暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

CoinTrade(コイントレード)とは

CoinTrade-Logo

CoinTrade(コイントレード)とは、東京都世田谷区に本社を構える「株式会社マーキュリー」が立ち上げた日本の暗号資産取引所(登録番号:関東財務局長 第00025号)です。2021年2月17日に暗号資産交換業者の登録を完了させたマーキュリーは、2021年3月15日に「CoinTrade」のサービスを開始しました。

コイントレードは「シンプルなトレードビュー、直感的なインターフェース、東証一部上場企業グループが提供する世界最高水準セキュリティを持つ安心で快適なトレード」を特徴としており、記事執筆時点では「仮想通貨18銘柄と日本円の取引ペア」を提供しています。

なお「株式会社マーキュリー」の親会社は大手暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」の持分法適用関連会社である「Ceres(セレス)」となっています。

取り扱う暗号資産

CoinTrade(コイントレード)が取り扱う暗号資産は、2024年3月時点で以下の18種類となっています。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
エックスアールピー(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
カルダノ・エイダコイン(ADA)
パレットトークン(PLT)
アイオーエスティー(IOST)
ポルカドット(DOT)
テゾス(XTZ)
へデラ(HBAR)
アバランチ(AVAX)
ポリゴン(MATIC)
ニアプロトコル(NEAR)
ソラナ(SOL)
ジパングコイン(ZPG)
・ジパングコインシルバー(ZPGAG)
・ジパングコインプラチナ(ZPGPT)

サービスの種類・概要

暗号資産現物取引サービス

暗号資産現物取引サービスは、CoinTradeが取り扱っている暗号資産を日本円との取引ペアで取引することができるサービスです。

一般的な暗号資産取引所では暗号資産を売買する際に「売買手数料」が発生しますが、コイントレードの暗号資産売買手数料は全て無料となっているため、取引手数料を気にすることなく暗号資産を売買することができます。

また、コイントレードではシンプルなデザインで設計されたiOS・Android向けアプリ「CoinTradeアプリ」が提供されているため、外出先などでも気軽に暗号資産を売買することができます。

ステーキングサービス「CoinTrade Stake」

CoinTradeStake(コイントレードステーク)は、アプリからの簡単申込みで誰でも手軽に暗号資産のステーキングに参加することができるサービスであり、ウォレットで保有する暗号資産の預け入れから報酬の受取まで全てを行うことが可能、特別な手続きは不要でCoinTradeアプリからプランを選択して申し込むだけで自動的に報酬を受け取ることができるようになっています。

ステーキング可能な暗号資産は2024年3月時点で以下の11銘柄となっており、年率も高めに設定、約10円相当の数量からステーキング申し込みを行うことが可能となっています。

  • イーサリアム(ETH)
  • カルダノ・エイダコイン(ADA)
  • パレットトークン(PLT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ポルカドット(DOT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポリゴン(MATIC)
  • ニアプロトコル(NEAR)
  • へデラ(HBAR)
  • アバランチ(AVAX)
  • ソラナ(SOL)

実際にステーキングを行いたい場合には、CoinTradeアプリから「CoinTrade Stake」を起動して、ステーキングする銘柄を選んで自分にあったプランを選択、運用期間とステーキング額を選択・入力するだけで申込を行うことができます。

申し込みが完了したら翌々営業日の19時からステーキングが開始されます。ステーキング報酬は定期的に受取可能で、受取手続きは不要、CoinTradeの口座残高に自動で反映される仕組みとなっています。

なお、コイントレードでは「ステーキング継続機能」も提供されているため、ステーキング画面の「運用中」タブから継続したい申し込みを選択して「ステーキングの継続を申し込む」というボタンを選択すれば、ロック期間を省略してステーキング運用を継続することができます。

