カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

by BITTIMES   

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の創設者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、2022年11月28日に開催されたFinancial Timesの「Crypto and Digital Assets Summit」で講演した際に、『FTXの経営破綻は分散化や準備金証明の絶対的な必要性を示すものだ』と語ったと報じられています。

こちらから読む:Coinbase Wallet、iOSアプリでNFT送信不可に「暗号資産」関連ニュース

一連の失敗は「企業からプロトコルへシフトする原動力」

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2022年11月28日に開催されたFinancial Timesの「Crypto and Digital Assets Summit」で講演した際に『FTXの経営破綻は分散化や準備金証明の絶対的な必要性を示すものだ』と語ったと報じられています。

2022年の仮想通貨市場では「Terra(LUNA)の崩壊」と「FTXグループの崩壊」という大規模な2つのクラッシュが発生しましたが、ホスキンソン氏は『そのような失敗はプロトコルの失敗ではなく、DeFiの失敗でもない』とコメントし、『それらは信頼の失敗であり、規制の失敗であり、人々の失敗である』と語ったと伝えられています。

仮想通貨業界では、FTXの破綻で一部ユーザーが預けていた資産を引き出せなくなっていることなどを受けて、自分自身で暗号資産を管理できる「自己管理型ウォレット」や、そのようなウォレットを接続して資産を自己管理しながら暗号資産を売買できる「分散型取引所(DEX)」などへの関心が高まっていますが、ホスキンソン氏は『暗号資産業界や伝統的な金融業界の両方における信頼面での失敗が"企業や人からプロトコルへとシフトする原動力"になっている』と語っています。

人々は中央集権的な仕組みを好む傾向にあります。なぜなら一貫性が得られ、効率と最適化がもたらされるからです。しかし、人は間違いを犯すことがありますし、腐敗することもあるため、ある時点で必ずその結果に悩まされることになります。FTXの時も、LUNAの時もそうでした。

真の分散型構造はリーダーなしで機能する

ホスキンソン氏は『真の分散型構造はリーダーがいなくても機能する』との考えを示しており、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)がそうであるのと同様に、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)も創設者であるホスキンソン氏を超えて成長を続けているということを説明しています。

ホスキンソン氏はカルダノ(Cardano/ADA)について『カルダノは創設者を追い越した』とも語ったとのことで、『私がパーティを始めたが、本当に良いパーティは主催者を超えて生き続ける』とも語ったと報じられています。

同氏はこのことを示す具体的な統計データとして『300万人以上の人がいて、1,200のプロジェクトが構築され、100以上のプロジェクトが立ち上げられ、60億もの資産が発行されたが、それらの活動の大部分は私とは何の関係もない』と説明しています。

なお、Cardano開発企業としても知られる「Input Output」はエディンバラ大学との提携の一環として「プロトコルのコア組織への依存度・通貨の分布・コンセンサスの分散化の度合いなどの指標を作成する研究室」を立ち上げたとのことで、『これらは全て客観的な指標である』とも説明されています。

「仮想通貨プロジェクトの詳細」や「暗号資産取引所の準備金証明」などでは"第三者機関による評価"が非常に重要となるため、最近ではプルーフ・オブ・リザーブ(PoR)による準備金証明システムを導入したBINANCEも、PoR監査の一環としてドナルド・トランプ氏の会社からも仕事を受けていた監査法人「Mazars」と連携したことを発表しています。

(参考:Decrypt

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア政府・中央銀行:暗号資産を「通貨の類似品」として定義することで合意=報道

ロシア政府・中央銀行:暗号資産を「通貨の類似品」として定義することで合意=報道

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

AI活用の暗号資産自動売買サービス「QUOREA(クオレア)」とは?特徴・メリットなどを解説

AI活用の暗号資産自動売買サービス「QUOREA(クオレア)」とは?特徴・メリットなどを解説

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す