FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

by BITTIMES

合計34億ドル相当の暗号資産を保有

破綻した暗号資産取引所FTXが「SOL・BTC・ETH・APT・USDT・XRP・BIT・STG・WBTC・WETH」などの暗号資産を保有していることが明らかになりました。

2023年9月11日に裁判所に提出された資料によると、FTXは8月31日時点の価格換算で34億ドル(約5,000億円)相当の暗号資産を保有しているとのことで、11月11日時点で保有していた11億ドルに加えて15億ドルの現金を確保しているとも報告されています。

FTXが保有している流動的な暗号資産のTOP10としては以下の10銘柄があげられていますが、これ以外にも「SRM・MAPS・OXY」などを含めた1,300種類以上の暗号資産を保有していて、知名度や流動性が低いトークンも保有していると報告されています。

暗号資産価値
SOL11億6,200万ドル
BTC5億6,000万ドル
ETH1億9,200万ドル
APT1億3,700万ドル
USDT1億2,000万ドル
XRP1億1,900万ドル
BIT4,900万ドル
STG4,600万ドル
WBTC4,100万ドル
WETH3,700万ドル

(画像:FTX)(画像:FTX)

なお、FTXは暗号資産に加えて「現金・ブローカー投資・ベンチャーポートフォリオ・不動産」などの資産も保有しており、保有資産の合計は約70億ドル(約1兆275億円)を超えると伝えられています。

売り圧への懸念で仮想通貨は一時下落

FTXの保有資産が明らかになったことによって、売り圧への懸念からBTCを含む様々な暗号資産の価格が急落しましたが、その後12日には多くの銘柄で反発が見られており、BTC価格も急落前の価格である26,000ドル(約380万円)付近まで回復しています。

BTC価格は25,000ドルまで急落した後に回復(画像:TradingView)BTC価格は25,000ドルまで急落した後に回復(画像:TradingView)

保有量が最も多いソラナ(SOL)は売り圧の面で特に大きな懸念が寄せられていますが、「このSOLの中には2027年まで売却できないロックアップ分のSOLが大量に含まれているため、実際に売却できるのは約5億ドル程度にとどまる」との指摘もなされています。

ただし、流動性が乏しい暗号資産に関しては「FTXの保有分が売却されることによってほぼ無価値になる可能性がある」との意見も出ています。

なお、FTXの資産清算に関する裁判所の承認判断は2023年9月13日に下される見込みとなっていますが、承認されたとしてもその後すぐに資産が売却されるということではないため、実際に資産が売却されるのはもうしばらく先になる可能性があるとも予想されています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

注目度の高い仮想通貨ニュース

三菱UFJ信託銀行「国産ステーブルコイン」発行に向けた共同検討開始|2024年に発行予定

三菱UFJ信託銀行「国産ステーブルコイン」発行に向けた共同検討開始|2024年に発行予定

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Zodia Custody × OpenEden:機関投資家向けに「ステーキングサービス」提供へ

Zodia Custody × OpenEden:機関投資家向けに「ステーキングサービス」提供へ

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

PEPE「Telegramアカウント乗っ取り」の報告|チーム分裂の主張も

PEPE「Telegramアカウント乗っ取り」の報告|チーム分裂の主張も

Shiba Inu「BONEのコントラクト放棄」に関する詳細を発表|詐欺に関する注意喚起も

Shiba Inu「BONEのコントラクト放棄」に関する詳細を発表|詐欺に関する注意喚起も

ビットポイント:ビットコインが貰える「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:ビットコインが貰える「口座開設キャンペーン」開始

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年9月17日〜23日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

人気のタグから探す