Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

by BITTIMES   

ブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)関連のサービスを提供している「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」の基本情報・特徴・メリット・使い方などを初心者向けに画像付きでわかりやすく解説します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Unstoppable Domainsとは?

Unstoppable-Domains

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)とは、現在のインターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した分散型ドメイン「ブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)」の構築を手がけているソフトウェア会社です。

同社はイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン上に構築された「.crypto」や、ジリカ(Zilliqa/ZIL)のブロックチェーン上に構築された「.zil」など、様々な種類のドメインを販売しています。

ブロックチェーンドメインを取得して自分の仮想通貨ウォレットアドレスを紐づけておけば『myname.crypto』などといった簡単な文字列で暗号資産を送受金することができるため、複雑な英数字の文字列を入力する必要があった従来の送金方法を簡素化することができます。

また、Unstoppable Domainsでは自分が取得したブロックチェーンドメインのウェブサイトを簡単に作成したり、プロフィールを作成したりすることができるサービスも提供しているため、Unstoppable Domainsで自分のブロックチェーンドメインを取得すると、公式サイト上でウォレット情報をまとめたり、自分のサイトを構築したりすることができるようになっています。

Unstoppable Domainsの特徴・メリット

仮想通貨の送受金を簡素化できる

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)の代表的な特徴・メリットの1つとしては「仮想通貨・暗号資産の送受金を簡素化することができる」という点が挙げられます。

通常、暗号資産を送金する際には「複雑な英数字の文字列で構成されたウォレットアドレス(0x83df37Ad7fF4353ac〜など)」を入力する必要があるため、"入力ミスによる誤送金"などの問題にもつながっていましたが、NFTドメインを取得して、そのドメインにウォレットアドレスを紐づけておけば「myname.crypto」や「myname.wallet」などといった簡単な文字列で仮想通貨を送金することができるようになります。

Unstoppable Domainsでは好きな文字列のブロックチェーンドメインを取得することができるため「bittimes.wallet」「yamadatarou.wallet」などといったわかりやすいドメインを取得しておけば、友達に送金を依頼する際にも簡単に送金先アドレスを伝えることが可能です。

ブロックチェーンドメイン宛てに暗号資産を送金するためには、送金で使用する仮想通貨取引所・ウォレットなどが「ブロックチェーンドメインへの送金」に対応している必要がありますが、Unstoppable Domainsのブロックチェーンドメインには「MyEtherWallet・Coinbase・OKEx・Blockchain.com・BRD・OpenSea」などといった様々な大手サービスが対応してきているため、今後はより多くの場面でブロックチェーンドメインが使用されていくことになると予想されます。

BTC・ETH・XRP・ADAなど豊富な仮想通貨に対応

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)は様々な仮想通貨のウォレットアドレスに対応しているため、BTC・ETH・XRP・ADA・ENJ・BAT・BNB・SAND・SHIBなどといった色々な暗号資産を「1つのブロックチェーンドメイン」で受け取ることができるようになります。

ブロックチェーンドメインを取得すると、公式サイト上の管理画面で仮想通貨ウォレットアドレスを登録することができるようになるため、この画面上で自分が使用したいウォレットアドレスを登録することによって、ウォレットアドレスの設定を行うことが可能です。

登録画面に表示されてる「+」ボタンをクリックすると、画面上には表示しきれていない他の暗号資産も追加することができ、検索機能を使用すれば目的の仮想通貨を簡単に見つけることができるため、簡単に仮想通貨の登録を行うことができます。

Unstoppable Domainsのウォレットアドレス追加画面Unstoppable Domainsのウォレットアドレス追加画面

様々な種類のドメインを取得可能

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)では、以下のような複数の種類のブロックチェーンドメインが販売されています。ドメインによって販売価格は異なるものの「.x」「.crypto」「.wallet」など色々な種類のドメインが存在するため、目的に応じて好きなドメインを取得することが可能です。

  • .zil
  • .crypto
  • .wallet
  • .bitcoin
  • .x
  • .888
  • .nft
  • .dao
  • .blockchain
  • .polygon
  • .eth

具体的にはこれらのドメインの頭につく文字列を自分で指定して「.」以下のドメインは上記の中から好きなものを選択する形となります。例えば「自分の仮想通貨受取用のドメイン」を取得したい場合は「自分のニックネームなどに".wallet"をつけたもの」などを取得すると、相手に送金先を伝える際にも便利であると考えられます。

好きな文字列で検索して「購入できるブロックチェーンドメイン」の確認が可能好きな文字列で検索して「購入できるブロックチェーンドメイン」の確認が可能

更新料不要なので1度の購入でずっと使える

「.com」「.jp」「.net」などといった従来のドメインを取得した際には、取得料・更新料・移管料などの費用がかかるため『1年に1回1,000円』など定期的に支払いが必要となっていましたが、Unstoppable Domainsでは一度ブロックチェーンドメインを購入するだけでずっとドメインを使用することができ、更新料がかかりません。

また、購入したブロックチェーンドメインは他のユーザーに販売することもできるため、『先に気になるブロックチェーンドメインを取得して、必要なくなった場合には他のユーザーに売却する』ということも可能です。

今後ユーザー数が増加すれば各種ブロックチェーンドメインの価格も高騰する可能性がありますが、記事執筆時点では多くのブロックチェーンドメインが"数百円〜数千円程度"と比較的安く販売されているため、手軽にドメインを取得できる点でも魅力的です。

ウェブサイト作成機能なども搭載

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)には「ウェブサイト作成機能」なども搭載されているため、自分のブロックチェーンドメインを取得すれば、公式サイト上でそのドメインのウェブサイトを作成することも可能です。

