暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

by BITTIMES

暗号資産レンディングサービスを展開している「Nexo」は2022年12月5日に、今後数ヶ月をかけて米国でのサービス展開を段階的に終了し、米国市場から撤退することを発表しました。この決定は、米国の州や連邦規制当局と1年半以上にわたって続けられてきた対話に行き詰まりを感じたことによって下されたと説明されています。

こちらから読む:コカ・コーラ、ワールドカップ記念NFTを発表「暗号資産」関連ニュース

「規制当局との対話に行き詰まりを感じた」と説明

暗号資産レンディングサービスを展開している「Nexo」は2022年12月5日に、今後数ヶ月をかけて米国でのサービス展開を段階的に終了し、米国市場から撤退することを発表しました。

Nexo(ネクソ)は暗号資産の購入・交換・レンディング・カードなどといった複数のサービスを展開している企業であり、アメリカ・カナダ・セーシェル・スイス・オーストラリア・香港・イタリア・リトアニアなど複数の国や地域でライセンスを取得した上で仮想通貨関連サービスをグローバルに展開しています。

米国市場撤退の決定は、米国の州や連邦規制当局と1年半以上にわたって続けられてきた対話に行き詰まりを感じたことによって下されたとのことで、『米規制当局の立場は一貫しておらず、変化しているが、Nexoは要求された情報を提供して、当局の懸念に対応するための事業修正努力を続けてきた』とも説明されています。

具体的には「SECへのトークンセール登録・XRPの上場廃止・ニューヨークからの撤退・米国におけるEarn Interestの資金受入停止」など米規制の懸念に対処するための様々な措置を講じ、規制当局との対話にも数えきれないほどの時間を費やしてきたとのことですが、結果的には互いが納得できる形で落ち着くことができなかったとのことで、公式発表では以下のようにコメントされています。

当初、規制当局は私たちに協力を促していたため、持続的に前進していくことができると思われていましたが、ここ数週間から数ヶ月の出来事とその後の規制当局の行動の変化は、その逆を指し示しています。規制当局は互いに協調することを望まず、執拗に互いに矛盾する立場を取り続けており、効率的な運用や顧客が望む価値創造ができない環境を作り出しています。

今月1日には消費者金融保護局(CFPB)が「Nexoの利回り商品を調査する管轄権がある」と発表していましたが、この商品については米証券取引委員会(SEC)や複数の州の規制当局が管轄権を主張していたため、Nexoは今回の発表の中でそのような複数の規制当局が監督権限を主張していることも指摘しており、『当社が数ヶ月にわたって協力してきた各州の証券規制当局の多くが、事前通知なしに当社に対して訴訟を起こし、我々を不意打ちした』と批判しています。

米国市場でのサービス終了について

今回の米国市場撤退によって、現地時間2022年12月6日以降は「インディアナ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、ウィスコンシン州、カリフォルニア州、ワシントン州」という8つの州の既存ユーザーが同社の利回り商品を利用できなくなるとのことです。

ただし、これらの変更は8つの州に住むユーザーの利回り商品のみに影響するものだとされており、当面の間は同地域で利用可能な他のすべてのNexo関連製品へのアクセスが可能、出金処理もリアルタイムで続けられ、ユーザーはこれまで通り自分の資産にアクセスできるとも説明されています。

Nexoは公式発表の最後に『我々はブロックチェーンが革新的な技術であり、その重要性を認識することは2000年代初頭にインターネットの価値を認識することに似ていると強く信じている。これは経済的・地政学的に計り知れない重要性を持っている』とも述べており、『私たちはデジタル化が急速に進む世界でブロックチェーン技術の重要性を理解している法域向けの製品とサービスの開発に時間と労力を費やす』とコメントしています。

>>「Nexo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

ビットコインのLightning Networkで「中央集権化」進む|研究者らが論文公開

ビットコインのLightning Networkで「中央集権化」進む|研究者らが論文公開

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す