カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

by BITTIMES

世界的流動性プロバイダーの「GSR」と提携

カルダノ(Cardano/ADA)の公式商業化部門であるEMURGO(エマーゴ)は2024年5月7日に、世界的な仮想通貨取引会社・流動性プロバイダーである「GSR」と提携したことを発表しました。

GSRは、2013年に設立された10年以上の経験を有する仮想通貨取引会社・流動性プロバイダーであり、店頭取引・デリバティブ・マーケットメイクなどのサービスを展開している他、トークン発行会社・機関投資家・マイナー・主要取引所とも提携しています。

また、GSRのシンガポール子会社である「GSR Markets」は、シンガポール金融管理局(MAS)からデジタル決済トークンサービス(DPT)のライセンスを取得した初めてのデジタル資産マーケットメーカーでもあります。

デジタル決済トークンサービス(DPT)とは、シンガポールにおける暗号資産の呼び名である「デジタル決済トークン」の売買を企業に許可するもので、取引所が使用するライセンスでもあります。

流動性・投資・相互運用性・教育分野などで協力

今回の提携は、カルダノブロックチェーンのエコシステムを強化することを目的としたもので、GSRのサービスとカルダノエコシステムを繋ぐことによって以下のようなことを実現すると説明されています。

  • Cardanoエコシステム内の流動性向上に向けたマーケットメイク
  • Cardanoプロジェクトにおけるベンチャー投資機会の特定
  • Cardanoプロジェクトにおけるユーザー間の相互運用性向上
  • Cardanoの教育関連イニシアチブを共同で促進

これらの取り組みは、カルダノエコシステムの継続的な成長をサポートするもので、開発者・企業・ユーザー・その他関係者の参加を促し、ブロックチェーンプラットフォームとしてのカルダノの認知度をさらに高めることができると期待されています。

EMURGOのCEOである児玉健氏と、GSRのEMEA(欧州・中東・アフリカ地域)担当ビジネス開発責任者であるCJ Fong氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【EMURGO:児玉健氏】
仮想通貨業界で最大規模のマーケットメーカーの1社である「GSR」と協力して、カルダノエコシステムの成長をサポートできることを楽しみにしています。

GSRの豊富な経験・専門知識・深いリソースによって、カルダノの開発者やプロジェクトは潜在的なWeb3ユーザー向けにWeb3製品を開発・拡張できるようになり、カルダノエコシステムがさらに強固なものになるでしょう。

【GSR:CJ Fong氏】
エコシステムの拡大を続けるEMURGOチームと協力できることを非常に嬉しく思います。

カルダノコミュニティにおけるユニークな投資機会と教育イニシアチブを通じて、次の成長段階をサポートできることを楽しみにしています。

EMURGOやカルダノ財団はここ最近で大手企業などとの提携関係を急速に拡大しており、最近では中国の大手通信機器メーカー「Huawei」のクラウドサービスである「Huawei Cloud」と提携したことなども報告されています。

>>カルダノ関連の最新ニュースはこちら

EMURGO発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

Flexa「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」に対応|SPEDNアプリでADA決済が可能に

Flexa「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」に対応|SPEDNアプリでADA決済が可能に

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

SHIBレストラン展開のWelly「食品配送大手2社」と提携

SHIBレストラン展開のWelly「食品配送大手2社」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す