Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は個人投資家が一度に1つではなく、まとまった資産に投資することを可能にする投資オプションである暗号通貨ベースの為替トレーディングファンド(Exchange Traded Fund/ETF)を開始しています。

Exchange Traded Fund(ETF)を開始

先月フォビが発表した「Huobi10(HB10)」の詳細を今回明らかにしています。
Huobi10は流動性の高い仮想通貨トップ10を市場の変動に応じて最適な銘柄で構成するオプションで、現在数量限定で公開されています。

貿易業者はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)やHuobi独自の仮想通貨であるHuobi Token(HT)のみを購入することができ、現金通貨による投資は認められていません。HB10は限定公開期間の後にテザーとの取引で取引可能となっています。

Huobiは、投資額に基づいてサブスクリプション料金を請求します。
100〜500,000USDTを投資する人は0.10%、
50万〜100万USDTは0.05%、
100万USDTを超える機関投資家に対しては無償で支払うこととなっており、最大投資額は1,000万USDTとなっています。

このファンドは、Huobiの仮想通貨同士の取引が可能なプラットフォームであるHuobi.Pro上でのみ取引可能となっており、取引所の通常の制限の対象となります。

ブラジルへの事業拡大も

またHuobiは、ブラジルにも事務所を開設したと報じられています。

Huobiはこの件についてまだ正式な声明を発表していませんが、2018年5月29日の『Portal do Bitcoin』の報道によると、Huobiはすでにサンパウロの共同作業スペースにオフィスを開設しているとのことです。

同社の担当者は、サンパウロで開催された仮想通貨の会議である『VI Bitconf』の中で名刺を配布していたとのことで、LinkedInを介して現地スタッフを雇用し、チーフコンプライアンスオフィサーやデジタルマーケットマネージャーなどの職員を募集していると報じられています。

世界各国に拠点を設立しているHuobi

2013年に北京に設立されたHuobiは、2017年9月に中国の仮想通貨取引が全面的に禁止される前までは中国最大の仮想通貨取引所の1つでした。

仮想通貨の規制が強化された後のHuobiは、事業を完全に閉鎖するのではなくシンガポール、韓国などにオフィスを設立しています。

数週間前にはカナダのトロントでもオフィスを開設する計画を発表しており、今年初めには米国での規制の不確実性にもかかわらず、サンフランシスコの支店を開設しています。

Huobiは仮想通貨革新のリーダーを目指す

また同社は日本への進出にも挑戦しており、2017年12月にSBIホールディングスと日本で取引プラットフォームを立ち上げることを発表しました。しかし2018年3月頃に日本の金融庁などが仮想通貨取引所への監視を強化したことなどによって、この計画は廃止されています。

Huobiが新しく事業拡大を計画しているブラジルには、南米人口のおよそ半分となる2億1,000万人が住んでいるため、Huobiの巨大市場の一つとなります。

現在ブラジルで最大の仮想通貨取引所には、Foxbit、BitcoinTrade、Mercado Bitcoinなどがあり、いずれもHuobiに比べて比較的少量の仮想通貨が取引されています。

ブラジルでのサービス開始によって、今後もさらにHuobiは成長していくこととなるでしょう。

世界中で急速に拠点を拡大している仮想通貨取引所Huobi.proはこちらのページから登録することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

Huobi.proの登録方法や利用までの手順はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン保有の著名CEO「現在も強気姿勢を維持」イーロン・マスク氏も売る予定なし

ビットコイン保有の著名CEO「現在も強気姿勢を維持」イーロン・マスク氏も売る予定なし

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す