IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

by BITTIMES

フランスの大手小売業者である「Carrefour(カルフール)」は、取り扱う鶏肉ブランドの透明性を高め、顧客が食品の情報を簡単に確認できるようにするために「IBM」が提供するブロックチェーン食品追跡プラットフォーム「Food Trust(フード・トラスト)」を導入しています。

こちらから読む:Carrefourが導入を開始する「IBM Food Trust」とは

鶏肉サプライチェーンに「透明性と信頼」を

chicken

IBMが開発したブロックチェーン食品追跡プラットフォーム「Food Trust」は、Carrefour(カルフール)が取り扱っている化学物質を使用せずに飼育された「camperoチキン」というブランド製品に適用されます。

同社はプレスリリースの中で、『生産、加工、流通のすべての段階で商品を追跡することを可能にし、食品の安全性を最高水準にまで引き上げることができるこれらの保管方法と情報伝達技術のパイオニアになる』と述べています。

ブロックチェーンを活用した追跡システムが使用されている食品は「Calidad y Origen(品質と原産地)」というブランド名がつけられており、消費者が食品の安全性、信頼性、健康保証を簡単に確認できるようになっています。

今回この技術が導入されることになった鶏肉ブランドのパッケージには「QRコード」が印刷されているため、消費者はこのコードをスマートフォンで読み取ることによって
・鶏の誕生日
・繁殖方法
・養殖場の位置
・鶏に与えられた食品
・梱包プロセス
・Carrefourの店舗に到達するまでの経路
といった様々な情報を確認することができます。

今後は「Calidad y Origen」ブランドをその他の食品にも適用していくことが予定されているため、Carrefourのブロックチェーンへの取り組みは今後数カ月間に渡って続けられていく予定だと説明されています。

安全な食品を実現する「ブロックチェーン技術」

walmartxblock

ブロックチェーン技術を用いて食品の安全性を保証する取り組みは世界各国で開始され始めています。IBMの技術はその他の大手スーパーマーケットチェーンでも既に導入されており、世界最大の小売業者である「Walmart(ウォルマート)」は「Food Trust」を用いて店頭で販売するレタスなどの食品情報を確認できるようにするためのテストを開始しています。

また、韓国政府は消費者に食品の情報を提供するためにブロックチェーン技術を用いて牛肉のサプライチェーンを追跡することを2018年11月21日に発表しています。このプロジェクトも現在テスト中となっており、2019年1月には正式にプロジェクトが開始される予定となっています。

食品の安全性に関する問題が数多く指摘されている今の世の中で、ブロックチェーン技術はそれらの問題を解決することができる有効な手段として期待が高まっており、世界各地で続々と活用に向けた取り組みが進められています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

ビットコインで購入できる「コカ・コーラ」自動販売機はハッカー自作【動画あり】

ビットコインで購入できる「コカ・コーラ」自動販売機はハッカー自作【動画あり】

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

リップル(Ripple/XRP)の「OTC取引サービス」を開始|Huobi Global

リップル(Ripple/XRP)の「OTC取引サービス」を開始|Huobi Global

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

【重要】bitbank:20歳未満のユーザー「サービス利用不可」に|2019年4月までに出金を

【重要】bitbank:20歳未満のユーザー「サービス利用不可」に|2019年4月までに出金を

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

XRPは有価証券か?Ripple社に対する「訴訟問題」についてBINANCE CEOが語る

XRPは有価証券か?Ripple社に対する「訴訟問題」についてBINANCE CEOが語る

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す