P2E機能付き新ミームコインのPlayDoge($PLAY)がプレセールで500万ドル突破!

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Play-to-Earn (P2E) 機能を備えたミームコインのPlayDoge($PLAY)は、プレセールで500万ドルを突破し、好調なスタートを切りました。

2024年5月28日にスタートしたPlayDogeのプレセールは、わずか数分で20万ドルの資金が集まり、その後、資金調達額は500万ドルを超えました。

このプレセールの結果を見ると、PlayDogeがミームコイン市場のトップコインとなる可能性が感じられ、今後PlayDogeがFloki($FLOKI)のようなコインに匹敵する存在となるか、もしくはそれ以上の成長を遂げる可能性があるのか、多くの投資家の注目が集まっています。

PlayDogeは、1990年代に爆発的人気を誇ったモバイルゲーム「たまごっち」に、現代の最新ブロックチェーン技術を融合させた最新モバイルゲームです。懐かしいレトロな雰囲気を残しつつ、ゲームを楽しみながら仮想通貨($PLAY)の報酬が得られるPlay-to-Earn(P2E)機能を搭載しています。

本稿執筆時点においてプレセールは継続中であり、$PLAYは1トークンあたり0.00512ドルで購入可能です。プレセール価格は段階的に値上げが計画されています。

PlayDogeが500万ドル達成!柴犬モチーフのミームコイン市場を独

PlayDogeの画像

仮想通貨ファンであれば、今年ミームコインが大成功を収めており、一時はミームコイン市場全体の時価総額が600億ドルを超えたことはご存知でしょう。

たとえば、Dogecoin($DOGE)、Shiba Inu($SHIB)、Pepe($PEPE)などミームコインは2024年以降、それぞれ32.19%、63.22%、702.31%と大幅に上昇しています。

さらに、Floki($FLOKI)は336.39%の上昇、Dogewifhat($WIF)はなんと550.80%もの高騰が見られています。

しかし、過去1ヶ月間のみを見ると、多くのミームコインが下落傾向を示しており、$PEPEのみ29.3%の着実な上昇を見せました。さらに興味深いことに、ミームコイン市場における時価総額TOP5のうち、$PEPEのみが唯一犬をモチーフとしていないコインです。

このように低迷する犬モチーフのミームコイン市場において、PlayDogeはプレセールで500万ドルを超える資金を集める大成功を収めています。

この事実は、ミームコイン市場がユーモラス性だけではない、より実用的な新しいコインを求めている可能性を示しており、PlayDogeがそれに答える魅力を備えたミームコインであることを証明と言えるのかもしれません。

PlayDogeはよみがえった現代版「たまごっち」

PlayDogeの画像

PlayDoge($PLAY)は、1990年代に大流行したモバイルゲーム「たまごっち」を現代風に改良し、復活させたゲームです。

たまごっちのレトロな雰囲気を残しつつ、最新ブロックチェーン技術によりP2E機能を追加することで、PlayDogeは現在版たまごっちとして大幅にアップグレードしました。これにより、ゲーム内において現実社会で交換可能な仮想通貨($PLAY)を獲得できる1つの経済圏が構築されます。

プレイヤーは、たまごっちと同じように、仮想ペットの柴犬を世話したり、さまざまなゲームやイベントに参加することで$PLAYトークンを得ることができます。さらに、トッププレイヤーには追加の報酬が付与される競争性の要素も取り入れられています。

オリジナルのたまごっちとは異なり、PlayDogeはGoogle PlayストアとApp Storeでアプリを無料でインストールできるため、専用のデバイスを購入する必要がなく、スマートフォンがあれば誰でもゲームに参加することができます。

また注目すべき点として、オリジナルのたまごっちは、PlayStation(プレイステーション)が男の子向けセッションを独占し始めた時期にリリースされた「女の子をターゲットにした初のデジタルゲーム」であったことです。

そのため、たまごっちのコンセプトを採用しているPlayDogeが、現代の女性ユーザーもしくは女性投資家の興味を引き付けられるかが重要となります。

ただし、レトロなピクセルゲームスタイルを残した高解像度の8ビットゲームの要素と、経済的インセンティブを備えたPlayDogeが、現代版たまごっちとして中毒性の高い新しい仮想通貨となる可能性は期待できるでしょう。

PlayDogeがゲーム市場を牽引!リメイクゲームブーム到来

PlayDogeの画像

レトロゲーム市場は、特に子供の頃にクラシックゲームを楽しんだミレニアル世代のシェアを獲得し、急速に成長しています。

実際、Express VPNの調査によると、79%のゲーマーが現在でもレトロゲームを積極的にプレイしており、昔流行ったクラシックゲームを好む傾向があることが明らかになっています。

レトロゲームの根強い人気を背景に、ゲームリメイク市場は盛り上がりを見せており、デジタルコンソールの初月売上は2018年から2020年にかけて2倍となる800万ドルに達しています。

リメイク版やクラシックゲームは、現代のゲーマーにとって魅力的な存在であり、昨年は「ゲームリメイクの黄金時代」とも呼ばれるほどの人気を得ています。

PlayDogeは、レトロゲーム市場およびゲームリメイク市場の両方の市場を跨ぐ存在であり、多くの新規仮想通貨ユーザーの関心を引き付けるゲームとなるでしょう。

その結果、PlayDogeはP2Eとミームコイン市場を牽引するリーダーの地位を確立し、将来的に成長していく可能性に期待ができます。

このような背景により、ReadWriteはPlayDogeを100倍のポテンシャルを持つ3つの柴犬モチーフのミーフコインの1つに分類、さらにCryptonewsもYouTubeチャンネルで同じ見解を示しています。

日本人向けのPlayDogeに関する情報は多くありませんが、以下のYouTube動画でPlayDogeについて日本語で解説されていますので、参考にしてみてください。

Binance上場が期待されるPlayDoge

PlayDogeの画像

$PLAYは、世界最大の中央集権型取引所であるBinanceが運営するBinanceスマートチェーン上に構築される仮想通貨です。

そのため、プレセール終了後に$PLAYはBinanceのような大手取引所に上場することが期待されています。

プレセールで販売される47億トークンには限りがあるため、チームは投資家へ早期参入を促しています。

さらに、プレセール中に$PLAYトークンを購入することで、134%という驚異的な年間利回り(APY)によるステーキング報酬を得ることも可能です。これまでに1億1,900万トークンがステーキングされており、プロジェクトへの長期的なコミットメントの意欲を示しています。

なお、PlayDogeのスマートコントラクトのセキュリティはSolidProofによる完全な監査を受けているため、投資家は安心して購入できる環境も整えられています。

PlayDogeのプレセールへの参加方法は、MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを接続し、BNB、ETH、またはUSDT、もしくはクレジットカードで$PLAYトークンを購入するだけです。

PlayDogeに関する最新ニュースや開発情報は、X(旧Twitter)およびTelegramでご確認ください。

レトロゲームの人気が爆発的に加熱しており、さらにミームコインが仮想通貨トレーダーの関心を集める今、PlayDoge($PLAY)も仮想通貨ブームを牽引するコインの1つになる可能性があると期待されています。

PlayDogeの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブルマーケット指標で暗号資産市場が急騰!?アルトシグナルズの新コイン「ASI」が注目される理由

ブルマーケット指標で暗号資産市場が急騰!?アルトシグナルズの新コイン「ASI」が注目される理由

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ソーシャルメディアの閲覧中にデータのハッキングを避けるために知っておくべきこと

ソーシャルメディアの閲覧中にデータのハッキングを避けるために知っておくべきこと

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説