仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

by BITTIMES

仮想通貨ダッシュ(DASH)基づいて開発された「ゴーバイト(GoByte/GBX)」と自動販売機の決済モジュールを開発している「ivendPay(アイベンドペイ)」は、2018年末までにイスラエルとマレーシアで暗号通貨決済ができる新しい自販機を導入するために準備を進めています。

こちらから読む:ビットコインが使える「コカ・コーラ自販機」ハッカーが動画公開

音声操作もできる「スマート自販機」|ivendPay

ivendPaylogo

ivendPayとGoByteは、2018年末までにマレーシアイスラエル仮想通貨決済に対応した自動販売機を設置することを予定しています。両社が開発した新しい自動販売機は、スムーズかつ安い手数料で支払いを行うことができるように設計されており、豊富な種類の商品を販売することができるように設計されています。

ivendPayプロジェクトの創始者であるSergey Danilov(セルゲイ・ダニロフ)氏は、CCNに対して次のように語っています。

ivendPayとGobyteが提携したことによって、多くの人々が日常生活で購入する商品を仮想通貨で購入することを可能にし、高い需要をもたらします。

GoByteは安い手数料で素早く少額決済を行うことができるように設計されているので、ivendPayを搭載した自動販売機は3秒以内に支払いを完了することができます。

YouTube上には実際に両社が開発した自動販売機でコーヒーを購入している動画も公開されており、音声で自販機を操作してスマートフォンだけで簡単にコーヒーを購入できることが実演されています。

迅速かつ低価格な「少額決済」を実現|GoByte

GoByte-logo

ゴーバイト(GoByte/GBX)は、商業での取引を目的に仮想通貨ダッシュ(DASH)から新たに生まれた仮想通貨です。GoByteはDASHにさらなる改良を加えることによって、仮想通貨決済を色々な場面で低コストに実装することを可能にしています。

ビットコインは、その他の仮想通貨よりも認知度や時価総額が圧倒的に高いことが特徴ですが、自動販売機でコーヒーやスナック菓子を購入する場合などの少額決済で使用するための十分な機能は備わっていません。その他の仮想通貨に比べると手数料が高く、取引を完了するまでに長い時間が必要となるため、自動販売機のように多くの人々が毎日のように利用するものにとっては理想的な選択肢とは言えません。

GoByteのような仮想通貨はそれらの問題を解決することができるため、自販機などの実用的な機械で利用できるようになることによって、その利点を十分に発揮し、幅広い地域での導入を促す可能性を秘めています。

自動販売機「現金が入ってない箱」へ ー 破壊・盗難の問題を解決

Cashless

自動販売機で購入できる商品は、飲料品だけに限らないため、その他の様々な商品も仮想通貨で購入することが可能になります。2015年にはビットコインを使って大麻(マリファナ)を購入することができる自動販売機がシアトルに設置されたとも伝えられています。また今年の初めには「Civic(シビック)」と呼ばれるスタートアップ企業が、21歳以上かどうかを識別した上でビールを購入することができる自販機のプロトタイプを発表しています。

日本は環境にも恵まれているため、すでに数多くの自動販売機が設置されていますが、その他の国では"現金が入った箱"として認識する人もいるため、自販機自体を盗難したり、破壊して現金を強奪する事件も起きています。仮想通貨決済に対応した自販機には現金が入っていないため、盗難などの問題を解決できる可能性も秘めています。

ivendPayとGobyteが開発した自動販売機は、すでに現金を必要とせずに安い手数料で迅速な支払いを処理することを可能にしています。これからコーヒー以外の様々な商品も購入できるような自販機が製造されることによって、両者の製品はより多くの場面で利用できるようになっていくでしょう。

ゴーバイト(GoByte/GBX)の価格|2018年10月22日

ゴーバイト(GoByte/GBX)の価格は、今回のニュースがCCNで報じられた10月21日から上昇し始めており、報道された当時は86円ほどだった価格が、2018年10月22日には92円近くまで上昇しています。

GoByteは「Cryptopia」や「HitBTC」などで購入することができます。

2018月10月22日 GBXのチャート(引用:coingecko.com)2018月10月22日 GBXのチャート(引用:coingecko.com)

海外取引所で取引を行うために必要な「ビットコイン(BTC)」などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

仮想通貨取引所TAOTAO「2,020円キャッシュバックキャンペーン」を開催

仮想通貨取引所TAOTAO「2,020円キャッシュバックキャンペーン」を開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す