Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

by BITTIMES

新機能を搭載した「Tealswap V3」ローンチ

オアシス(Oasys/OAS)の分散型取引所(DEX)である「Tealswap」は2024年3月15日に、流動性範囲を指定できる機能などを搭載した「Tealswap V3」をローンチしたことを発表しました。

Tealswapは、ゲーム特化型のレイヤー1ブロックチェーンである「Oasys」を基盤とした分散型取引所(DEX)であり、Oasys関連の様々なトークンを手軽に交換できるだけでなく、Oasys内のブリッジ機能を用いて保有しているトークンを「Hub Layer ⇄ Verse Layer」で移動できるようになっています。

Tealswapは以前から「Tealswap V2」を提供していましたが、今回は新たに"集中流動性(Concentrated Liquidity)"と呼ばれる機能を搭載した「Tealswap V3」をリリースしたことが報告されています。

V3正式ローンチ

Tealswap V3のサービスを利用することによって、ユーザーはより幅広い流動性活用を体験することができます。(リンク参照)

集中流動性(Concentrated Liquidity)とは?

集中流動性(Concentrated Liquidity)は、流動性提供者が流動性を提供する価格範囲を指定できるようにする機能で、代表的な分散型取引所である「Uniswap V3」でも導入されています。

具体的には「特定の仮想通貨の流動性を100ドル〜110ドルの範囲に集中させる」といったことが可能で、対象通貨の価格がその価格範囲内に留まっている場合に収益性を高められるような仕組みとなっています(※指定範囲を超えた場合にはリターンが発生しないため注意が必要)。

この機能を利用すると、特定の価格帯の流動性を強化できるため、市場のボラティリティ(価格変動)に柔軟に対応できるようになり、市場参加者により良い取引体験が提供されると説明されています。

指定価格で流動性を提供する方法

Tealswap V3を通じて指定価格で流動製を提供する方法については以下のように説明されています。

  1. 流動性プールを選ぶ
    流動性を提供したいプールを選択して「Invest」をクリック
  2. 指定したい価格帯を選ぶ
    流動性を提供する価格帯を選ぶことが可能。指定した範囲内で取引が行われた場合には、トレーダーが支払ったスワップ手数料の一部を報酬として獲得できる。「Low・High・Custom」で範囲を指定でき、カスタムを選べば手動で価格帯を設定できる。
  3. 指定した価格範囲を確認する
    画面上で設定した価格範囲を確認することが可能。
  4. 流動性供給額を入力する
    流動性提供に使用するトークンの数量を入力する。OAS以外のトークンは事前に承認処理を行う必要がある。
  5. ポートフォリオを確認
    流動性を提供すると「Portfolio」のページで流動性提供中のプールを一覧表示で確認できる。このページで報酬などを確認することが可能。
  6. ポジション管理(流動性の追加/削除)
    ポートフォリオページにある「Manage」をクリックすると、流動性の追加/削除を行うことが可能。

Tealswap V3を通じて指定価格で流動製を提供する方法については「Tealswapの公式発表ページ」で詳しく説明されています。

>>Oasys関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

Unstoppable Domains:Ethereum Name Service(ENS)の「.ethドメイン」も購入可能に

Unstoppable Domains:Ethereum Name Service(ENS)の「.ethドメイン」も購入可能に

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す