ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

NEAR Protocol(NEAR)とは?

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)のロゴ画像

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは、開発者とユーザーの使いやすさに焦点を当てた高速処理が可能で手数料も安いレイヤー1ブロックチェーンです。独自トークンであるNEARは、ステーキング報酬やブロックチェーンの取引手数料として使用されます。

NEAR Protocolは、契約を自動執行できるスマートコントラクトの機能を備えているため、分散型アプリケーション(DApps)の構築に利用することが可能で、高速かつ低コストな取引環境を実現していることから、イーサリアムの代用となる代表的なブロックチェーンの1つとしても知られています。

このブロックチェーンは開発者とユーザーの両方が利用しやすいように設計されているため、「暗号化されたウォレットアドレス」に加えて「人間が判別できるアカウント名」や「ウォレットを必要とせずにDAppsやスマートコントラクトを操作できる機能」などが組み込まれています。

また「Rust」や「AssemblyScript」などといった比較的広く利用されているプログラミング言語で開発が行えるようになっているため、開発者も技術活用しやすいブロックチェーンとなっています。

なお、NEAR Protocolの技術は既に様々なサービスやアプリケーションが活用されていて、歩いて稼ぐ「Move-to-Earn」を採用した代表的なアプリ「Sweatcoin(スウェットコイン)」でもNEARの技術が活用されています。

NEAR Protocol(NEAR)の特徴

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

高性能なレイヤー1ブロックチェーン

ブロックチェーンには、ビットコインイーサリアムのような第1層目の基盤チェーンとなる「レイヤー1ブロックチェーン」と、レイヤー1チェーンをベースにしてそのチェーンの機能や性能を拡張する「レイヤー2ブロックチェーン」などがありますが、NEAR Protocolは"レイヤー1ブロックチェーン"に該当します。

BitcoinやEthereumなどのレイヤー1チェーンはトランザクション(取引)手数料が高額で、送金にも時間がかかる場合がありますが、NEARはそのような問題を解決した「高性能なレイヤー1ブロックチェーン」となっています。

1秒間に処理できるトランザクションの件数(TPS)は、ビットコインが7件程度、イーサリアムは15件程度とされていますが、NEARは1秒間に最大100,000件のトランザクションを処理できるとされています。

世界中のユーザーに利用される広く利用される分散型アプリケーションが登場した場合には、その基盤となるブロックチェーンに大量の取引を処理できる能力が求められますが、NEARは大規模な取引も耐えられる性能を有していると考えられます。

トランザクション手数料が安い

ブロックチェーン上で取引を行う場合には取引の際にトランザクション手数料がかかるのが一般的で、ビットコインやイーサリアムなどでは1回の送金で数千円の手数料がかかる場合があります。

しかし、NEARは開発者やユーザーが手軽にブロックチェーンを利用できるようにするために、トランザクション手数料を最小限に抑えています。

NEARのトランザクション手数料は一般的に「0.01 NEAR〜数NEAR程度」と言われています。これはわずか数円の手数料で送金できることを意味するため、NEARのトランザクション手数料が非常に安いことがわかります。

相互運用性が高い

NEARプロトコルでは、他のブロックチェーンとの相互運用性を確保するために、クロスチェーンソリューションである「Aurora」や「Octopus Network」といった「ブリッジ」として知られるプロトコルが積極的に開発されています。

これにより「ビットコイン・イーサリアム・ポルカドットコスモス」など様々なブロックチェーンとの間で資産やデータの受け渡しが可能となっています。

わかりやすいアカウントIDを作成可能

NEARを使用するユーザーは「2~64個の英数字記号」と「.near」というトップレベルドメイン拡張子で構成される覚えやすいアカウントIDを作成することができます(例:username.near)。

仮想通貨ウォレットアドレスは「0x0000000000000000000000000000000000000000」といった複雑な英数字の文字列で生成されるため、覚えるのが非常に困難で、ご送金や送金ミスを狙った詐欺などの問題にも発展しています。

しかし、NEARでは「myname.near」といったわかりやすい文字列のアカウントIDを作成して使用できるため、現在主流のメールアドレスのように簡単に利用することが可能となっています。

アドレスを簡素化するサービスは他にも

独自のシャーディング設計:Nightshade

NEAR Protocolの技術的な特徴としては「Nightshade」と呼ばれる独自のシャーディング設計が挙げられます。

シャーディングとは、分散型データベースやブロックチェーンで大量のデータや処理を効率的に管理するための手法であり、データベースやネットワークの性能向上を図るために使用されます。

具体的には、データや処理を複数の独立したシャード(部分集合)に分割する仕組みで、各シャードは独立して独自のデータや処理を担当します。このように分割することによって、システム全体の負荷を均等に分散させることが可能となります。

