ICOバブル継続中、過去最高額250億円突破「TEZOS」

by BITTIMES   

ICO業界が注目されるようになったのは 2017年になってからと、実はバブルと言われるようになってからまだ数ヶ月ほどしか経っていない。
Smith&Crown(スミス・アンド・クラウン)という研究機関から報告されたデータでは、イーサリアムから始まった ICO はすでに 70回ほど行われており、 ICO 合計調達額は 900億円を突破している。
さらに、これら ICO で取り扱われた暗号通貨は過去 1年間で時価総額を 9000億円も伸ばしている。
上記のことを考えれば、未だに ICOが注目されるのも納得できる。
そして、今回行われた ICO で過去最高額の調達額が発表された。

Tezos Blockchainプロジェクト

「 Tezos(テゾス) 」のブロックチェーンは、バグやシステム修正が必要な場合にフォーク(分岐)を行わ図に修正が可能なブロックチェーンだ。
最近騒がれているビットコインのハードフォーク・ソフトフォーク問題などがこの Tezos に限っては全くの不要だということだ。
ネットワークプロトコル、トランザクションプロトコル、コンセンサスプロトコルを全て独立させることによって Tezos はシステムの互換を可能にした。
この「フォークを必要としない」という機能性が、最近まで騒がれていたビットコインのフォーク騒動の話題と相まったのか ICO 過去最高額の 2億3300万ドル(約 258億円)を調達した。

過去に大きな話題を呼んだICO

今回の Tezos しかり、ここ最近「過去最高額を調達した。」や「わずか 24秒で完了した。」など注目度の高い ICO が多数存在する。
下記に注目度の高い ICO を時系列で用意したので、情報の整理にご利用いただければと思う。
・WEB広告の中間業者、不正者、トラッカーを取り除くことを目的とした暗号通貨「 BasicAttentionToken( BAT )」 24秒で 3500万ドル(約 38億円)を調達。
・新たな予約暗号通貨作成を目指す「 Bancor Foundation(Bancor)」 3時間で 1億3500万ドル(約 149億円)を調達。
・メッセージング・プラットフォームを構築した「 Status 」 1億800万ドル(約 119億円)を調達。
・WEBカジノ業界に革命を起こす可能性を持つ分散型暗号通貨「 Augur 」 1300万ドル(約 14億円)を調達。
・マイニング産業の Uber と呼ばれる「 ChronoBank 」 540万ドル(約 5億9000万円)を調達。
・ブロックチェーンの仕組みを更に進化させた「 Ethereum 」1400万ドル(約 16億円)を調達。
驚くべきはイーサリアムの時価総額が、2014年には 16億円ほどだったことだろう。わずか 3年でその時価総額を 1125倍以上に拡大させている。

今後のICO業界の可能性

現在、ICO業界は他の投資業界と同様に詐欺行為を行うコインも多数含まれており、投資家の信頼を失っている部分も見受けられる。
しかし、ICO の仕組み自体は可能性に満ち溢れているシステムに変わりない。
通常の企業は新しい企業の誕生からサービスを広範囲に広げる段階で必ずベンチャーキャピタルの資金力に頼る必要があったが、ICOを使用することでベンチャーキャピタルに頼る必要性がなくなった。
これまで行われた数多くのブロックチェーン・プロジェクトの実績からも分かるように、多くの業界でより早く革新を推進する能力を ICO は与える。
ICOバブルが終了する時期は誰にも予測することはできないが、それでも暗号通貨開発者の理想を実現するためには、もはや ICO は無くてはならないシステムになっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

Bitcoin Cash(BCH)ウォレットでトークン発行が可能に「Wormhole」の活用が加速

Bitcoin Cash(BCH)ウォレットでトークン発行が可能に「Wormhole」の活用が加速

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す