スイス国有銀行、仮想通貨サービスを拡大「SOL・XRP・ADA」など5銘柄に対応

by BITTIMES

スイス国有の金融機関であるPostFinance(ポストファイナンス)は2024年7月1日に、仮想通貨サービスを拡大して新たに5種類の仮想通貨の保管・取引サービスを提供開始したことを発表しました。

PostFinance(ポストファイナンス)はスイス政府が保有する国営郵便局「スイスポスト」の銀行部門であり、デジタル資産銀行サービスを提供する「Sygnum」との提携を通じて仮想通貨の保管・取引サービスを提供していることでも知られています。

ポストファイナンスはBTC・ETH・ATOM・UNIなどを含む11種類の仮想通貨をサポートしていると報告されていましたが、今回の発表では新たに以下5種類の仮想通貨に対応したことが報告されています。

🚀 現在は、アバランチ、カルダノ、ポルカドット、リップル、ソラナの仮想通貨の取引・保管サービスも提供しています。

ポストファイナンスが提供している仮想通貨取引サービスでは、スマホアプリなどから24時間365日いつでも簡単に仮想通貨を売買できると報告されています。

また、50ドルから始められる仮想通貨貯蓄プランを利用すれば定期的に仮想通貨を購入できるとのことで、仮想通貨取引の世界に簡単に参加できるように設計されていると伝えられています。

スイスは複数の仮想通貨企業が拠点を構える仮想通貨先進国でもあるため、今回の対応銘柄拡充によって各種仮想通貨の取引がさらに活発化し、エコシステムの成長にもつながると期待されています。

>>仮想通貨関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

米投資アプリRobinhood「AVAX・XLM」取扱い開始

米投資アプリRobinhood「AVAX・XLM」取扱い開始

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説