FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

by BITTIMES

合計34億ドル相当の暗号資産を保有

破綻した暗号資産取引所FTXが「SOL・BTC・ETH・APT・USDT・XRP・BIT・STG・WBTC・WETH」などの暗号資産を保有していることが明らかになりました。

2023年9月11日に裁判所に提出された資料によると、FTXは8月31日時点の価格換算で34億ドル(約5,000億円)相当の暗号資産を保有しているとのことで、11月11日時点で保有していた11億ドルに加えて15億ドルの現金を確保しているとも報告されています。

FTXが保有している流動的な暗号資産のTOP10としては以下の10銘柄があげられていますが、これ以外にも「SRM・MAPS・OXY」などを含めた1,300種類以上の暗号資産を保有していて、知名度や流動性が低いトークンも保有していると報告されています。

暗号資産価値
SOL11億6,200万ドル
BTC5億6,000万ドル
ETH1億9,200万ドル
APT1億3,700万ドル
USDT1億2,000万ドル
XRP1億1,900万ドル
BIT4,900万ドル
STG4,600万ドル
WBTC4,100万ドル
WETH3,700万ドル

(画像:FTX)(画像:FTX)

なお、FTXは暗号資産に加えて「現金・ブローカー投資・ベンチャーポートフォリオ・不動産」などの資産も保有しており、保有資産の合計は約70億ドル(約1兆275億円)を超えると伝えられています。

売り圧への懸念で仮想通貨は一時下落

FTXの保有資産が明らかになったことによって、売り圧への懸念からBTCを含む様々な暗号資産の価格が急落しましたが、その後12日には多くの銘柄で反発が見られており、BTC価格も急落前の価格である26,000ドル(約380万円)付近まで回復しています。

BTC価格は25,000ドルまで急落した後に回復(画像:TradingView)BTC価格は25,000ドルまで急落した後に回復(画像:TradingView)

保有量が最も多いソラナ(SOL)は売り圧の面で特に大きな懸念が寄せられていますが、「このSOLの中には2027年まで売却できないロックアップ分のSOLが大量に含まれているため、実際に売却できるのは約5億ドル程度にとどまる」との指摘もなされています。

ただし、流動性が乏しい暗号資産に関しては「FTXの保有分が売却されることによってほぼ無価値になる可能性がある」との意見も出ています。

なお、FTXの資産清算に関する裁判所の承認判断は2023年9月13日に下される見込みとなっていますが、承認されたとしてもその後すぐに資産が売却されるということではないため、実際に資産が売却されるのはもうしばらく先になる可能性があるとも予想されています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

Google Cloud:大手暗号資産取引所「Coinbase」と提携|複数のサービス連携を予定

Google Cloud:大手暗号資産取引所「Coinbase」と提携|複数のサービス連携を予定

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

The Sandbox「実験解放区」の近隣LAND、期間限定で販売へ:Coincheck NFT

The Sandbox「実験解放区」の近隣LAND、期間限定で販売へ:Coincheck NFT

注目度の高い仮想通貨ニュース

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す