Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を推進する複数の企業が参加しているコミュニティー「Hyperledger(ハイパーレジャー)」は、Alibaba Cloud(アリババ・クラウド)を含めた合計12の新規メンバーがプロジェクトに参加したことを発表しました。Blockchain関連の特許出願率トップのIBMも参加しているHyperledgerは世界中で影響力を強めています。

こちらから読む:イランは独自の仮想通貨に活用「Hyperledger」関連ニュース

ブロックチェーン技術開発コミュニティー|Hyperledger

Hyperledger-logo

Hyperledger(ハイパーレジャー)は、ブロックチェーン技術の開発を推進するために作成されたオープンソースの共同作業コミュニティーです。

Hyperledgerのプロジェクトには、2018年12月時点で260以上のメンバーが参加していると伝えられています。これらのメンバーはブロックチェーン・フレームワークやツールのコードを開発して維持するために協力しており、金融の分野を超えた様々な分野でのブロックチェーン活用に取り組んでいます。

コミュニティーに参加している組織は、すでに複数の大手企業が活用している実績のあるブロックチェーン・フレームワークやツールを使用して、業界固有のアプリケーションやハードウェアシステムおよびプラットフォーム用の堅牢なブロックチェーンソリューションを構築することができます。

Hyperledgerコミュニティーでは、
・Hyperledger Fabric
・Hyperledger Sawtooth Lake
・Hyperledger Iroha
・Hyperledger Indy
といった様々なフレームワークが提供されており、IBMが主導する「Hyperledger Fabric」などに関しては、ここ最近でも非常に多くの企業での導入事例が報告されています。

Hyperledger

成長を続ける「Hyperledger」プロジェクト

Hyperledger(ハイパーレジャー)に参加する新規メンバーは、スイスの河港都市バーゼルで開催された「Hyperledger Global Forum」の1日目に発表されました。参加が発表されたメンバーは、
・Alibaba Cloud
・BlockDao (Hangzhou) Information Technology
・Citi
・Deutsche Telekom
・Guangzhishu (Beijing) Technology Co.Ltd
・Guangzhou Technology Innovation Space Information Technology Co.Ltd
・KEB Hana Bank
・HealthVerity
・MediConCen
・Techrock (formerly Walimai)
・we.trade
・Xooa.
の12社となっています。

Hyperledgerのコミュニティーは現在世界中に拡大しており、Hyperledgerに関連するブロックチェーン技術はすでに非常に多くの場面で活用されています。今回の新メンバー参加について「Hyperledger」のエグゼクティブディレクターであるBrian Behlendorf(ブライアン・ベーレンドルフ)氏は次のよう語っています。

成長を続けるHyperledgerコミュニティーは、業界や市場にまたがるエンタープライズ向けブロックチェーン技術を構築するためのオープンソース・プロジェクトがますます重要になっていることを示しています。新たに加わったメンバーたちは、分散型台帳技術(DLT)やHyperledgerへの関心を強めており、その影響力を拡大させています。

また、Alibaba Cloudのアプリケーションサービス責任者であるYI Li氏は『Hyperledgerのコミュニティーに参加することを大変嬉しく思う』と語った上で、次のように述べています。

Alibaba Cloudは、世界のトップ3のIaaS(*1)プロバイダーの1つとして、すべてのお客様に最高のサービスを提供するよう努めています。Alibaba CloudのBaaS(*2)は、世界中に有益で信頼できるインフラを提供しています。

私たちは基盤技術に集中しながらより多くのパートナーを招待し、より大きなブロックチェーンのビジネス世界を共同で創造していきたいと考えています。

(*1)Infrastructure as a Service(IaaS):CPU・メモリ・ストレージなどのITインフラをインターネット経由で提供するサービス
(*2)Blockchain as a Service(BaaS):ブロックチェーンがすぐに利用できるようにあらかじめ必要な設定や製品が準備されているバックエンド機能を提供するサービス

Alibabaグループはブロックチェーン関連の特許出願数で世界トップの座を獲得しており、IBMと並んで1位の座を競い合っています。今年の11月に同社は自社で提供するクラウドサービスである「Alibaba Cloud's BaaS」の提供地域をアメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなどを含めた国際市場に拡大することを発表しています。

またIBMが提供している「Hyperledger Fabric」に基づいたブロックチェーンソリューションも世界中の小売店などで導入が加速しており、その規模を拡大しています。ビットコインイーサリアムなどとは異なる種類のブロックチェーン技術として世界各国の企業で活用されている「Hyperledger」の技術は今後もさらに多くの企業を巻き込んでいくことが予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

ブロックチェーンは「教育分野」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「教育分野」をどのように変えるのか?

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

NAGAcoin発行元のフィンテック企業がドイツのサッカークラブ「ハンブルガーSV」と提携

NAGAcoin発行元のフィンテック企業がドイツのサッカークラブ「ハンブルガーSV」と提携

航空機の燃料供給にブロックチェーン技術を活用|ロシア「S7 Airline」

航空機の燃料供給にブロックチェーン技術を活用|ロシア「S7 Airline」

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

Fidelity「ビットコインマイニング」のエンジニアを募集

Fidelity「ビットコインマイニング」のエンジニアを募集

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す