ビットコインで購入できる「コカ・コーラ」自動販売機はハッカー自作【動画あり】

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で購入することができる「Coca-Cola(コカ・コーラ)」の自動販売機が自作され一部で話題となっています。"学習目的"で作成されたというこの自販機は、スペインに住む一人のハードウェアハッカーによって設計されており、実際に使用している動画もYouTube上で公開されています。

こちらから読む:増え続ける「仮想通貨決済」高級車の購入やホテルでも

仮想通貨でスマートに「コカ・コーラ」を購入できる日

Coca-cola-open

Coca-Cola(コカ・コーラ)は、1886年に薬剤師であるJohn Pemberton(ジョン・ペンバートン)氏が設立して以来、世界中の人々に愛され続けています。一般消費者に対して毎日19億本以上にも昇る「コカ・コーラ」を提供していると言われる同社は、2018年現在も世界を代表するトップ企業の1つとして知られています。

同社の自動販売機は世界中で普及しているものの、今のところは仮想通貨決済に対応するといった発表はされていません。しかし"仮想通貨を愛するコカ・コーラ愛好家たち"は、ビットコインでスマートに「コーラ」を購入できる日が来るのを待ち望んでいます。

スペインに住むハードウェアハッカーであるRicardo Reis(リカルド・レイス)氏は、ビットコイン(BTC)と互換性のある「コーラの自販機」を自作した上で、その制作方法やソースコードをネット上に公開することによって、その日が来るのを待ちきれない人々に一つの手段を提供しています。

「イーサリアムネットワーク」ならより早い提供が

リカルド・レイス氏は、この自販機を"学習目的"のために制作したと述べており、ビットコインとLightning Network(ライトニングネットワーク)を使用して「販売を自動化する方法」を説明するためのものだと説明しています。実際にビットコイン決済で「コーラ」を購入している動画もYouTube上で公開されており、この動画は一部で話題となっています。

この自動販売機では「QRコード」を読み取ることによって、ライトニングネットワークを通じたビットコイン決済を行うことができるように設計されているため、利用者はモバイル端末で画面に表示されている「QRコード」をスキャンして、携帯の画面に表示された承認ボタンをタップするだけで簡単に支払いを完了することができます。

現時点でもスムーズにコーラを手にすることができる仕様となっているものの、レイス氏は『イーサリアムのネットワーク上で取引を処理できるようにすれば、より早くコーラを提供することができるようになる』と述べています。

コカ・コーラ社はこの自動販売機には関与していないため、このマシンが一般的に普及することはないと考えられますが、今回のニュースは「正式な仮想通貨決済対応のコカ・コーラ自販機」の開発を促す一つの重要な材料となるでしょう。

仮想通貨決済は導入していないものの、コカ・コーラ社はすでに強制労働の問題に対処するためにブロックチェーン技術を活用しています。

コカ・コーラに関するこの他の記事はこちら

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

Liquid by Quoine:リップル(XRP)が貰える「QASH HODLキャンペーン第1弾」開催

Liquid by Quoine:リップル(XRP)が貰える「QASH HODLキャンペーン第1弾」開催

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

オンライン小売業者「Qoo10」ブロックチェーンベースのeコマースプラットフォーム新設

オンライン小売業者「Qoo10」ブロックチェーンベースのeコマースプラットフォーム新設

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

TRON(TRX)時価総額ランキング「4位」目指す|2019年掲げる2つの野望:Justin Sun

TRON(TRX)時価総額ランキング「4位」目指す|2019年掲げる2つの野望:Justin Sun

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す