米商品先物取引委員会「FTX・Alameda Research・SBF氏」を起訴

by BITTIMES

米商品先物取引委員会(CFTC)は2022年12月13日に、「FTX」や「Alameda Research」そして両社の創業者であるサム・バンクマン=フリード氏(SBF)を詐欺や重大な虚偽表示の罪で起訴したことを発表しました。

こちらから読む:米SEC、証券法違反でFTX創業者を起訴「暗号資産」関連ニュース

詐欺・虚偽表示などの罪でFTX創業者らを起訴

米商品先物取引委員会(CFTC)は2022年12月13日に、「FTX」や「Alameda Research」そして両社の創業者であるサム・バンクマン=フリード氏(SBF)を詐欺や重大な虚偽表示の罪で起訴したことを発表しました。

CFTCは「3人の被告は複数の州における商取引やデジタル商品の販売に関連する詐欺行為をはたらいた他、重大な虚偽表示を行なっていた」と指摘しており、「被告らの行為によってFTXの顧客預金80億ドル以上が失われた」とも指摘されています。

13日には米証券取引委員会(SEC)からも「サム・バンクマン=フリード氏をFTX Tradingの株式投資家から詐取する計画を指揮した罪で起訴した」との発表が行われていましたが、CFTCの発表でも「FTXは"暗号資産を安全かつ簡単に売買できる場所"として宣伝されていて"顧客資産はFTXによって保管され自社資産からは分離される"と説明されていたが、実際には顧客資産をAlamedaに持ち出して顧客資産が混同する形で管理され、関係者の高級不動産購入・政治献金・デジタル資産業界投資などに使われていた」などの説明がなされています。

CFTCは「返還、遺棄金、民事金融罰、永久取引・登録禁止、商品取引所法(CEA)およびCFTC規制のさらなる違反に対する永久差止」を求めているとのことですが、被害者への資金返済を要求する命令に関しては『不正行為者が十分な資金や資産を持っていない可能性があるため、必ずしも損失金の回収につながるとは限らない』とも説明がなされています。

なお、2022年12月13日に並行して行われた別の訴訟については、ニューヨーク南部地区連邦検事局がサム・バンクマン=フリード氏を電信詐欺・商品詐欺・証券詐欺・マネーロンダリングの罪で起訴、米証券取引委員会がサム・バンクマン=フリード氏を証券詐欺で起訴したと報告されています。

>>「米商品先物取引委員会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

フィンシア(FINSCHIA/FNSA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フィンシア(FINSCHIA/FNSA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

暗号資産、禁止ではなく「健全な金融政策と規制対応」が必要:IMF・FSBが共同文書を公表

暗号資産、禁止ではなく「健全な金融政策と規制対応」が必要:IMF・FSBが共同文書を公表

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

DMMビットコイン:条件達成で毎日もらえる「NIDTプレゼントキャンペーン」開始

DMMビットコイン:条件達成で毎日もらえる「NIDTプレゼントキャンペーン」開始

Google Cloud:BigQueryで「11種類のブロックチェーン」を新規サポート

Google Cloud:BigQueryで「11種類のブロックチェーン」を新規サポート

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

PayPal:仮想通貨を米ドルに交換して残高に追加できる「オフランプ機能」提供開始

PayPal:仮想通貨を米ドルに交換して残高に追加できる「オフランプ機能」提供開始

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す