ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

by BITTIMES   

ニュージーランドの銀行は、ブロックチェーンや仮想通貨の技術に目を向けています。SBS Bankの最高経営責任者(CEO)であるShaun Drylie(ショーン・ドリーリー)氏は、より効率的なサービスを提供するためにこれらのテクノロジーを活用方法を検討していると語っています。

こちらから読む:ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ニュージーランドでは一部の金融機関が仮想通貨の受け入れを強く拒んでいるものの、SBS銀行は前向きな姿勢を見せています。仮想通貨に関しては、ニュージーランドだけでなくその他の国々でも議論が交わされていますが、ブロックチェーン技術に対しては多くの国が活用していく姿勢を見せており、様々な業界から期待が寄せられています。

SBS銀行の最高経営責任者(CEO)であるShaun Drylie(ショーン・ドリーリー)氏は、「ブロックチェーンの技術は本当に価値があるものである」と語っていますが、仮想通貨に関しては、その極端なボラティリティなどに対して懸念を抱いています。

しかし同氏は、このような懸念が"仮想通貨を完全に拒否している訳ではない"ということも語っています。ドリーリー氏は、「現時点では仮想通貨に対して最善の注意を払って対応しているものの、長い期間で考えると最終的にどのような選択をするべきかを決めるのは非常に難しい」と述べています。

SBS銀行は何かしらの理由によって、物理的な支店にアクセスすることができない人々に対しても、サービスを提供できるような新しい方法を模索しています。ブロックチェーンの技術を活用すれば、既存の顧客に対してより効率的な幅広いサービスを提供することができるため、彼らはこの利点を今後の計画に活用していくことを検討しています。

ブロックチェーンの技術がこのような問題を解決するための最適な方法であることは、今や多くの金融機関が確信しており、現在も世界中の銀行がブロックチェーンを活用した実証実験に取り組んでいます。

ブロックチェーンや仮想通貨を導入するメガバンク

SBS銀行は、現在もインターネットバンキングサービスの改善を続けているとも説明しているため、今後はニュージーランドでもブロックチェーンを活用する事例が増えてくることになる可能性も高いと考えられます。

centrality

ニュージーランドは、分散型アプリケーション(DApps)の開発に特化した仮想通貨プロジェクトであるセントラリティ(Centrality/CENNZ)が拠点としている国でもあります。今後金融機関で仮想通貨やブロックチェーンの技術が正式に受け入れられていけば、このようなブロックチェーン企業もより事業展開の幅が広がり、今まで以上に注目を集めていくことになるでしょう。

世界中の銀行で活用されてきているリップル(XRP)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

ブロックチェーンで「透明性の高い音楽業界」構築へ|Bitfury Surround

ブロックチェーンで「透明性の高い音楽業界」構築へ|Bitfury Surround

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す