Nightshadeはシャーディングアプローチの1つであり、ネットワークを複数の小さなグループに分割することで、それぞれのシャードが並行してトランザクションを処理できるようにします。これによって、ネットワーク全体の性能が向上し、多くのトランザクションを効率的に処理することができます。

Thresholded Proof of Stake(TPoS)

NEAR Protocolは、コンセンサスメカニズム(取引承認・合意形成の仕組み)として「Thresholded Proof of Stake(TPoS)」と呼ばれる仕組みを導入しています。

Thresholded Proof of Stake(TPoS)は、第3世代のブロックチェーンで広く採用されている「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を応用したものであるため、NEAR保有者はステーキングに参加して報酬を得ることができます。

NEARトークンを保有している人々はブロック生成と承認を行う役割を担う「バリデータ」になることが可能で、バリデータはネットワーク運営に貢献したことに対する報酬としてNEARトークンを受け取ることができます。

また、バリデータにならない場合でも、バリデータのプールでNEARトークンをステークし、バリデータへの委任作業を行えば、ステーキング報酬の配分を得ることもできます。

なお、NEARを取り扱っている日本の暗号資産取引所「コイントレード」では、取引所内で簡単にNEARをステーキングできるサービスも提供されています。

NEAR Protocolの基本情報

名称ニアプロトコル(NEAR Protocol)
ティッカーシンボルNEAR
取引承認方法Thresholded Proof of Stake(TPoS)
メインネット公開時期2020年4月
発行上限1,000,000,000 NEAR

NEAR Protocolのコントラクト一覧

【BNB Smart Chain】
0x1fa4a73a3f0133f0025378af00236f3abdee5d63

NEARのリアルタイム価格・チャート

NEARを取扱う暗号資産取引所

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)が上場している暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年9月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
CoinTrade(コイントレード)

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
Kraken(クラーケン)
KuCoin(クーコイン)
OKX(オーケーエックス)
Gate.io(ゲート)
Bybit(バイビット)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー) など

NEAR対応ウォレット

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Ledger(レジャー)

ledgerの画像 Ledger関連製品の購入はこちら

NEAR Protocol(NEAR)関連リンク

NEAR公式サイト
NEAR公式X
NEAR公式Telegram
NEAR公式YouTube
NEAR公式Reddit
NEAR公式Discord
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Near Explorer)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

リップル裁判「米SECが控訴しても大きな影響はない」著名弁護士が説明

リップル裁判「米SECが控訴しても大きな影響はない」著名弁護士が説明

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

サッカークラブが仮想通貨による株式買収に合意|イタリア「リミニFC」

サッカークラブが仮想通貨による株式買収に合意|イタリア「リミニFC」

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE元CEOのチャンポン・ジャオ氏「UAEへの帰国許可」は保留に

BINANCE元CEOのチャンポン・ジャオ氏「UAEへの帰国許可」は保留に

BINANCEとの関係が噂されるHKVAEX「香港でのライセンス申請は準備段階」と説明

BINANCEとの関係が噂されるHKVAEX「香港でのライセンス申請は準備段階」と説明

仮想通貨のクラウドマイニングとは?TokenCoinの隠れた魅力を探る

仮想通貨のクラウドマイニングとは?TokenCoinの隠れた魅力を探る

リップル社:進化した国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表

リップル社:進化した国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表

ビットコイン価格予想「12月に90%の確率で4万ドル突破」Matrixportレポート

ビットコイン価格予想「12月に90%の確率で4万ドル突破」Matrixportレポート

ビットバンク:ETH・MATIC・SANDでマルチチェーン対応「過去預入分の回復処理」も

ビットバンク:ETH・MATIC・SANDでマルチチェーン対応「過去預入分の回復処理」も

経験活かして規制対応を強化|BINANCE新CEO、リチャード・テン氏が初のブログ投稿

経験活かして規制対応を強化|BINANCE新CEO、リチャード・テン氏が初のブログ投稿

OKCoinJapan:マスクネットワーク(MASK)取扱いへ【国内初】

OKCoinJapan:マスクネットワーク(MASK)取扱いへ【国内初】

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

メタマスク:仮想通貨盗難を防止する新機能「セキュリティアラート」を発表

メタマスク:仮想通貨盗難を防止する新機能「セキュリティアラート」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|生き残るための75/25戦略・メタマスクに新機能など

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|生き残るための75/25戦略・メタマスクに新機能など

ロバート・キヨサキ氏が語る「金持ち父さんの教え:その1」

ロバート・キヨサキ氏が語る「金持ち父さんの教え:その1」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す