LINE独自の仮想通貨「wizcoin」発行か

by BITTIMES

LINE(ライン)を運営するLINE株式会社が、仮想通貨関連の商標「wizcoin」を5月17日に出願していたことが明らかになりました。

出願された内容には『前払い式電子仮想通貨の発行、仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換又は仮想通貨の管理』と記されているため、仮想通貨事業に関連する商標であると考えられています。

商標名が『wizcoin』であることも踏まえて考えると、LINE独自の仮想通貨である可能性もあると言えるでしょう。

「wizcoin」が実際に今後どのように活用されていくかについては明らかになっていませんが、LINEはこれまでにもブロックチェーンや仮想通貨関連の事業への取り組みを複数発表してきました。

今年の1月には、金融事業を手掛ける新会社「LINE Financial」を設立したことを発表しており、メッセージアプリ「LINE」を通じ、仮想通貨取引、ローン、保険などのサービスを提供する準備を進めていることを明かしていました。

LINE Financialが発表された際には、金融事業領域をさらに強化し、キャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在を目指すとも発表しています。

この他にもLINEの子会社であるLINE Plus(ラインプラス)は、仮想通貨ICXを開発しているICON(アイコン)との合弁会社である「unchain(アンチェーン)」も設立しています。

unchainはトークンエコノミープラットフォームの創設を目指し、アイコンのブロックチェーンのエコシステムを拡張してLINE向けに独自の分散型アプリケーション(DApps)を提供することを目指しています。

このような数々の取り組みも行なってきていることから新たに発表される「wizcoin」にも大きな期待が寄せられています。

「wizcoin」の詳細については今後もBITTIMESで追って報告していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新たな仮想通貨投資詐欺「豚の屠殺」が世界的に増加|巧妙な手口に要注意

新たな仮想通貨投資詐欺「豚の屠殺」が世界的に増加|巧妙な手口に要注意

暗号資産の脱税防止に向けて世界規模で情報交換|日本を含む約50カ国が共同声明

暗号資産の脱税防止に向けて世界規模で情報交換|日本を含む約50カ国が共同声明

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説