次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Shiba Inu($SHIB、柴犬コイン)は、最も優秀な成績を収めた仮想通貨の1つとして知られており、現在は時価総額でトップ2のミームコインとして、業界を先導しています。

最近では、ミームコイン市場が盛り上がりを見せており、多種多様なミームコインが次のSHIBを目指して競っています。 そのような中で、次のShiba Inuとして戦略的な投資家から期待されている新しいプロジェクトが、Scotty the AI($SCOTTY、スコッティ)です。

今回は、Scotty the AIの概要とその魅力、現在行われているプレセールについてお伝えします。

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI

Scotty the AIは、Shiba Inuと同じように「犬」をテーマとしていますが、ミームキャラクターの高い話題性や投機性に頼るだけではなく、高度なAI技術とブロックチェーン技術を融合した実用的な機能も提供している仮想通貨です。

Scotty the AIは、夜空を連想させるような真っ黒い毛並みを持つスコティッシュ・テリアを採用しています。

Scottyと呼ばれるその犬のキャラクターは、自らを「クリプトユニバースの守護者(Guardian Of The Crypto Universe)」と称しており、高度なAI技術・素早い機動力と不正検出・透明性などを備え、投資家にとって様々な価値をもたらしています。

ステーキングプラットフォームや、仮想通貨に関する議論を行う拠点、トークン交換など、実用的なSCOTTYトークンに対する需要は、長期的なものになるだろうと考えられているため、戦略的な投資家たちは、次のShiba Inuと期待して購入に走っています。

詐欺や不正行為に対する強い防御力

Scotty the AIは、仮想通貨の世界における守護者としての役割を果たすために、高度なAI機能を活用して、複雑なアルゴリズムやコードを容易に解析できる能力を備えています。その解析能力は非常に高く、一流のプログラマーでも見逃してしまうようなわずかな異常も難なく察知します。

したがって、トランザクション(取引)を迅速に分析し、詐欺や不正行為などに繋がる怪しい動きを識別、その原因を突き止めることができます。

また、Scotty the AIの記憶システムは高性能で、ブロックチェーンに記録された全ての取引・ブロック・ハッシュを思い出すことも可能です。

Scottyのクールな雰囲気と鋭い目つきは、プロジェクトの持つ強い防御力を象徴するものとなっています。

Scottyとは

長期的な価値を見出すSCOTTYのエコシステム

SCOTTYのエコシステムは、トークンの長期的な価値を見出し、需要を維持するために、多様なユーティリティ(使用事例)を取り入れたフレームワークに基づいています。

具体的には、以下3つの基本機能があります。

  1. Scotty Chat
    Web3の愛好家とユーザーのためのオンライン・ハブとして機能し、仮想通貨についての活発な議論を行うことができるスペースです。このハブは、$SCOTTY投資家のコミュニティへの帰属意識を高めると同時に、価値のある市場考察や多様なデジタル資産へのアクセスも提供します。
  2. Scotty Staking
    このステーキング機能は、ユーザーへ受動的な収入を提供することで、$SCOTTYトークンのステーキングを促しています。ステーキング報酬は、現在1ETHブロックあたり82.5$SCOTTYの割合で、3年間にわたってユーザーに分配されていきます。報酬額は、ステーキングプールとAPY(年間利回り)の割合によって決定されます。また、このステーキング機能は、プレセール段階から利用可能です。
  3. Scotty Swap
    効率的で安全にトークン交換ができるトークンスワップ機能です。この機能にもAI技術が使われており、全ての取引は迅速で、最大の利益を得られるように最適化されています。

デフレ型モデルを採用したトークノミクス

Scottyのトークノミクス

Scotty the AIは、デフレ型モデルのトークノミクスを採用しています。

トークンの総供給量約17億3400万$SCOTTYのうち、30%(約5億2000万$SCOTTY)は公開販売へ、残りの70%(約12億1400万$SCOTTY)はステーキング・開発・取引所の流動性・マーケティングへ割り当てられています。

また、Scotty the AIチームに対するトークン配布分が設けられていないので、ラグプル(出口詐欺)が起きにくいようになっています。

SCOTTYのプレセールは好調な滑り出し

SCOTTYのプレセール画像

SCOTTYのプレセールは、まだ始まったばかりですが、既に25万ドル以上の資金を調達しており、好調な滑り出しとなっています。

現在の価格は1SCOTTYあたり0.0052ドルで、13日後には次のラウンドが始まって価格が上昇する予定です。

前述したように、プレセール期間中であっても $SCOTTYをステーキングして報酬を獲得することができ、ロック期間が長くなると、より高いリターンを得られる仕組みが提供されています。

日本のユーチューバーもScotty the AIを紹介!

Scotty the AIは、まだ始まったばかりの新しいプロジェクトですが、ミームコインでありながらも様々なユーティリティを持ち合わせている点が注目されており、日本のユーチューバーも紹介動画をアップロードしています。

AI crypto Vtuberさん(登録者数4000人以上)のチャンネルでも、Scotty the AIについてわかりやすく説明した動画が先日あげられたので、興味のある方はぜひご覧ください。

SCOTTYの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大

Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す