バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

by BITTIMES   

バハマ政府は仮想通貨やブロックチェーンを国の政策に活用するために本格的な行動を開始しています。同国の中央銀行は政府発行の仮想通貨を試験的に導入する計画を明らかにしました。

デジタル決済サービスの必要性

バハマの中央銀行はバハマ政府の支援を受け、独自の仮想通貨を試験的に導入する計画を進めていることを明らかにしました。

バハマで開催された「バハマ・ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に、ゲストスピーカーとして参加したPeter Turnquest(ピーター・ターンクエスト)副首相兼財務大臣は、講演の中で独自の仮想通貨を発行する計画や、ブロックチェーン技術を行政に活用する計画などについて語りました。

カンファレンスでのスピーチの中で「国民の生活水準を向上させるためにデジタル決済サービスが不可欠である」と語ったターンクエスト氏は、その理由について次のように説明しています。

近代的なデジタル決済サービスを開発することは、現代の政治を前進させる手段となります。
バハマの仮想通貨は、特にファミリーアイランドにとって重要になります。
なぜなら、ファミリーアイランドでは多くの商業銀行が人員を削減したり撤退したりしているため、島民が銀行サービスが受けられない状態に陥っているからです。

さらに同氏は、バハマが島国であることから交通機関や輸送に関連する問題を抱えていることを挙げ、それらの問題を解決するために「金融サービスをデジタルで安全に提供しなければならない」と説明し、「バハマ島が"地域のデジタルパラダイス"になることを望んでいる」と語っています。

ブロックチェーンで個人情報管理

またターンクエスト氏は、近いうちにバハマ政府が国立研修庁の修了生に対して、ブロックチェーン上で修了証を発行する試験的なプログラムを開始する予定であることも明かしています。

この計画では、修了書の発行にブロックチェーン技術を活用することよって、修了生が修了証の情報を管理できるようになることが期待されています。

バハマ政府はこのほかにも、ライセンスやパスポート、国民保険などにもブロックチェーン技術を活用することで、安全かつ認証可能な方法で個人の認証情報を管理・共有できるようにすることも計画しています。

同氏は、個人情報の処理にブロックチェーンを活用することによってもたらされるメリットについて次のように説明しています。

テクノロジーと単一の窓口を利用することで、汚職を蔓延させる人的要因の多くを取り除くことができます。さらに、全ての行政のプロセスを処理できる単一のポータルがあれば、私たちバハマ人が言うところの、「サービスを受けるにはチップを渡すべし」といった状況をなくすこともできます。

PO8は海洋考古学産業を民主化

po8

バハマに拠点を置くブロックチェーングループ「PO8」は、イーサリアム(ETH)ベースのネットワークを使用して、群島の海域での水中探検を"トークン化"するためにブロックチェーン技術を活用しています。

PO8は、バハマ海域において長年に渡って失われてきた"歴史的遺物"を回収するのを支援する『海洋考古学』にブロックチェーンを活用しています。

このプロジェクトはバハマ水域における水中探検を規制している法案を改正することによって、グループの取り組みを迅速化しており、バハマ政府からも祝福を受けているとされています。

現在バハマでは、ブロックチェーンの技術を幅広い分野に積極的に取り入れています。
PO8の共同設立者でCEOを務めているMatthew Arnett氏は、「グランド・バハマをアメリカ大陸の首都にすることを目指しているバハマは、ブロックチェーン技術を歓迎し、革新の時を理解している」と語っています。

国をあげて仮想通貨やブロックチェーンの実用化に取り組むバハマは、『ブロックチェーン・アイランド』への道を確実に進んでいます。仮想通貨関連の企業にも友好的であるバハマ政府や、それらの企業の取り組みには今後もさらに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す