バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

by BITTIMES   

バハマ政府は仮想通貨やブロックチェーンを国の政策に活用するために本格的な行動を開始しています。同国の中央銀行は政府発行の仮想通貨を試験的に導入する計画を明らかにしました。

デジタル決済サービスの必要性

バハマの中央銀行はバハマ政府の支援を受け、独自の仮想通貨を試験的に導入する計画を進めていることを明らかにしました。

バハマで開催された「バハマ・ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に、ゲストスピーカーとして参加したPeter Turnquest(ピーター・ターンクエスト)副首相兼財務大臣は、講演の中で独自の仮想通貨を発行する計画や、ブロックチェーン技術を行政に活用する計画などについて語りました。

カンファレンスでのスピーチの中で「国民の生活水準を向上させるためにデジタル決済サービスが不可欠である」と語ったターンクエスト氏は、その理由について次のように説明しています。

近代的なデジタル決済サービスを開発することは、現代の政治を前進させる手段となります。
バハマの仮想通貨は、特にファミリーアイランドにとって重要になります。
なぜなら、ファミリーアイランドでは多くの商業銀行が人員を削減したり撤退したりしているため、島民が銀行サービスが受けられない状態に陥っているからです。

さらに同氏は、バハマが島国であることから交通機関や輸送に関連する問題を抱えていることを挙げ、それらの問題を解決するために「金融サービスをデジタルで安全に提供しなければならない」と説明し、「バハマ島が"地域のデジタルパラダイス"になることを望んでいる」と語っています。

ブロックチェーンで個人情報管理

またターンクエスト氏は、近いうちにバハマ政府が国立研修庁の修了生に対して、ブロックチェーン上で修了証を発行する試験的なプログラムを開始する予定であることも明かしています。

この計画では、修了書の発行にブロックチェーン技術を活用することよって、修了生が修了証の情報を管理できるようになることが期待されています。

バハマ政府はこのほかにも、ライセンスやパスポート、国民保険などにもブロックチェーン技術を活用することで、安全かつ認証可能な方法で個人の認証情報を管理・共有できるようにすることも計画しています。

同氏は、個人情報の処理にブロックチェーンを活用することによってもたらされるメリットについて次のように説明しています。

テクノロジーと単一の窓口を利用することで、汚職を蔓延させる人的要因の多くを取り除くことができます。さらに、全ての行政のプロセスを処理できる単一のポータルがあれば、私たちバハマ人が言うところの、「サービスを受けるにはチップを渡すべし」といった状況をなくすこともできます。

PO8は海洋考古学産業を民主化

po8

バハマに拠点を置くブロックチェーングループ「PO8」は、イーサリアム(ETH)ベースのネットワークを使用して、群島の海域での水中探検を"トークン化"するためにブロックチェーン技術を活用しています。

PO8は、バハマ海域において長年に渡って失われてきた"歴史的遺物"を回収するのを支援する『海洋考古学』にブロックチェーンを活用しています。

このプロジェクトはバハマ水域における水中探検を規制している法案を改正することによって、グループの取り組みを迅速化しており、バハマ政府からも祝福を受けているとされています。

現在バハマでは、ブロックチェーンの技術を幅広い分野に積極的に取り入れています。
PO8の共同設立者でCEOを務めているMatthew Arnett氏は、「グランド・バハマをアメリカ大陸の首都にすることを目指しているバハマは、ブロックチェーン技術を歓迎し、革新の時を理解している」と語っています。

国をあげて仮想通貨やブロックチェーンの実用化に取り組むバハマは、『ブロックチェーン・アイランド』への道を確実に進んでいます。仮想通貨関連の企業にも友好的であるバハマ政府や、それらの企業の取り組みには今後もさらに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

NIDT購入申込者に追加の権利「シリアルナンバー付きLEGENDARY NFT」提供へ

NIDT購入申込者に追加の権利「シリアルナンバー付きLEGENDARY NFT」提供へ

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

ビットトレード:コスモス(Cosmos/ATOM)取扱いへ

ビットトレード:コスモス(Cosmos/ATOM)取扱いへ

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の「出金サービス」提供開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の「出金サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す