バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

by BITTIMES   

バハマ政府は仮想通貨やブロックチェーンを国の政策に活用するために本格的な行動を開始しています。同国の中央銀行は政府発行の仮想通貨を試験的に導入する計画を明らかにしました。

デジタル決済サービスの必要性

バハマの中央銀行はバハマ政府の支援を受け、独自の仮想通貨を試験的に導入する計画を進めていることを明らかにしました。

バハマで開催された「バハマ・ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に、ゲストスピーカーとして参加したPeter Turnquest(ピーター・ターンクエスト)副首相兼財務大臣は、講演の中で独自の仮想通貨を発行する計画や、ブロックチェーン技術を行政に活用する計画などについて語りました。

カンファレンスでのスピーチの中で「国民の生活水準を向上させるためにデジタル決済サービスが不可欠である」と語ったターンクエスト氏は、その理由について次のように説明しています。

近代的なデジタル決済サービスを開発することは、現代の政治を前進させる手段となります。
バハマの仮想通貨は、特にファミリーアイランドにとって重要になります。
なぜなら、ファミリーアイランドでは多くの商業銀行が人員を削減したり撤退したりしているため、島民が銀行サービスが受けられない状態に陥っているからです。

さらに同氏は、バハマが島国であることから交通機関や輸送に関連する問題を抱えていることを挙げ、それらの問題を解決するために「金融サービスをデジタルで安全に提供しなければならない」と説明し、「バハマ島が"地域のデジタルパラダイス"になることを望んでいる」と語っています。

ブロックチェーンで個人情報管理

またターンクエスト氏は、近いうちにバハマ政府が国立研修庁の修了生に対して、ブロックチェーン上で修了証を発行する試験的なプログラムを開始する予定であることも明かしています。

この計画では、修了書の発行にブロックチェーン技術を活用することよって、修了生が修了証の情報を管理できるようになることが期待されています。

バハマ政府はこのほかにも、ライセンスやパスポート、国民保険などにもブロックチェーン技術を活用することで、安全かつ認証可能な方法で個人の認証情報を管理・共有できるようにすることも計画しています。

同氏は、個人情報の処理にブロックチェーンを活用することによってもたらされるメリットについて次のように説明しています。

テクノロジーと単一の窓口を利用することで、汚職を蔓延させる人的要因の多くを取り除くことができます。さらに、全ての行政のプロセスを処理できる単一のポータルがあれば、私たちバハマ人が言うところの、「サービスを受けるにはチップを渡すべし」といった状況をなくすこともできます。

PO8は海洋考古学産業を民主化

po8

バハマに拠点を置くブロックチェーングループ「PO8」は、イーサリアム(ETH)ベースのネットワークを使用して、群島の海域での水中探検を"トークン化"するためにブロックチェーン技術を活用しています。

PO8は、バハマ海域において長年に渡って失われてきた"歴史的遺物"を回収するのを支援する『海洋考古学』にブロックチェーンを活用しています。

このプロジェクトはバハマ水域における水中探検を規制している法案を改正することによって、グループの取り組みを迅速化しており、バハマ政府からも祝福を受けているとされています。

現在バハマでは、ブロックチェーンの技術を幅広い分野に積極的に取り入れています。
PO8の共同設立者でCEOを務めているMatthew Arnett氏は、「グランド・バハマをアメリカ大陸の首都にすることを目指しているバハマは、ブロックチェーン技術を歓迎し、革新の時を理解している」と語っています。

国をあげて仮想通貨やブロックチェーンの実用化に取り組むバハマは、『ブロックチェーン・アイランド』への道を確実に進んでいます。仮想通貨関連の企業にも友好的であるバハマ政府や、それらの企業の取り組みには今後もさらに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinMarketCap:仮想通貨取引ペアで「新たなランキングシステム」導入

CoinMarketCap:仮想通貨取引ペアで「新たなランキングシステム」導入

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

注目度の高い仮想通貨ニュース

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す