UST・LUNA市場操作の疑いで「FTX創業者」を捜査|Do Kwon氏もコメント

by BITTIMES   

経営破綻した暗号資産取引所FTXの創業者であるサム・バンクマンフリード氏が今年5月に崩壊した仮想通貨「LUNA(現:LUNC)」と「UST(現:USTC)」の価格暴落につながるような取引を画策していたかどうかについて、米連邦検察当局が捜査していることが「The New York Times」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:OasysのOAS、5つの取引所に上場「暗号資産」関連ニュース

関連会社の利益のためにUST・LUNA価格を操作?

ニューヨーク南部地区マンハッタンの検察当局は、経営破綻した暗号資産取引所FTXの創業者であるサム・バンクマンフリード氏が今年5月に崩壊した仮想通貨「LUNA(現:LUNC)」と「UST(現:USTC)」の価格暴落につながるような取引を画策していたかどうかについて捜査していると報じられています。

「The New York Times」が"事情に詳しい関係者2人の話"として報じた内容によると、マンハッタンの検察当局はバンクマンフリード氏が「FTX」や「Alameda Research」など、同氏が支配する事業体に利益をもたらすようにUST・LUNAの価格を操作した可能性について捜査を進めているとされています。

この捜査はまだ初期段階であるとのことで、「検察がバンクマンフリード氏の不正行為を断定したのか」「いつからUST・LUNAの取引に目を向け始めたのか」などについては不明とされており、これは「FTXの崩壊」や「数十億ドルの顧客資金横領可能性」に関連する広範な調査の一部であると説明されています。

なお、バンクマンフリード氏はThe New York Timesに対して『いかなる市場操作も認識していない。市場操作を意図したことがないのは確かだ』と語ったとのことで、『私の知る限り、すべての取引は投資またはヘッジのためのものものだった』ともコメントしたと報じられています。

マンハッタン検察当局の担当者は「The New York Times」の取材に対してコメントを控えたとのことで、FTXの担当者にもコメントを求めたものの、報道時点では返答が得られていないと報じられています。

Terra共同創業者のDo Kwon氏も報道にコメント

今回の報道については、Terraの共同創業者であるDo Kwon(ドゥ・クウォン)氏もTwitter上で以下のようにコメントしており、UST暴落時に行われた一連の取引の疑惑について指摘、UST・LUNA暴落にバンクマンフリード氏や関連会社が関与している可能性を示唆しています。

私は「Genesis Tradingが暴落直前に10億USTをサム・バンクマンフリード氏またはAlamedaに提供したかどうか」を明らかにする時が来たと思います。LFG(Luna Foundation Guard)からの購入は「Terra DeFiエコシステムへの参加についての関心」によるものだと表現されました。ペグ攻撃のための弾薬を提供するためではありません。

もう一つの疑惑。AlamedaはUSTがデペグした日にVoyagerから9桁のビットコインを借り入れ、他の大企業にもさらに10桁を借りるように依頼しました。これが何に使用されたかは公にされる必要があります。(BTCをショートして、LFGの準備金を不利な状況にさせることが目的?)

これは現時点ではかなり一般的に知られている事実ですが、2021年2月にUSTが経験した大規模な通貨の圧縮は、AlamedaがMIM危機の際にCurveプールを枯渇させるために5億USTを数分で売却したことから始まりました。

闇で行われたことはやがて明るみに出ます。

>>「The New York Times」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オープンハウスグループ:Lightning Networkコミュニティ「Diamond Hands」の活動サポート

オープンハウスグループ:Lightning Networkコミュニティ「Diamond Hands」の活動サポート

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す