・ハリス)氏をトップに任命しました。

暗号資産戦略部門のオリバー・ハリス氏

Oliver Harris氏Oliver Harris氏(businessinsider.com.auから)

2015年以来、JPモルガンのFintech(フィンテック)とIn-Residenceプログラムを率いているロンドン在住のハリス氏は過去2年にわたってJPモルガンで有望なスタートアップ企業を見つけ出して提携関係を構築するプログラムを率いてきました。

ブロックチェーン開発部門トップのUmar Farooq(ウマル・ファルーク)氏の下で、この新たな役職に就くハリス氏は、JPモルガン・チェースとカナダ・ナショナル銀行が先月テストを開始した、JPモルガンのブロックチェーンプロジェクト「Quorum(クォーラム)」の指揮も執る予定となっています。

ビジネス・インサイダーによると、ハリス氏は積極的に仮想通貨を取引するわけではなく、同銀行のために新たな仮想通貨プロジェクトを見つけ出し、その指揮を執るのが役割となるとのことで、仮想通貨のカストディ(保管)サービスやブロックチェーンをJPモルガンの決済ビジネスでどのように役立てることができるかについての調査も行うと報じられています。

共同設立者は前向きな姿勢

JPモルガンの共同社長であるDaniel Pinto(ダニエル・ピント)氏は、CNBCからのインタビューに対して仮想通貨に対する前向きな姿勢を示しています。

ピント氏は「金融システムのトークン化は現実であり、多くの中央銀行で研究されている」と述べています。しかしその反面「仮想通貨の採用は現在の形では不可能である」とも語っています。

これまで主な大手投資銀行は仮想通貨に対して懐疑的な立場をとってきました。
JPモルガンは2月に、クレジットカードで仮想通貨を購入することを禁止しており、米証券取引委員会(SEC)に提出した17年度アニュアルレポートでは、仮想通貨はリスク要因の一つに含めていました。

会長兼CEOは仮想通貨にあまり興味がない

JPモルガンの会長兼CEOであるJamie Dimon(ジェイミー・デイモン)氏は昨年の9月に、ビットコイン(BTC)を「詐欺である」と述べており、同社の口座でビットコイン取引を行う従業員は全員クビになるだろうとまで語っていました。

しかし今年の1月にはそれらの発言を後悔していると述べており、そもそも仮想通貨にはあまり興味がないということを明かしています。

その一方で、JPモルガンの巨大な競争相手であるゴールドマン・サックス(GS)は最近、トレーダーであるJustin Schmidt氏を迎えて、仮想通貨コラボレーション派生商品を取引するための新しい部門と、潜在的には資産そのものに取り組んでいます。

(引用:businessinsider.com.au

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨投資で200万円を5億円に変えた投資家たち

仮想通貨投資で200万円を5億円に変えた投資家たち

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

2018年7月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年7月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

注目度の高い仮想通貨ニュース

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融庁:仮想通貨交換業に「新制度」導入へ|みなし業者サービス停止の可能性も

金融庁:仮想通貨交換業に「新制度」導入へ|みなし業者サービス停止の可能性も

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

Ripple(XRP)が仮想通貨ウォレット「SKB Wallet」で保管可能に|ショップ機能にも対応

Ripple(XRP)が仮想通貨ウォレット「SKB Wallet」で保管可能に|ショップ機能にも対応

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す