各種手数料

売買手数料

取引ペア購入売却
BTC/JPY0円0円
XRP/JPY0円0円
ETH/JPY0円0円
LTC/JPY0円0円
BCH/JPY0円0円
ADA/JPY0円0円
PLT/JPY0円0円
IOST/JPY0円0円
DOT/JPY0円0円
XTZ/JPY0円0円
HBAR/JPY0円0円
AVAX/JPY0円0円
MATIC/JPY0円0円
NEAR/JPY0円0円
SOL/JPY0円0円
ZPG/JPY0円0円
ZPGAG/JPY0円0円
ZPGPT/JPY0円0円

入出金手数料

通貨名入金手数料出金手数料
日本円無料(*1)550円(*2)
BTC無料0.0005 BTC
XRP無料0.01 XRP
ETH無料0.005 ETH
LTC無料0.001 LTC
BCH無料0.004 BCH
PLT無料70 PLT
IOST無料1 IOST
ADA無料1 ADA
DOT無料0.1 DOT
XTZ無料0.1 XTZ
HBAR無料0.1 HBAR
AVAX無料0.01 AVAX
MATIC無料17 MATIC
NEAR無料1 NEAR
SOL無料0.01 SOL

(*1)銀行へ入金する際の振込手数料はユーザー負担となります。
(*2)登録銀行口座が誤っていた場合はユーザーの口座に日本円が返金されますが、組戻手数料が差し引かれます。

その他の手数料

口座開設費用無料
口座維持費用無料

CoinTrade(コイントレード)のメリット

merit

初心者でも利用しやすいシンプルなデザイン

CoinTrade(コイントレード)はiOS・Android向けアプリである「CoinTradeアプリ」や「PC版取引ツール」を通じて暗号資産取引所サービスを提供しています。このアプリは初心者にも分かりやすいシンプルで直感的なデザインで設計されているため『仮想通貨投資は初めて』という方でも気軽に利用することができると期待されます。

なお「CoinTradeアプリの使い方」については、コイントレード公式サイトでも画像付きで分かりやすく解説されています。
>>「CoinTradeアプリの使い方」はこちら

暗号資産売買手数料が無料

CoinTrade(コイントレード)は暗号資産売買手数料が全て無料となっているため、手数料を気にすることなく気軽に取引を行うことが可能です。

一部の暗号資産取引所では『取引数量の〜%を売買手数料として徴収する』といった仕組みが採用されているため、大量の暗号資産を売買する際には数万円規模の手数料が発生する場合がありますが、コイントレードではそのような心配がないため、同取引所の大きなメリットの1つであると言えます。

安心を提供する世界最高水準セキュリティ

CoinTrade(コイントレード)は、東証一部上場企業グループ「Ceres(セレス)」が提供する世界最高水準セキュリティを備えているため、快適な環境で安心して暗号資産をトレードすることができます。

Ceres(セレス)は日本の大手暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」の持分法適用関連会社でもあり、ビットバンクは『世界的にも高く評価される最高水準のセキュリティを備えていること・これまでにハッキング被害などを出したことがないこと・他の取引所と比較して取引所システムが安定していること』でも知られています。

CoinTrade(コイントレード)のデメリット

Demerit

取り扱う暗号資産の種類が少ない

CoinTrade(コイントレード)が取り扱っている暗号資産は記事執筆時点で18銘柄となっているため、その他国内取引所と比べると『取り扱う仮想通貨の種類がやや少ない』というのが現状です。

これらの暗号資産は世界的に知られている有名な暗号資産であるため、比較的安心して取引することができますが、『そのほかの色々な暗号資産を取引したい』という場合には別の暗号資産取引所を利用する必要があります。

>>「CoinTrade」の公式サイトはこちら
>>「CoinTrade」に関する最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「一瞬で22万ドルになる」と予想:マックス・カイザー

ビットコイン価格「一瞬で22万ドルになる」と予想:マックス・カイザー

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

コイントレード:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始

コイントレード:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始

ビットコイン価格「30,000ドル」に到達|考えられる上昇理由と今後注目の価格帯は?

ビットコイン価格「30,000ドル」に到達|考えられる上昇理由と今後注目の価格帯は?

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す