具体的には以下のような方法が提供されているため、これらの中から好きなものを選択して自分好みのウェブサイトを作成することができるようになっており、「テンプレートから簡単にウェブサイトを作成できる」だけでなく、「既存のウェブサイトのファイルをアップロードする方法」や「既存のウェブサイトをリンクさせて、サイトにリダイレクトさせる方法」なども提供されています。

【ウェブサイトの設定方法】

  • テンプレートを使用して数分でウェブサイトを作成する
  • WebサイトファイルをIPFSにアップロードする
  • カスタムウェブサイトを紐付けする

【テンプレートの種類】

  • 個人用:自分の伝えたいことを伝える
  • ドメイン販売用:ドメイン販売用ページを作成する
  • 近日公開:ウェブサイト準備中の時に使用する
  • ブログ:自分の分散型ブログを作成する

ウェブサイトの検閲回避に役立つ

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)で取得されたブロックチェーンドメインのウェブサイト情報は、ブロックチェーン技術を用いたP2PのストレージネットワークであるIPFS上で分散型管理されるため「ウェブサイト情報などの検閲回避に役立つ」という利点も備えています。

従来の一般的なドメインでウェブサイトを公開している場合には、政治的な理由や企業側の都合でウェブサイトが検閲され、場合によっては抹消される可能性がありましたが、IPFS上で分散型管理されるブロックチェーンドメインの情報は検閲・バンされる心配がなく『表現/報道の自由が保護される』と期待されています。

ただし「Unstoppable Domains」は『分散型ドメインは公開側からの検閲を回避するのには役立つが、検閲・監視・匿名化の問題に直面している管轄区域の閲覧者を助けることはほとんどできない』とも説明しています。

無料で使えるメッセージング機能

Unstoppable-Messaging

Unstoppable Domainsでは、取得したWeb3ドメインでメッセージを送ることができる無料のメッセージング機能「Unstoppable Messaging」も提供されています。

Unstoppable Messagingは、ブロックチェーンアドレスを使用してユーザー間で通信するインスタントメッセージングシステム「XMTP」を活用したメッセージ機能です。

この機能を利用すると、自分が所有しているWeb3ドメインを用いて「Coinbase Wallet」や「Lens」などを含む様々なXMTP対応プラットフォームとメッセージのやり取りを行うことができます。

Unstoppable Messagingの特徴としては以下のような点が挙げられます。

  • プライバシーとセキュリティの確保
  • ブロック機能や通知機能も搭載
  • 取引手数料なし
  • アプリ対応なので外出先でも利用可能
  • サポートチームとのチャットも可能
  • サポートチームとは日本語でもやり取り可能
  • 簡単に使うことができる

グループチャット・NFT保有者限定チャット機能

Unstoppable Domainsでは、複数のメンバーで会話を楽しめる「グループチャット機能」も提供されています。

グループチャット機能は「Push Protocol」との協力によって提供される機能で、バッジを利用したトークンゲートシステムを導入することによって、特定のバッジを保有しているメンバーのみがグループチャットに参加できる機能も提供されています。

バッジを用いたグループチャットを作成したい場合には、専用ページからNFTコレクションのURLを入力してスポンサーバッジを作成することができます。

このスポンサーバッジを作成すると、対象となるNFTを保有している人々が専用のグループチャットを楽しむことができるようになります。

Unstoppable Domainsの使い方

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)の基本的な使い方を以下にまとめます。より詳しい各種機能の使い方は随時追記していきます。

アカウント作成方法

Unstoppable Domainsのアカウント作成は、メールアドレス・パスワードの登録だけで簡単に行うことができます。「こちらのリンク」から公式サイトにアクセスして以下の手順でアカウント作成を進めてください。

  1. Unstoppable Domainsの公式サイトにアクセス
  2. サイト右上の「人マーク」をクリック
  3. 「Continue with email」または「Continue with Google」をクリック
  4. 「email」を選択した場合は、アドレス入力・パスワード設定で登録完了
  5. 「Google」を選択した場合は、任意のGoogleアカウントでログインするだけで登録完了

ブロックチェーンドメインの購入方法

ブロックチェーンドメインは、アカウント作成後にトップページで購入したいドメイン名を検索して、表示されたドメインの中から好きなものをカートに追加、その後任意の支払い方法で支払いを完了することで購入することができます。

  1. Unstoppable Domainsの公式サイトでログイン
  2. トップページで購入したいドメイン名を検索
  3. 表示されたドメイン名の中から好きなものを選んでカートに追加
  4. 「カートに進む」をクリック
  5. 購入内容が正しければ「米国居住者かどうか」を回答して「チェックアウト」をクリック
  6. 「クレジットカード・PayPal・仮想通貨・Crypto.com」の中から好きな決済方法を選択して支払い

Unstoppable Domainsの関連リンク

Unstoppable Domains公式サイト
Unstoppable Domains公式Twitter
Unstoppable Domains公式Facebook
Unstoppable Domains公式YouTube
Unstoppable Domains公式ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

商用ブロックチェーン向け「不正検知システム」を共同開発:ニチガス×Basset

商用ブロックチェーン向け「不正検知システム」を共同開発:ニチガス×Basset

BTCBOX:かんたん売買サービスで「トロン(Tron/TRX)」取扱いへ

BTCBOX:かんたん売買サービスで「トロン(Tron/TRX)」取扱いへ

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

ブロックチェーン用いた「医療用大麻の情報追跡アプリ」今夏公開へ:ウルグアイ企業

ブロックチェーン用いた「医療用大麻の情報追跡アプリ」今夏公開へ:ウルグアイ企業

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す