ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

by BITTIMES

ついに超大手ブローカー「The Goldman Sachs Group, Inc.(ゴールドマン・サックス・グループ)」が、ビットコインをはじめとした暗号通貨取引を開始する可能性があると、米国アナリストが報道しました。同社は現在、暗号通貨取引部門・戦略的投資グループの2部門で協力して、暗号通貨取引プラットフォーム立ち上げを計画・調査していると言われています。

Goldman Sachsが暗号通貨取引事業に乗り出した理由

今回ゴールドマンサックスが、暗号通貨取引事業に乗り出した理由は「銀行収益の減少」だと考えられています。同社銀行の「債権部門」の収益は 21%も減少しており、現行の銀行ビジネスだけでは、将来的に会社を維持するのが難しいと判断した上での計画なのかもしれません。
すでに米国取引所プラットフォームであるCoinbaseは、会社の評価額が16億ドル(約1,750億円)を超えており、最近でも1億ドル(約110億円)の融資を成功させています。<その他取引所、Bittrex・Bitfinex・Bithumbなど、主要な取引所の評価額の合計は、10億ドル(数1,100億円)にも届くと考えれられており、ゴールドマンサックスも暗号通貨市場が無視できないレベルになっています。

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所の影響力

もし、金融業界のジャイアント企業であるゴールドマンサックスが、取引所を開設した場合、ゴールドマンサックス取引所の評価額は、数十億ドル(数千億円)に達すると考えられています。
当然それは、評価額だけにとどまらず、金融市場と暗号通貨市場に大きな影響を与えます。
例えば、ゴールドマンサックスが暗号通貨取引所を開設するだけで、ビットコインが 1通貨として支払い方法として世間に受け入れられ、価格の上昇や決済店舗の増加が予測されています。
現在、ゴールドマン・サックスは、JPモルガンとは根本的に異なるアプローチを暗号通貨にかけています。
従来の銀行システムより、ブロックチェーンを使ったシステムは、より安全で、より効率的で、そしてより安価なシステムというスタンスから暗号通貨に深い関心を寄せています。
今週初めに、国際通貨基金(IMF)の Christine Lagarde(クリスティン・ラガルド)常務理事は、イングランド銀行会議で、

ビットコインなどの暗号通貨が、今後銀行や既存の金融サービス業者を置き換える可能性が高い。
今のところ、ビットコインのような仮想通貨は、現金通貨や中央銀行の既存の注文にほとんど、あるいは全く挑戦しません。
なぜなら、それらはあまりにもボラティリティと危険性が高く、エネルギー集約的(電力)であり、基礎となる技術がまだ世界規模で使えないためです。
多くは規制当局にとってはあまりにも不透明です。いくつかはハッキングされています。しかし、これらの多くは、時間の経過とともに対処できる技術的課題です。

と発言しました。
またソフトバンクが買収した米国企業のフォートレス・インベストメント・グループで、かつてファンド運用を担当したゴールドマンサックス出身のマイケル・ノボグラーツ氏は、ICO関連企業に投資するヘッジファンド(運用資産額5億ドル=約564億円)をスタートさせる計画を立てています。また、ゴールドマンサックスは、暗号通貨取引所の根幹技術となる、ブロックチェーン技術を使用した金融システム導入を支援する新興企業「AXONI(アクソニ)」に新たに投資しています。
「投資企業のお金の流れは、未来の流れ」
近い将来、ゴールドマンサックス取引所が完成することを期待したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

ビットコインは「崩壊したバブル経済」Googleの人工知能(AI)が説明

ビットコインは「崩壊したバブル経済」Googleの人工知能(AI)が説明

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

注目度の高い仮想通貨ニュース

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

IOHK:Cardano 1.4を正式リリース|ダイダロス・ウォレットが「Linux」に対応

IOHK:Cardano 1.4を正式リリース|ダイダロス・ウォレットが「Linux」に対応

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

「サンタさん、ビットコイン価格を上げて!」ホルダーから届くクリスマスメッセージ

「サンタさん、ビットコイン価格を上げて!」ホルダーから届くクリスマスメッセージ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す