Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は個人投資家が一度に1つではなく、まとまった資産に投資することを可能にする投資オプションである暗号通貨ベースの為替トレーディングファンド(Exchange Traded Fund/ETF)を開始しています。

Exchange Traded Fund(ETF)を開始

先月フォビが発表した「Huobi10(HB10)」の詳細を今回明らかにしています。
Huobi10は流動性の高い仮想通貨トップ10を市場の変動に応じて最適な銘柄で構成するオプションで、現在数量限定で公開されています。

貿易業者はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)やHuobi独自の仮想通貨であるHuobi Token(HT)のみを購入することができ、現金通貨による投資は認められていません。HB10は限定公開期間の後にテザーとの取引で取引可能となっています。

Huobiは、投資額に基づいてサブスクリプション料金を請求します。
100〜500,000USDTを投資する人は0.10%、
50万〜100万USDTは0.05%、
100万USDTを超える機関投資家に対しては無償で支払うこととなっており、最大投資額は1,000万USDTとなっています。

このファンドは、Huobiの仮想通貨同士の取引が可能なプラットフォームであるHuobi.Pro上でのみ取引可能となっており、取引所の通常の制限の対象となります。

ブラジルへの事業拡大も

またHuobiは、ブラジルにも事務所を開設したと報じられています。

Huobiはこの件についてまだ正式な声明を発表していませんが、2018年5月29日の『Portal do Bitcoin』の報道によると、Huobiはすでにサンパウロの共同作業スペースにオフィスを開設しているとのことです。

同社の担当者は、サンパウロで開催された仮想通貨の会議である『VI Bitconf』の中で名刺を配布していたとのことで、LinkedInを介して現地スタッフを雇用し、チーフコンプライアンスオフィサーやデジタルマーケットマネージャーなどの職員を募集していると報じられています。

世界各国に拠点を設立しているHuobi

2013年に北京に設立されたHuobiは、2017年9月に中国の仮想通貨取引が全面的に禁止される前までは中国最大の仮想通貨取引所の1つでした。

仮想通貨の規制が強化された後のHuobiは、事業を完全に閉鎖するのではなくシンガポール、韓国などにオフィスを設立しています。

数週間前にはカナダのトロントでもオフィスを開設する計画を発表しており、今年初めには米国での規制の不確実性にもかかわらず、サンフランシスコの支店を開設しています。

Huobiは仮想通貨革新のリーダーを目指す

また同社は日本への進出にも挑戦しており、2017年12月にSBIホールディングスと日本で取引プラットフォームを立ち上げることを発表しました。しかし2018年3月頃に日本の金融庁などが仮想通貨取引所への監視を強化したことなどによって、この計画は廃止されています。

Huobiが新しく事業拡大を計画しているブラジルには、南米人口のおよそ半分となる2億1,000万人が住んでいるため、Huobiの巨大市場の一つとなります。

現在ブラジルで最大の仮想通貨取引所には、Foxbit、BitcoinTrade、Mercado Bitcoinなどがあり、いずれもHuobiに比べて比較的少量の仮想通貨が取引されています。

ブラジルでのサービス開始によって、今後もさらにHuobiは成長していくこととなるでしょう。

世界中で急速に拠点を拡大している仮想通貨取引所Huobi.proはこちらのページから登録することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

Huobi.proの登録方法や利用までの手順はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

ブロックチェーンは汚職を防止し、建設業界に「信頼」をもたらす:オートデスクCEO

ブロックチェーンは汚職を防止し、建設業界に「信頼」をもたらす:オートデスクCEO

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

革新的なビットコイン決済を取り入れたラスベガスのクラブとは

革新的なビットコイン決済を取り入れたラスベガスのクラブとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

仮想通貨の価格上昇で「金の需要」が増加する|新興国投資のベテラン Mark Mobius

仮想通貨の価格上昇で「金の需要」が増加する|新興国投資のベテラン Mark Mobius

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す