仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

by BITTIMES

イングランド銀行が今月初めに「英国が史上最長の不況に直面する」と宣言するなど、今年はすべての金融機関にとって最も困難な時期の一つとなっています。この不況の主な原因はCOVID-19で、その結果、英国は複数のロックダウンに入り、多くのビジネスが停止され、永久に閉鎖されることになりました。

皮肉にもCOVID-19の最盛期に仮想通貨の人気が高まったのは、人々が受動的な収入で経済的な利益を得るための代替機会を探していたからです。しかし、中央集権的な金融市場と同様に、仮想通貨も1年を通して何度が起きたクラッシュによって苦しい時期を過ごすこととなりました。それでもイーサリアム(ETH)やビッグアイズコイン(BIG)などのブロックチェーンネットワークは、継続的にユーザーをプラットフォームに誘引する方法を見出しています。しかし、これらの暗号資産は分散型金融の正常化に貢献できるのでしょうか?

ビッグアイズコイン独自のマーケティング方法

ビッグアイズコイン(BIG)はその明確なブランディングとマーケティング戦略によって多くの仮想通貨愛好家の注目を集めることに成功した今後登場するミームコインです。このブロックチェーンネットワークは、キュートな猫をマスコットにすることによって他のミームコインとの差をつけています。これは、シバイヌ・フロキイヌ・ドージコインなどのミームコインが犬をアバターにしてブランド化しているのとは対照的です。

さらにビッグアイズコインは、ユーモアや美的感覚以外にも「富を分散型金融エコシステムに移す」という明確な目的を確立しています。BIGは分散化に資金を投入することを目指す一方で、利用可能な200,000,000トークンの80%を海洋保護機関に寄付するチャリティウォレットを持つことで、海洋保護への意欲を表明しています。

ビッグアイズコインは2022年11月14日に、ニューヨークで最も裕福な地区であるマンハッタンの商業交差点タイムズスクエアの3Dビルボードに掲載されました。タイムズスクエアは1日に約33万人が通行する世界有数の名所であるため、ビッグアイズコインにとって過去最大規模のマーケティング活動となった可能性があります。今月はロンドンの代表的な場所の1つである「マーブル・アーチ」にもミームコインが出現する予定です。

イーサリアムのマージは持続可能性にどのように対応するのか

Ethereum-ETH

イーサリアム(ETH)は市場で2番目に認知度の高い暗号資産です。ETHは複数のオンライン参加者間で締結された合意に達するために 必要な操作を自動的に実行するコンピュータプログラムであるスマートコントラクトの使用における先駆者でした。

イーサリアム財団は、ブロックチェーンネットワーク上の分散型アプリケーションの研究・開発・教育を活性化させて促進する非営利組織です。同財団には、エコシステムの成長を促進するために、より大きなイーサリアムコミュニティ内のプロジェクトや企業に財政的および非財務的支援を提供することを目的とした、エコシステム支援プログラムを含む多数のプログラムがあります。

2022年9月15日には長い間待ち望まれたビーコンチェーンとの統合が完了しました。この統合(The Merge)の主な目的は、ブロックチェーンをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の仕組みに移行することでした。この調整は主に、二酸化炭素排出量を削減することによって持続可能性を高め、価格の引き下げと迅速な運用を実現するために行われました。

私たちは今、世界的なエネルギー危機の真っ只中にいます。そのため、エネルギー消費量の少ないPoSシステムのネットワークは、より多くのユーザーを惹きつけています。イーサリアムのエネルギー効率は金融と地球環境の持続可能性を統合するために2012年に設立された世界をリードするセンターである「The Oxford Sustainable Finance Group」の注目を集める可能性もあります。

最終的なまとめ

イギリスでは多くの人々が財政的に不安定な状態となっています。中央集権的な金融機関が金融を規制・管理し続ける可能性が高いため、人々は徐々に法定通貨を使うことを躊躇い始めるでしょう。BIGのような仮想通貨の広告が有名な観光地に登場することによって、分散型金融の知識を高めるだけでなく、社会全体での統合にも貢献する可能性があります。さらに、イーサリアムのマージによって、環境要素が社会にとってますます重要となるため、分散型金融の正常化を後押しすることになるでしょう。

ビッグアイズコイン(BIG)の詳細については以下のリンク先ページをご覧ください。

ウェブサイト:https://bigeyes.space/
テレグラム:https://t.me/BIGEYESOFFICIAL
ツイッター:https://twitter.com/BigEyesCoin
ユーチューブ:https://www.youtube.com/watch?v=lZTnMG62VEs


免責事項:この記事は「Big Eyes」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

「仮想通貨のほとんどは無価値になる」チャーリー・マンガー氏

「仮想通貨のほとんどは無価値になる」チャーリー・マンガー氏

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

仮想通貨業界においてアルトシグナル(ASI)がもたらすAI技術の可能性とは?

仮想通貨業界においてアルトシグナル(ASI)がもたらすAI技術の可能性とは?

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す