仮想通貨・ブロックチェーンのおすすめ書籍「初心者・中級者向けの人気本」を紹介

by BITTIMES   

ビットコインなどの仮想通貨やブロックチェーンについて学べるおすすめの書籍をご紹介します。

暗号資産について勉強する際に読んでおきたい初心者向けの本から、中級者の方でも楽しめる興味深い内容の書籍まで、レビューや口コミでも評価の高い人気書籍をまとめました。

各書籍のAmazon販売ページにアクセスすれば、それぞれの本の内容を試し読みすることもできます。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

できるビットコイン入門

できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本(著:ビットバンク株式会社・できるシリーズ編集部)できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本(著:ビットバンク株式会社・できるシリーズ編集部)

『できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本』は、ビットコインや仮想通貨の成り立ち・仕組み・使い方までを画像付きでわかりやすくまとめた入門書。

本書の著者であるビットバンク株式会社は日本で高い評価を獲得している人気の暗号資産取引所「bitbank」を展開している会社で、仮想通貨関連の最新技術を活用した実証実験などにも積極的に取り組んでいる。

仮想通貨関連の書籍には難しい専門用語が頻繁に登場するが、本書では各ページに「関連用語のページ数」も記載されていて、要点をまとめたヒントも記載されているため、初心者にもわかりやすい、長期的に読める一冊となっている。

さらに本書では「実際にビットバンクで仮想通貨を売買する方法」や「店頭で仮想通貨決済を行う方法」なども画像付きで解説されている。ビットバンクはメインの取引所としても利用できる魅力的な取引所であるため、"実際に仮想通貨投資を始めるための入門書"としてもおすすめできる一冊だ。

Amazon販売価格¥0〜¥1,980
出版社インプレス
著者ビットバンク株式会社

できるシリーズ編集部
発売日2017年12月18日
ページ数192ページ

マスタリング・ビットコイン

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術(著:アンドレアス・M・アントノプロス、翻訳:今井 崇也 & 鳩貝 淳一郎)ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術(著:アンドレアス・M・アントノプロス、翻訳:今井 崇也 & 鳩貝 淳一郎)

『Mastering Bitcoin』は、ビットコイン関連技術書の決定版と言われている世界的に有名なビットコイン解説本。ビットコインに関する基礎知識から専門的な内容まで詳しく解説されている。

この書籍の日本語翻訳版にあたるのが『ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術』、その簡略版となる『コンサイス版ビットコインとブロックチェーン』も出版されている。

本書は主にプログラマ向けに書かれたものではあるが、最初の複数の章では「BTCの基礎知識・歴史・仕組み・ブロックチェーン・マイニング・鍵・アドレス・ウォレット」などについて簡潔な説明がなされているため、非プログラマの入門書としても最適なものとなっている。

『コンサイス版ビットコインとブロックチェーン』は本書の最も基本的な部分を抽出して再編集し、簡単な文章と図表で基本概念をわかりやすく解説したものであるため、プログラマではない人でも理解しやすい万人向けの書籍となっている。

Amazon販売価格¥3,056〜¥4,070
出版社NTT出版
著者アンドレアス・M・アントノプロス
翻訳今井 崇也

鳩貝 淳一郎
発売日2016年7月14日
ページ数320ページ

ブロックチェーン・レボリューション

ブロックチェーン・レボリューション ― ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか(著:ドン・タプスコット & アレックス・タプスコット、翻訳:高橋 璃子)ブロックチェーン・レボリューション ― ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか(著:ドン・タプスコット & アレックス・タプスコット、翻訳:高橋 璃子)

『ブロックチェーン・レボリューション ― ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』は、2016年5月の発売後に全米でベストセラーになった『Blockchain Revolution』の邦訳版。

Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏や、Netscape開発者・Facebook取締役であるマーク・アンドリーセン氏、MITメディアラボ所長である伊藤穰一氏など多数の著名人が称賛するブロックチェーンの解析本。

ブロックチェーンの基本的な知識やその可能性について分かりやすく説明すると共に「ブロックチェーンは世界や金融をどう変えるのか」や「様々な分野にもたらされる影響・ブロックチェーンの課題」などについても詳しく解説されている。

ビットコインや暗号資産などを支える"ブロックチェーン技術"の魅力や可能性について、より詳しく知りたい方におすすめの一冊。

Amazon販売価格¥1,500〜¥2,138
出版社ダイヤモンド社
著者ドン・タプスコット

アレックス・タプスコット
翻訳高橋 璃子
発売日2016年12月2日
ページ数424ページ

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

お金2.0 新しい経済のルールと生き方(著:佐藤 航陽)お金2.0 新しい経済のルールと生き方(著:佐藤 航陽)

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』は、株式会社メタップスの創業者として知られる佐藤 航陽氏が執筆したベストセラー作品。

仮想通貨関連の内容も交えながら「お金や経済の仕組み」や「新しい経済のカタチ」などについて分かりやすい言葉で解説されている長期的に人気の一冊。

分散型社会・シェアリングエコノミー・トークンエコノミー・評価経済・資本主義・価値主義などといった、より広い範囲の内容を記した一冊となっており、読者からも高い評価を獲得している。

佐藤 航陽氏は現在AIやメタバース関連の取り組みも進めており、2022年3月には『世界2.0 メタバースの歩き方と創り方』も出版されている。

Amazon販売価格¥1,000〜¥1,500
出版社幻冬舎
著者佐藤 航陽
発売日2017年11月30日
ページ数263ページ

信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来

信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来(著:斉藤 賢爾)信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来(著:斉藤 賢爾)

『信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来』は、ブロックチェーン・人工知能・IoTなどといった様々な最先端技術が普及した"2048年の世界"にタイムスリップした主人公の話から始まる興味深い内容の一冊。

この世界では貨幣経済自体が衰退しているため、銀行・ATM・お金・レジ・広告などが存在しないが、ブロックチェーンのような技術は人々が気にしない場面で活用されている。

本書では、現代社会でも一部で導入されている最先端技術の説明なども交えながら「状況が大きく変化した近未来の世界」が描かれており、そのようなSFに合わせる形で説明や指摘がなされているため、仮想通貨関連の技術に詳しい人でも楽しめる作品となっている。

Amazon販売ページでは、2048年の世界にタイムスリップした場面を含むプロローグなどを無料で試し読みすることができる。

Amazon販売価格¥0〜¥1,980
出版社インプレスR&D
著者斉藤 賢爾
発売日2017年12月27日
ページ数232ページ

>>その他の特集・まとめ記事はこちら

BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

FAME MMA「Everdomeのメタバース土地」を取得|アリーナでイベント開催へ

FAME MMA「Everdomeのメタバース土地」を取得|アリーナでイベント開催へ

BINANCE:AI生成アートNFTを発行できる「Bixel」提供開始

BINANCE:AI生成アートNFTを発行できる「Bixel」提供開始

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

イーサリアム共同創設者「投資に関する4つのアドバイス」を投稿

イーサリアム共同創設者「投資に関する4つのアドバイス」を投稿

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す