暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

by BITTIMES

暗号資産レンディングサービスを展開している「Nexo」は2022年12月5日に、今後数ヶ月をかけて米国でのサービス展開を段階的に終了し、米国市場から撤退することを発表しました。この決定は、米国の州や連邦規制当局と1年半以上にわたって続けられてきた対話に行き詰まりを感じたことによって下されたと説明されています。

こちらから読む:コカ・コーラ、ワールドカップ記念NFTを発表「暗号資産」関連ニュース

「規制当局との対話に行き詰まりを感じた」と説明

暗号資産レンディングサービスを展開している「Nexo」は2022年12月5日に、今後数ヶ月をかけて米国でのサービス展開を段階的に終了し、米国市場から撤退することを発表しました。

Nexo(ネクソ)は暗号資産の購入・交換・レンディング・カードなどといった複数のサービスを展開している企業であり、アメリカ・カナダ・セーシェル・スイス・オーストラリア・香港・イタリア・リトアニアなど複数の国や地域でライセンスを取得した上で仮想通貨関連サービスをグローバルに展開しています。

米国市場撤退の決定は、米国の州や連邦規制当局と1年半以上にわたって続けられてきた対話に行き詰まりを感じたことによって下されたとのことで、『米規制当局の立場は一貫しておらず、変化しているが、Nexoは要求された情報を提供して、当局の懸念に対応するための事業修正努力を続けてきた』とも説明されています。

具体的には「SECへのトークンセール登録・XRPの上場廃止・ニューヨークからの撤退・米国におけるEarn Interestの資金受入停止」など米規制の懸念に対処するための様々な措置を講じ、規制当局との対話にも数えきれないほどの時間を費やしてきたとのことですが、結果的には互いが納得できる形で落ち着くことができなかったとのことで、公式発表では以下のようにコメントされています。

当初、規制当局は私たちに協力を促していたため、持続的に前進していくことができると思われていましたが、ここ数週間から数ヶ月の出来事とその後の規制当局の行動の変化は、その逆を指し示しています。規制当局は互いに協調することを望まず、執拗に互いに矛盾する立場を取り続けており、効率的な運用や顧客が望む価値創造ができない環境を作り出しています。

今月1日には消費者金融保護局(CFPB)が「Nexoの利回り商品を調査する管轄権がある」と発表していましたが、この商品については米証券取引委員会(SEC)や複数の州の規制当局が管轄権を主張していたため、Nexoは今回の発表の中でそのような複数の規制当局が監督権限を主張していることも指摘しており、『当社が数ヶ月にわたって協力してきた各州の証券規制当局の多くが、事前通知なしに当社に対して訴訟を起こし、我々を不意打ちした』と批判しています。

米国市場でのサービス終了について

今回の米国市場撤退によって、現地時間2022年12月6日以降は「インディアナ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、ウィスコンシン州、カリフォルニア州、ワシントン州」という8つの州の既存ユーザーが同社の利回り商品を利用できなくなるとのことです。

ただし、これらの変更は8つの州に住むユーザーの利回り商品のみに影響するものだとされており、当面の間は同地域で利用可能な他のすべてのNexo関連製品へのアクセスが可能、出金処理もリアルタイムで続けられ、ユーザーはこれまで通り自分の資産にアクセスできるとも説明されています。

Nexoは公式発表の最後に『我々はブロックチェーンが革新的な技術であり、その重要性を認識することは2000年代初頭にインターネットの価値を認識することに似ていると強く信じている。これは経済的・地政学的に計り知れない重要性を持っている』とも述べており、『私たちはデジタル化が急速に進む世界でブロックチェーン技術の重要性を理解している法域向けの製品とサービスの開発に時間と労力を費やす』とコメントしています。

>>「Nexo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:全員キャッシュバック「冬のボーナスで暗号資産デビューキャンペーン」開始

GMOコイン:全員キャッシュバック「冬のボーナスで暗号資産デビューキャンペーン」開始

金融庁:国内暗号資産交換業者に「資産凍結アドレスへの送金停止」などを要請

金融庁:国内暗号資産交換業者に「資産凍結アドレスへの送金停止」などを要請

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

タイムチケット:暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」公開

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

【Chiliz】Socios公式アンバサダーに「トルコのバスケットボールスター選手」が就任

【Chiliz】Socios公式アンバサダーに「トルコのバスケットボールスター選手」が就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す